« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

特定疾患医療受給者証到着

8月最後の今日に無事届きました。
10/1から有効なので次回の診察はまだ従来の証書です。
自己負担額の変動もなくありがたいです。
6月から病院の指定が廃止されたのでどの医療機関でも受診出来ますが、慢性疾患なのでしょっちゅ病院を変えてもあまり意味がないです。
検査が増えるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

ハムフェアで行われた3,4アマ国試

JARL Webの報道によると、「4アマが200人受験して115人が合格、3アマは94人が受験して70人の方が合格」
とのことでした。
4級はおそらく定員いっぱい受けたんでしょうね。
合格率6割にも満たないのが気になります。
先の震災を受けてちょっと前に受験を決めた人が多かったのでしょうか。
それとも本気モードの方に付き合いで受験なのでしょうか。
当日受付なのでありそうですね。
3アマは定員が100人だったとしたら、若干足りなかったのでしょうか。
7割超えているのでこちらは本気モードで受験された方がほとんどのようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

航空通試験結果

P

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

高校生以下のアマチュア無線家へHFトランシーバをお譲りします

P1
P2
P3

太陽黒点数が最大期になり、HF(短波)帯のコンディションが良くなっています。
21MHzでは国内各地だけでなく海外局が聞こえることが増えました。
時間によって聞こえる場所が変わっていくのは面白いです。
7MHzは日中だけでなく夜間も国内が良く聞こえています。
ローパワーでも楽しめる良い時期です。
そこで、現在高校生以下のアマチュア無線家へHFトランシーバを本体無料(送料は受取人負担)でお譲りします。
希望される方は条件をよく読んで申込み下さい。

機種は八重洲無線FT-707Sです。
3.5(3.8)MHz,7MHz,10MHz,14MHz,18MHz,21MHz,24MHz,28MHz SSB/CW/AM 10W機です。
発売当初は10万円以上したようです。
非常にシンプルな機能で、使いやすいです。
混信除去機能のWIDTH装備です。
いわゆるゼネカバ機能は搭載していないので、短波ラジオの代用にはなりません。
AMは装備しているのでアマチュアバンドに近い3925KHzのラジオNIKKEIや、7200KHz付近の海外放送は受信できます。
現在3アマ以上の方には出力の面で免許の上限に達しないためスペック不足ですが、4アマの方にはSSBで出る限り充足しています。
WARCバンド送信は対応済です。
説明書は八重洲無線のWebからPDFで取得できます。
内蔵オプションはありません。
付属品は電源ケーブル、付属ハンドマイク、社外品電源です。
説明書のコピーと、申請に必要な送信機系統図のコピーをつけます。
周波数カウンタICが故障しているため、互換品を取り付けています。
このため、メーカ修理はおそらく受け付けて頂けないと思います。
年代相当の外見で、電源はややタバコ?のにおいがするため、気になる方は応募をご遠慮ください。

お譲りする条件

1.現在日本在住の高校生以下で、第4級以上のアマチュア無線技士の資格を持ちVHF以上の免許内容でアマチュア無線局を開局していること。
 申し訳ありませんが、若い方へHFの醍醐味を知ってもらいたいため大学生以上や社会人の方はご遠慮ください。
 また、高校生以下の方でも局免に既にHF帯の指定を受けている方は、これからHF帯に挑戦する方を条件としていますのでご遠慮ください。
 TSSの保証認定が必要なトランシーバなので、従免は持っているが開局していない方は保証認定代が開局時高額になることを考えると不適と考えます。
 15000円程度で売っている技適ハンディ機1台で良いので、開局してコールサインの指定を受けたのちにご応募ください。
 アマチュア無線の資格すらない方は、まずは国試を受験するか講習会を受講して4級以上の資格取得を考えてください。
 今回は社団局も受付対象とします。
 総務省公開の免許情報から高校以下の学校や地域の科学館等のクラブとはっきり分かる社団名の場合のみ受け付けます。
 その他の条件は個人局と同じです。
 1台しかありませんので、複数の希望があった場合は申込内容を見た上で1名に決定します。
 親が代理での申し込みは受け付けません。
 必ず本人が直接申し込んでください。
 社団局の場合も、申込者は高校生以下(部長相当が望ましい)とします。
 社団の資産とするには、特に公立校の場合手続きが必要と思われますので、必ず学校側へ確認を取られた方が宜しいかと思います。
 日本国外への発送は致しません。

2.必ず変更申請を行い局免許にHF帯の指定を受けること。
 若い方へHF運用のチャンスを提供するのが目的です。
 昭和レトロとしての価値がありますので、団塊の世代からはそれなりに需要のある機種です。
 売ればそれなりの額になると思いますが、利殖目当て、すぐに手放す前提での申し込みはご遠慮ください。
 使えるようにするための免許やアンテナ、周辺装置に掛かる費用や手間は当然当選者持ちです。
 2013年1月頃に免許情報検索で免許内容を確認して、変化が無い場合は残念ですがこのblogにてコールサインを出してその旨報告いたします。
 変更申請費用はTSSへ3000円の振込と(申請時に振込確証が必要)、80円切手を貼った返信用封筒が必要です。
 当然発送にも内容物の重量に応じた切手が必要です。
 総合通信局への直接の支払いはありません。
 申請書については市販のものを使うか、局免印刷というソフトを使えばパソコンとプリンタで同等の書式を揃えることが出来ます。
 総合通信局やTSSでも書式を公開していますので、完全手書きでも問題無いです。
 私は代書屋ではありませんので、法的にも変更申請のお手伝いは原則出来ません。
 詳しくはTSSへお問い合わせください。
 余談ですが、TSSへの支払いは「1回」3000円ですので、複数の機種をまとめて申請しても額は変わりません。

3.無保証、無サポート
 出力はCWで10W出ています。
 現時点では動作に致命的な不具合はありませんが、30年以上前の機種ですので今後の動作保証が出来ません。
 また、当方では修理対応も出来ません。
 メーカ修理は受け付けてもらえないと思います。
 思ったものと違う場合は、送料受取人払で提供物一式揃っての返品のみ受け付けます。
 (返品時に不足物があった場合は、当然現物か金銭で弁償してもらいますので仮に壊れていても返却してください)

4.これだけでは運用できません
 免許以外の問題として、アンテナがあります。
 波長の長いHF帯は非常に大きなアンテナが必要になります。
 アンテナコネクタから先は何もありませんので、ご自身で用意して下さい。
 住宅事情が大きく影響しますので、こちらで用意しても活用されない可能性があるためです。
 短いモービルホイップでも運用は可能ですが、SSBの場合は受信はともかく送信はあまり飛ばないです。
 大きければ大きいほど、設置場所が高ければ高いほど性能が上がります。
 なお、フルサイズのダイポールアンテナはACケーブルを割いて作れば同軸ケーブル代を除いて1000円もあれば作ることが出来ます。
 調べてみてください。
 モービルホイップと違い短縮していないので、上手に作って設置すればよく聞こえ、よく飛びます。
 長さの参考として、国内に良く飛ぶ7MHz用が全長20.2m(片側10.1m)程度、普段は静かですが開けたら外国まで届く21MHz用が6.8m(片側3.4m)程度になります。
 ペットボトルと釣竿で作るVCHアンテナ等、安価に作れる短縮アンテナも存在するようです。
 調べてみてください。
 アンテナは設置しただけではだめで、効率よく電波を送信するには長さの微調整が必要です。
 あまりにも調整がずれているとトランシーバの送信部が故障します。
 調整にはSWR計やアンテナアナライザが必要です。
 常時所有する必要はありませんが、少なくとも調整時に他の人から借りることができる必要があります。
 キャリブレーションのSWR計キットなど安価なものもあります。
 本体内蔵メータはパワーとALCの表示しか出来ませんので調整には使えません。
 特性インピーダンス50Ωの同軸ケーブルも必要です。
 少しでも太い方がロスが少なくベストですが、HF帯は15m程度までであれば3.5D-2V等の細いものでも大丈夫です。
 価格は1mあたり150-200円程度です。
 本体側コネクタはM型です。
 コネクタ代は1つ350-500円程度です。
 重量物のため、通信販売で購入すると送料が意外に掛かるかも知れません。

5.受け渡し
 ヤマト運輸にて送料受取人払(受取時に払う)で発送します。
 おそらく120サイズになると思います。
 岡山県倉敷市より発送になります。
 中国地方で1,370円、関東で1,580 円、北海道で2,210 円になるようです。
 なるべく梱包を工夫して安くなるようにする予定ですが、額の目安として考えてください。
 着払いですから突然届くと両親へ迷惑がかかると思いますので、譲渡が決まった後は必ず家族と相談して下さい。
 お勧めしませんが、近県の方で直接取りに来たい方は別途相談下さい。
 それなりの大きさと重量なので、徒歩や自転車での持ち帰りは困難です。
 運送業者の瑕疵で発送物が破損、あるいは紛失した場合は残念ですが現品の代替品はありませんので本件は無かったこと=当選者には何も届かない、破損品は私に返却になります。
 ご了承ください。

申込方法
 この記事はコメントを無効にしてあります。
 右の「プロフィール」にある電子メールアドレスへ以下の内容を送って下さい。
 追って送信元のメールアドレスへお返事を差し上げます。
 ・現在の学年
  高校2年生等です。
 ・コールサイン
  現在の免許情報の調査のためです。
  高校生以下の方が局免許を受けて5年以上立っているとは考えにくいので、実年齢の確証とさせていただきます。
 ・どの都道府県に住んでいるか
  希望者が多い場合に、近地か遠地かの判断に使います。
  発送に使う訳ではないので、詳しい住所は書かないでください。
 ・このトランシーバをどのように活用したいか
  設置したいアンテナの種類、主に出たいバンド、交信したい相手(場所、国など)など具体性のある内容であれば、より良いです。
 当選者には後ほど発送に必要な情報を別途送ってもらいますのでご了解ください。

締切
 少なくとも9/2(日)夜(18:00到着)までは待ちます。
 申込が無い場合は希望者無しということで受付終了します。
 再募集は開始時に当blogで告知します。
 前回の経験から需要はあり、必ず応募があると考えています。

おことわり

 前回の頒布時に、ある方より一緒に同軸ケーブルを渡してほしいという話がありました。
 大変ありがたく受けましたが、アンテナ関係は一軒家だと太くて長く、アパマンだと短くて細い同軸ケーブルが必要など、住環境に非常に密着した需要が発生します。
 また、ケーブルだけでなくMコネクタや取付金具等必要なものが発生します。
 私の家までの無用な送料も発生します。
 大変心苦しいですが、必ずしも当選者にベストな組み合わせで渡すことが出来ませんので、アンテナ関係に限らず「一緒に渡してあげてほしい」というお申し出はお断りさせていただきますのでご了解ください。
 どうしてもという方は、「ご自身で」独自に頒布事業を行われる方が、より必要とされる方へ渡ると思います。
 アンテナだけ、同軸ケーブルだけであっても対象物の適切な広報が出来れば需要はありますので無駄にはなりません。
 虚偽の申し込みに対する懸念はあると思いますが、現在発給されているプリフィックスとコールサインの発給日から若い人かどうかの判断はある程度可能と思います。
 なお、「私のところで同様な活動をしている」という情報は当blogで紹介いたしますのでご連絡下さい。
 募集の代行は致しませんので、blog等でご自身の募集記事を用意して下さい。

最後に
 現在トランジスタHF10W機の遊休機を持たれている方は、同様なアクションを考えられてはと思います。
 自分の思い出に取っておくのも良いのですが、完動品であれば若い人の思い出を作るために手放すのも良いと思います。
 逆に真空管式は維持や使用に技術や経験が必要ですので、先輩方の出番です。
 是非動態保存活動をお願いします。

| | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

無事ハムフェアから戻ってきました

P1

昨晩無事東京から戻ってきました。
早速次回の予定が発表になっていますね。
土曜は韓流ユニットのBOYFREND、日曜はGOOD COMICCITYの開催で、若い女性がたくさん並んでいました。
アマチュア無線活性化には、ほんの少しでも若い女性がオンエアしてくれるのが一番ではと痛感しましたよ。

P2

お台場にガンダムが帰ってきました。
数年前東館で関連イベントでやってましたね。
あの時もほんの少しでもハムフェアに来ればと思ったものです。

P3

帰って来たといえば、土曜日帰りのゆりかもめからおがさわら丸が見えました。
父島にまた行きたいです。

現地や夜にアイボール頂いた方ありがとうございました。
出来なかった方はまたの機会にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

ハムフェア

1345924279631.jpg

1345924286686.jpg

1345924292397.jpg

最後は昨今の情勢を考えると好ましいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

しばらく旅に出ます

探さないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

阪神中日戦

P

JR中庄駅すぐなのだから、使える人は自家用車以外で来てほしいなあ。
大渋滞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

宇高国道フェリー休止

ここ
たこフェリーの例を挙げるまでもなく、この業界は休止=廃止です。
原付自転車で四国に渡れなくなるんですね。
前回は四国フェリーも同調しましたが、今回はどうなるでしょうか。
9月中にGN125Hで渡っておかないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

高校野球

負けちゃいましたが、久しぶりに夏でいいところまで行ったので良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

1,2アマ解答速報

なぜか検索エンジンでこれらがキーで来ます。
QCQ企画が翌週月曜(今日)掲載しています。
また実労2日後(明日)あたりに日本無線協会のWebに問題と解答が掲載されます。
当然先日受けた航空通の問題と回答も先週の月曜に掲載済です。
自己採点の結果も出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

CQ誌9月号

痛化という単語を見るとは思いませんでした。
具体例が載っているわけではないですが。
CWの特集は、あまり変化ないかな。
あと5号で800号のようです。
500号だったか、背中のCQの文字が金色だったような記憶が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

今日から1,2アマ国試

6年前の8月期で1アマに受かりました。
懐かしいですね。
アマチュア無線を続けるつもりなら、持っておくべき資格と思います。
受験料が高いので経済的な問題、仕事や家庭の事情で受験できない方はおられると思いますが、そうでなければまずは挑戦です。
受かれば良し、そうでなくても何ら制約が課せられる訳では無いので再挑戦すれば済むことです。

・操作範囲が広がる
 あたりまえで、これを目的に取得する訳ですが、受けない理由として「そこまでいらない」を挙げる方がいます。
 確かに自宅では意味がない場合はあるでしょう。
 しかし、来週あるハムフェアなどで記念局の運用時に、無線機よりどりみどりでパワーもバンドも自由に選べるのはメリットですよ。
 違うバンドモードに挑戦したくなってもその障壁が低くなります。
・尊敬される、またそうされるべき
 ネタは別にして自ら「どうだ偉いだろう」と公言するのはどうかと思いますが、正当な手段で取得したのであれば、取られた方をその努力に対して尊敬するのはまったく持ってまっとうな感情と思います。
 相手を正当な理由で敬うのは良い結果が返ってくるはずです。
 ライバルが増えると困るという考えもあるでしょうが、私は受かった方に対してはすなおに賞賛することにしています。
・余計な心配が減る
 残念ながらアマチュア無線の世界はライバルを蹴落として相対的に自分を高く見せたいのか、こまかく気にする人がいますが、少なくとも資格に対しての心配は減ります。
 blogに確証を乗せるとか、ちゃんと移動しない局を降ろしてライセンスサーチ対応をしておく必要がありますが。
 総務省から免許の簡素化のパブリックコメント募集が出ていますが、おそらくライセンスサーチで今よりはっきりと資格が分かる表記になるのでしょうね。
・誘惑が増える
 単に200W機やリニアアンプが欲しくなるという意味だけでなく、コンテスト要員に声がかかるとか、別宅シャックの要員になるとか、上級が無いと意味を成さない集まりに声がかかるようになります。
 縁起でもない話ですが、そういうかかわりを持っておくとSKされたOMさんの設備を譲り受けれる可能性も出てきます。
 昔の50W/100W切り替え式HF機をTSSに通すとき、2アマ以上では何も言われないですが、3アマだと出力固定措置の証明が必要です。
 中古機に手を出しやすくなります。

こうやって見ると人的なメリットが大きいですね。
アマチュア無線を続ける限り、絶対に役に立ちます。
受験に挑戦される方が1人でも多く受かることを祈念いたします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

明日からコミックワールドソウル

チケットの確保に努力しましたが、どうしても帰国便の手筈がつかず行けません。
SETEC開催ですし、時節柄非常に楽しみだったのですが。
ファミマのアレとか持っていったら受けただろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

倉敷科学センター

両親が行ったそうです。
無料だし。
日中はプラネタリウムばかりで、映画は15時からだそうです。
子供連ればかりとか。
RSKのニュースで宿題のために行ったというのをやってたなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

光復節

P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

C83申し込みました

初めてサークル参加できたのは丁度10年前のC63でした。
寒い一日でしたが、良く覚えています。
受かれば新刊を考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

今回の北海道旅行について思ったこと

P

非常にいやな思いをしたので、あえて書こうと思います。
おまえのわがままだろうが、という批判はあると思いますが、現実でもあります。

スカイマーク

・往復とも遅延発生
 成田>旭川>関空>旭川という便だったらしい。
 混雑空港の成田で離陸に遅延が発生して、それが最後まで影響を与えたようだ。
 規約に遅延時の補償なしとあるが、どうなのか。

・帰りの便で漏れ漏れ
 空調があまり効かなくて汗をかいたせいか、気圧変化があったか、装具が外れかかって漏れ漏れ。
 トイレで処置をしたが、狭い。
 LCCは同じ機種を導入していることが多いので、おそらく他の機材でも起きたのかも。

なお、各席にACアウトレットが装備されていたのは○。

観光地の公営博物館

・入場料の割引規約がばらばら
 おおむね市部にある施設では手帳を見せるとどこも半額にしてくれた。
 ただ、半額にして75円という謎な設定の施設もあった。
 町村部にある昔役場だったところを利用した施設はおおむね割引が無かった。
 数100円であれば下手に徴収せずに、無料を売りにした方が入場者が多いのでは?
 私営の施設ではともかく、このような部分は全道統一した基準にした方が良いのではないか。

歴史に関する部分はどこに行っても間宮林蔵などおなじみの人が出てくるが、町村部であってもちょっとだけは違いを出そうと努力している風は見て取れた。
どうしても入植以前の歴史が無いので厳しいと思うが、努力してほしい。

旭川市で乗ったタクシー

・身障者割引が効かず
 車内には身障者割引についての説明があったにもかかわらず、「道内の手帳のみ有効」ということで効かず。
 他所では今までこういう扱いは受けた記憶が無い。
 なお、バスは初乗りが高いが、普通に半額になった。

タクシーは初乗りが安いのでそれでいいだろうという気もしないではないが、バスがOKでタクシーがNGというのは説得力がない。

漏れ漏れの件で、楽しめたかどうかといえば、点数的には0点でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

無事帰宅しました

お盆だけに親類縁者の相手をしないといけないので。定時CQは出れません。
何があったかは明日以降です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

明日は航空通の試験

2月の試験はインフルエンザ感染で断念でした。
無事受かると良いのですが。
今日は勉強です。
受験後、関空に移動して日曜まで北海道へ遊びに行きます。
寒いらしい道北に行けたらと思います。
そんな予定を入れているので勉強が身に入るかなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

昨日は通院

CRP:0.5が気になります。
台湾FDと暑い中屋外に長時間いたので結構日焼けしていますが、あまり関係無いそうです。
後頭部が痛いと言ったら肩こりだろうだそうで。
汗でダメージが心配だったストマは意外にも左右ともあまり悪くないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

KN-Q7AでCQを出す

P

今日は通院です。
診察は午後からですが、FDの疲れが出ているので1日休みを取りました。
せっかくなので、8時前から30分ほどKN-Q7AでCQを出してみました。
夜や週末は周波数の空きがありません。
平日の昼は比較的すいているので、少しはQSO成立するのではとの期待です。
結果は10局出来ました。
なかなかいい感じです。
最初はスピーカーマイクでしたが、さっぱり呼ばれません。
どうもコンデンサマイクの出力が小さいようで、パワーが出ないようです。
交換が必要そうです。
内蔵マイクアンプのゲインを上げると発振するので悩ましいところです。
純正マイクに変えたところ10W出るようになり、呼ばれだしました。
調子に乗ってCQ連発していると筐体が触れないほどの高温になり、音が割れているとのレポートが。
やむなく中止しました。
どうも高温になり定数が変わったのかマイクアンプが最終的に発振してしまったようです。
電源を切って冷やすと復旧します。

変な小細工をせずに純正マイク+マイクアンプ無しがバランスが取れているのかな。
運用にはパワー計での監視は必須ですね。
室温が30度越えでクーリングファンの無いKN-Q7Aには厳しかったのでしょう。
普通にQSO出来たので、4アマ10W局でも時間を選べば7MHzで遊べそうです。

写真のハムの集いで入手したハンセンの100円SWR計はCALボリュームが不良なので交換したいです。
ばらしてみたらBカーブ50KΩだったので、交換予定です。
かっこいいデザインなので、使ってやりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

フィールドデーコンテスト参加

P1

今回も瀬戸内市大雄山でした。
9:00頃から14:00ぐらいまでの運用です。
最近は山の上でバッティングが無くて何よりです。
6Dで故障した50MHz 2ele HB9CVは無事直って、GWが伸びるようになりました。
普通に静岡県と出来ました。
1エリアや0エリアも出来ましたよ。
この状態で前回の6Dが出れていたら...。
残念ながらCQマシン用ケーブルを忘れてしまったので、RUNは控えめでした。
QSO頂いた方ありがとうございます。

P2

途中山登りの会の方が来て視察(^^;
まあ、普通はそうだなあ。
一応無線の知識はあるようで(良く出会うらしい)びっくりとはいかなかったですが。
関東の局と出来たと言ったら感心してくれましたが。

P3

今回はなるべく多くのバンドでQSOすることを目標にしました。
先日作った7/10/14MHzフルサイズギボシダイポールです。
杏子タソのお蔭か、思ったより良く飛びました。
7,14は無事QSO、終了間際に21MHzが開けたので7MHzの設定で3倍で乗せて何とかQSO出来ました。
FT-817 5Wでしたが、さすがはコンテストです。
特に7と14MHzではPを送ると驚かれました。
4アマHFデビューはコンテストで呼ぶ方に回れば局数が出来ていいかも知れないです。
コンテストナンバーが言えればとりあえず成立しますし。
相手のコールやコンテストナンバーはしばらくワッチしていれば分かります。
28MHzがさっぱり聞こえなかったのが残念でした。
Eスポはバズは聞こえましたがさっぱりみたいでした。

P4

QSO数はこんな感じでした。
フィールドステーションの2倍のマルチを入れる前です。
144/430MHzの局数が異常に低いので、ビームアンテナを入れないとだめだなあ。
昔は普通に430MHz 10eleとか投入していました。
2エリアまで430MHz FMで届くんですよ。

P5

7と14MHzを合わせたら1day AJD完成です。
コンテストアワードを申請しようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

GN125Hで貝殻山

P1

真夏なので躊躇しましたが、たまには乗らないと。
貝殻山はフィールドデーコンテストの場所取りがいるかと思いましたが、軽四が1台停まっているだけでした。
午前中だったからかな。
さすがに夕方までには勢揃いだと思うのですが。
トイレはかなり汚かったです。

P2

帰りにトレンドに寄ってエンダー85円を買いました。
良く冷えています。
60km程度の走行ですが、真っ黒に日焼けです。
空冷なので足元が熱いです。
普通に30度越える盛夏に乗るのはきついですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から夏休み

フィールドデーコンテスト、通院、資格試験受験、北の方へ旅行といろいろあります。
広い意味で旅に出ます。
探さないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

奥運会が熱い

P

かの国では全地上波中継で熱いですなあ。
日本ではあまり元気がないみたいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

ハムの集い岡山レポートに痛いのが

載っていました。
だれでしょうw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

台湾旅行記7を作成

P


台湾旅行記を作成しました。
左のまあべる本舗から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »