« 明日からコミックワールドソウル | トップページ | CQ誌9月号 »

2012年8月18日 (土)

今日から1,2アマ国試

6年前の8月期で1アマに受かりました。
懐かしいですね。
アマチュア無線を続けるつもりなら、持っておくべき資格と思います。
受験料が高いので経済的な問題、仕事や家庭の事情で受験できない方はおられると思いますが、そうでなければまずは挑戦です。
受かれば良し、そうでなくても何ら制約が課せられる訳では無いので再挑戦すれば済むことです。

・操作範囲が広がる
 あたりまえで、これを目的に取得する訳ですが、受けない理由として「そこまでいらない」を挙げる方がいます。
 確かに自宅では意味がない場合はあるでしょう。
 しかし、来週あるハムフェアなどで記念局の運用時に、無線機よりどりみどりでパワーもバンドも自由に選べるのはメリットですよ。
 違うバンドモードに挑戦したくなってもその障壁が低くなります。
・尊敬される、またそうされるべき
 ネタは別にして自ら「どうだ偉いだろう」と公言するのはどうかと思いますが、正当な手段で取得したのであれば、取られた方をその努力に対して尊敬するのはまったく持ってまっとうな感情と思います。
 相手を正当な理由で敬うのは良い結果が返ってくるはずです。
 ライバルが増えると困るという考えもあるでしょうが、私は受かった方に対してはすなおに賞賛することにしています。
・余計な心配が減る
 残念ながらアマチュア無線の世界はライバルを蹴落として相対的に自分を高く見せたいのか、こまかく気にする人がいますが、少なくとも資格に対しての心配は減ります。
 blogに確証を乗せるとか、ちゃんと移動しない局を降ろしてライセンスサーチ対応をしておく必要がありますが。
 総務省から免許の簡素化のパブリックコメント募集が出ていますが、おそらくライセンスサーチで今よりはっきりと資格が分かる表記になるのでしょうね。
・誘惑が増える
 単に200W機やリニアアンプが欲しくなるという意味だけでなく、コンテスト要員に声がかかるとか、別宅シャックの要員になるとか、上級が無いと意味を成さない集まりに声がかかるようになります。
 縁起でもない話ですが、そういうかかわりを持っておくとSKされたOMさんの設備を譲り受けれる可能性も出てきます。
 昔の50W/100W切り替え式HF機をTSSに通すとき、2アマ以上では何も言われないですが、3アマだと出力固定措置の証明が必要です。
 中古機に手を出しやすくなります。

こうやって見ると人的なメリットが大きいですね。
アマチュア無線を続ける限り、絶対に役に立ちます。
受験に挑戦される方が1人でも多く受かることを祈念いたします。 

|

« 明日からコミックワールドソウル | トップページ | CQ誌9月号 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/55448324

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から1,2アマ国試:

« 明日からコミックワールドソウル | トップページ | CQ誌9月号 »