« KN-Q7A他:無線局免許証票が届く | トップページ | FL-52とFL-52A »

2012年6月25日 (月)

KN-Q7A:2ちゃんねる

P1

せっかく水晶が2種類入っているので、切り替え可能にしました。
調整次第ではカバー範囲としてはあまり変わらないのですが、VXOですから可変範囲が狭い方がチューニングが楽ですし、周波数安定度にも有利です。

P2

小学生でも考え付く構造ですね。
調整後、下が7049-7068,上が7068-7101ぐらいになりました。
少しだけ重複するようにしています。
大体30KHz程度の可変範囲です。
ついでにマイクアンプのゲインを可変にしました。
半分以上回すと発振しますが...。
8局ぐらいQSOしましたが、59など望むべくもなく、おしなべて頭が4でした。
うまく作れていないようです。

|

« KN-Q7A他:無線局免許証票が届く | トップページ | FL-52とFL-52A »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/55050353

この記事へのトラックバック一覧です: KN-Q7A:2ちゃんねる:

« KN-Q7A他:無線局免許証票が届く | トップページ | FL-52とFL-52A »