« GN125HとTH-F7でおかやまご当地グルメフェスタ | トップページ | CQ誌12月号 »

2012年11月19日 (月)

TH-F7用メモリプログラムケーブルの製作

キーパッドからの登録も慣れればなんくるないですが、PCで編集できればバックアップできるのでケーブルを作ることにしました。
回路図はマニュアルにもありますが、具体的なのはこちらにあります。

P2

RS-232CドライバICのADM3202AN秋月電子で2個300円で売っています。
1個200円でも良かったかな。
ICソケットと積層セラコンが付属で、あとは基板、コネクタ、電線を用意するだけです。

P3

30分程度で組みあがりました。
複雑ではないのでどなたでも作れるでしょう。

P1

ソフトはケンウッドのWebにあります。
タダなのが良いですね!
一発で動作しました。
マイク端子の動作はMENUで設定変更が必要です。

|

« GN125HとTH-F7でおかやまご当地グルメフェスタ | トップページ | CQ誌12月号 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/56148434

この記事へのトラックバック一覧です: TH-F7用メモリプログラムケーブルの製作:

« GN125HとTH-F7でおかやまご当地グルメフェスタ | トップページ | CQ誌12月号 »