« 今日は姫路ミーティング | トップページ | ヒュミラの自己注やってみた »

2011年7月10日 (日)

GN125Hで原子力の故郷へ

4月に人形峠に行きましたが、こんどは本当に日本の原子力開発に尽力された方の故郷です。

P1

行きの行程です。
暑くて参りました。
1時間程度でしょうか。
APRSは1200bpsです。
まあまあ残っています。

P2

仁科博士の生家です。
国道二号線、里庄と笠岡の間にあります。
道路南側です。

P3

家柄も良く、立派なお屋敷です。
明治から終戦後までの方です。

P4

かように日本の原子物理学を拓いた偉人です。
広島長崎の新型爆弾を原子力爆弾と見抜いたのも仁科博士です。
戦時中はその原爆を研究していたのですが。

P5

二号線を北に行くと仁科会館があります。
ここは青少年の科学に対する啓蒙を行う施設です。

P6

東芝のマアクみたいなモニュメントがいい感じです。

P7

お世話になろうかしら。
これも青少年の啓蒙が必要な事項ですね。

P8

仁科博士の業績をたたえる展示。
岡山県が無ければ日本の原子力開発は無かったというのがよく分かりました。

P9

通信機器の展示...なんですが、さすがに手書き文字伝送装置やページャは古すぎでは。
携帯電話も初期のものですし。

P10

帰りは9600bpsにしてみました。
意外と残っています。

P11

帰りに沙美海岸へ行ってみました。
さすがに多かったです。
グループ客が多くてナンパ目当てはあまりいないようでしたが。
(普通は渋川へ行くだろうけど)
海の家も営業中です。

72km程度でした。
あ、GN125Hの写真が無い!

|

« 今日は姫路ミーティング | トップページ | ヒュミラの自己注やってみた »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/52167844

この記事へのトラックバック一覧です: GN125Hで原子力の故郷へ:

« 今日は姫路ミーティング | トップページ | ヒュミラの自己注やってみた »