« GN125Hで原子力開発のふるさと | トップページ | 秋月のガイガーカウンタを改良 »

2011年4月10日 (日)

IC-756Pro2へパソコン用ヘッドセットを接続する

P1

最近6mで連日のようにDXが聞こえます。
たまには参戦しますが、ハンドマイクはPTT操作時の音が入っていまいちだし、スタンドマイクは机の広さの都合で口とマイクを離さざるを得ないので、これらが解決するヘッドセットが欲しいと思っていました。
お金もないので、1000円足らずで手に入るパソコン用ヘッドセットを繋ぐことにしました。

P2

こんな感じでインターフェースを作ってみました。
箱は金属製が望ましいかもしれないです。PTTは別体にして、とりあえずタクトスイッチと片はね片ロックのトグルスイッチを繋げました。
フットスイッチが入手出来たら使いたいです。
マイクやヘッドホンケーブルは短すぎでした。

P3

回路図引かなくても良いぐらい簡単です。
要はただ繋ぐだけです。
アイコムの固定機はマイク端子に電圧が出ているのでそのままコンデンサマイクが繋がります。
マイク端子にも音声出力が出ているのでケーブル1本にも出来ますが、内蔵スピーカも鳴るのであえて別に繋ぎました。
参考に無線機側のマイク端子の結線です。

MIC 1Pin
 ヘッドセットマイク端子の先端に接続
MIC GND 7Pin

PTT 5Pin
PTT GND 6Pin

SP 8Pin...今回は不使用

ヘッドホン端子は先端が左音声、中央が右音声、元がGNDです。
ヘッドセット側も全く同じです。
両耳ヘッドセットの場合は両方から音を出すと良いでしょう。

回り込み防止にパッチンコアは必要でしょう。

|

« GN125Hで原子力開発のふるさと | トップページ | 秋月のガイガーカウンタを改良 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/51348167

この記事へのトラックバック一覧です: IC-756Pro2へパソコン用ヘッドセットを接続する:

« GN125Hで原子力開発のふるさと | トップページ | 秋月のガイガーカウンタを改良 »