« AFEDRI SDRでCW Skimmerを動かす | トップページ | 劇場版スマイルプリキュア!を見に行った »

2012年11月 1日 (木)

AFEDRI SDR-netのケーシングと痛化

今はバージョンアップしてケースありも在庫があるようですね。
内蔵スイッチングレギュレータがリニアレギュレータに変更だそうです。
930kHzのノイズは無くなったそうですが、10Vぐらいまでしか掛けれないとか。

P1

裸で動かすのは電源がショートすると怖いですし、ノイズ侵入の懸念もあります。
せっかくですのでケースを調達しました。
RSコンポーネンツで送料込み1600円ぐらいです。
大元で$40の価格差なのでそれより安価ですが、当然自分で穴加工しなければなりません。
前後のふたはABSなのかえらくねちっこいプラスチックで加工が大変そうです。

P2

中に溝があり、基板を差し込みます。
昔初めて買ったTNCのKPC-2はこんな感じのケースでした。
(東京ハイパワー版は普通のケースなので違う)
周りはアルミで、シールド特性は良さそうです。

P3

フロント側です。
収まりは良いです。

P4

SMAコネクタ側です。
このコネクタ、手前に引っ張ると外周がすっぽ抜けて中心コンタクトだけになります。
こわ~

P5

丸2日かけて加工しましたよ!
道具もやすりとドリルぐらいしかなく、素人工作なのでご勘弁を。

P6

後ろもこんな感じで。
ビューティさまがイイ!

P7

活躍想像図です。
いえ、ちゃんと稼働中です。

P8

後ろもアンテナ装着です。

裸での動作と違ってノイズが少なくなります。
やはりケースは必要ですね。

|

« AFEDRI SDRでCW Skimmerを動かす | トップページ | 劇場版スマイルプリキュア!を見に行った »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/56020326

この記事へのトラックバック一覧です: AFEDRI SDR-netのケーシングと痛化:

« AFEDRI SDRでCW Skimmerを動かす | トップページ | 劇場版スマイルプリキュア!を見に行った »