« mbook M1にWindows8 Release Previewをインストール | トップページ | KN-Q7Aへシングルトーン発振器を組み込む »

2012年6月10日 (日)

2011ハムフェア工作教室のアンテナチューナーを改善

P2_2

松本無線岡山店に行ったら1回路12接点のロータリースイッチが210円でありました。
これは安い!
ある目的を思いついたので、即買いです。

P1_2


コイルのタップを切り替えるのに、ミノムシクリップを付け外すしようになっていました。
ロータリースイッチは高いので、コストダウンのためと思われます。
ケースに3mmの怪しい穴が開いているのは、最初はおそらくロータリスイッチを付けたかったのでしょうね。
早速穴を広げて120円のロータリースイッチをつけると、バリコンのつまみと干渉せずに問題無く使えそうです。

P3

中身はこんな感じです。
写真の右側の接点をジャンプするとハイバンド、左に行くほどローバンドにマッチングします。
6接点もあれば充分なのですが、ローバンドではどこにも繋がないので余っていても問題無い(一番低いバンド用)です。
これで使い勝手がかなり向上しました。
KN-Q7A用にいいかも?!
しかし、KN-Q7AはSSB専用なんですよね。
送信時のパワーを安定化させる=LEDの明るさを安定化させるのはどうしたらいいでしょうか?!

|

« mbook M1にWindows8 Release Previewをインストール | トップページ | KN-Q7Aへシングルトーン発振器を組み込む »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/54919317

この記事へのトラックバック一覧です: 2011ハムフェア工作教室のアンテナチューナーを改善:

« mbook M1にWindows8 Release Previewをインストール | トップページ | KN-Q7Aへシングルトーン発振器を組み込む »