« FCZ研究所のHF-430MHz SWRブリッジキット痛化 | トップページ | GN125Hで人形峠 »

2012年5月12日 (土)

移動運用用マルチバンドダイポールアンテナの調整...失敗

P1

韓国移動でアンテナに問題があったので、こちらの記事を参考にマルチバンドダイポールを作ってみました。

P2

久しぶりに種松山に上がってきました。

P3

さっぱりSWRが下がりません。
もしかして断線?
やっぱりそう!
しょぼ~ん。

P4

とりあえずよじってビニールテープを貼りました。
この状態では調整も何も無いのですが、アンテナアナライザで一応各バンドのSWR最低点を測ると、
14.472
12.090
7.278
になりました。
全体的に高めですね。
おそらく給電部側とその次を5cm程度伸ばせばいい感じです。
それでも7MHzはVSWR<2が7030より上なので、CWを諦めれば行けそうです。
スタブをつけて測ると、
21.929
33.951
24.989
なかなか高い方に外しまくっています。
撤収時にギボシが1か所外れてしまい、さらにしょぼ~ん。
機構的な強度アップをしてリベンジしたいです。

P5

おまけでバーチカルアンテナも試してみました。
これはこちらを参考にしています。
24.970
21.983
19.685
15.964
11.740
8.589
ローバンドでは長さが全然足りていないですね。
ハイバンドは長すぎ。
非常にSWRが不安定なのでATUで強引に合わせるつもりなのでまあまあかな。

花屋で花を買って帰りました。

|

« FCZ研究所のHF-430MHz SWRブリッジキット痛化 | トップページ | GN125Hで人形峠 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/54691615

この記事へのトラックバック一覧です: 移動運用用マルチバンドダイポールアンテナの調整...失敗:

« FCZ研究所のHF-430MHz SWRブリッジキット痛化 | トップページ | GN125Hで人形峠 »