« CQ誌3月号 | トップページ | C82の申込みにつきまして »

2012年2月19日 (日)

GN125Hで倉敷から徳島県鳴門市へ

まだ寒いですが、天気が良かったのでGN125Hへ搭乗です。
全部で143kmでした。
行きは寒くて指先が痛いです。
凍傷になりかけでしょうか。

P1

良く残っています。
海の上もばっちり。
高松市の途中までTH-D72へ給電して走っていましたが、Chage Errorとか表示されてしまい、給電はあきらめました。
電圧が高くなっていたのかも。
レギュレータの導入含め電装回りの確認が必要です。
なお、帰宅後安定化電源に繋いだら問題無く充電しています。

P2

往復四国フェリーでした。
原付は片道1000円です。
船内でいつものきつねうどんを食べます。

P3

こんな感じでも充分拾ってくれます。
寒いので、さすがにデッキにはだれもいません。

P4

船内の自動販売機で売っている甘酒四国遍路です。
かなり甘いですが、あたたまって良かったです。
今日は冷たい飲み物は一切摂りませんでした。

P5

国道12号線をひたすら東に走って、無事県境です。
海側に資材置き場があり、停車ができます。
丁度13時でした。
フェリーの時間を入れて片道4時間ですね。
海外の四国に渡るにはしまなみ海道を行くかフェリーしかないので、航路が無くならないようたまには乗りたいものです。
厳密には県境の標識の下をくぐらなかったので、徳島県に入ったとは言えないかも。

P6

和三盆の製造元、三谷製糖です。
小売りをしているのかは不明です。

P7

観覧車で有名な宮脇書店総本店です。
港湾地区の、どう考えても本屋には不利な場所にあります。
元は博物館と流通センターで、小売りが出来なかったそうです。
今は普通に本を売っているそうです。
次回は中に入ってみたいです。

P8

帰りも四国フェリーでした。

今年初の長距離ツーリングですが、なかなか楽しかったです。
国道12号線は高松市街地と峠越えを除いてほとんどが対面通行ですが、車の量がそれほど無いので走りやすいです。

|

« CQ誌3月号 | トップページ | C82の申込みにつきまして »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/54024076

この記事へのトラックバック一覧です: GN125Hで倉敷から徳島県鳴門市へ:

« CQ誌3月号 | トップページ | C82の申込みにつきまして »