« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

2012年6月24日 - 2012年6月30日

2012年6月30日 (土)

QSLカードの請求

私が前にJD1から出たのは去年のGWです。
1年以上立ちますが、昨日たっぷりJARLビューローから届きました。
中には同一QSOで複数枚送って下さる方がいますが、何か意図があるのでしょうか。
PSE QSL?
基本的にSASEでの請求が無かった方にはビューロー経由で発送済です。
ビューローでの遅延や紛失のリスクは負えませんのでご承知置き下さい。
なお、コールサイン違いについてはそれらしい交信記録があった場合は未着が明らかなので、ビューロー経由で再発送させていただいていますが、日付、バンド、モード、極端な時刻違いについては無視させていただきます。
KH0やHLでのQSOについても同様です。
SASEでの請求では、再発行についてはもう少しおおらかに対応しますが、交信記録が違う場合はそのまま返送させていただきます。
請求先はQRZ.comに掲載しています。
日本国内からのSASEの請求は自分の住所氏名を書いて80円切手を貼ったはがきの入る大きさの返信用封筒同封でOKです。
IRCやGSは不要です。
LoTWやeQSL.ccも対応しています。

QSLカードの内容についてのお願いですが、

・自分のコールサインは大きく書いて
 たまになぜかこちらのコールサインが大きくて、発送元のコールサインが極端に小さい、あるいは無い!ものがあります。
 確認しようがありませんのでゴミ箱行きになります。
 出来れば裏返す手間を省くために、データ欄に必要な情報をそろえていただけると(デザイン面が真っ白でもQSLカードとして成立する状態)ありがたいです。

・名前はローマ字併記で
 漢字で書かれても日本人同士でも読めないことがあります。
 ローマ字であれば海外にもそのまま送れて無駄が無いです。

・グリッドロケータ
 高名なアワードハンターの方でも意図的なのか抜けている方がいます。
 少なくともアワードクラブの会員の方は、記入いただきたいです。
 後でのプロパゲーション調査に有利ですので、6ケタでお願いしたいです。
 今はGPSで現在位置が分かるので、そんなに手間をかけずに調べることができるでしょう。
 iPhoneやAndroidには現在地のグリッドロケータを直接表示できるアプリが存在します。
 固定局の方は是非刷り込んで頂きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

サークルKサンクスでヤマト

P

見慣れないので、違和感があります。
すぐに慣れるのでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

MBCはオリンピックシフト

P1
P2

KOREASAT-5はオリンピックのSNGに使うようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

D-STARレピータリスト更新

P1

ICOMのWebに6/27版が掲載されました。
池田レピータが入ったようです。
関ハムでも安心ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

FL-52とFL-52A

P

前にも書きましたが、今回変更申請にIC-740も入れました。
廃局した方より頂いたものです。
30年前の無線機なので、何年使えるか分かりませんが一応送受出来ているのでついでに入れました。
電源を内蔵しているのでいい感じです。
パドルが見えますが、エレキーユニットは入っていません。
残念ながらCWフィルタが入っていません。
惜しいですね!
当時の純正フィルタは9MHzと455KHzにいれる2種類があるのですが、いずれも廃番になっています。
INRADから互換品が買えますが、円高とはいえこんなに古いリグに舶来品はちょっと躊躇します。
しかし、455KHzのフィルタはFL-52という型番です。
FL-52AというAありのフィルタはおそらくアイコム最後のアナログ機IC-703やIC-706等にも使われていて現在でも入手できます。
もしかして代用できるのではと思い、中古を探していたらINRADから買うよりは安い値段で出物を見つけることが出来たので入手しました。
現行品ですから需要も高く、仮に使えない場合でも売ればそれなりに回収できるので試して見るには良いです。

P1_2

上蓋を開けて手前をフロントとして上左に455KHzフィルタを入れる場所があります。
一番奥ですね。
フィルタの左側にフロントパネルのFILTERスイッチに対応したジャンパピンがあります。
中央の小さめのフィルタは9MHzなので、今回は無視します。

P2_2

寸法もぴったりで、問題なくインストールできました!
もちろん動作しました。
どうもAありはA無しより外形が小さいだけで、電気的にもピンの位置的にも同じようです。
設定はFILTERスイッチ手前でナロー、押し込んでワイドにしました。

P3

手前のコネクタを右側に差し替えるとRTTYでもナローフィルタが使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

KN-Q7A:2ちゃんねる

P1

せっかく水晶が2種類入っているので、切り替え可能にしました。
調整次第ではカバー範囲としてはあまり変わらないのですが、VXOですから可変範囲が狭い方がチューニングが楽ですし、周波数安定度にも有利です。

P2

小学生でも考え付く構造ですね。
調整後、下が7049-7068,上が7068-7101ぐらいになりました。
少しだけ重複するようにしています。
大体30KHz程度の可変範囲です。
ついでにマイクアンプのゲインを可変にしました。
半分以上回すと発振しますが...。
8局ぐらいQSOしましたが、59など望むべくもなく、おしなべて頭が4でした。
うまく作れていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

KN-Q7A他:無線局免許証票が届く

P1

昨日届きました。
TSSにゴラァしてから1週間ですね。
総通はいい仕事をしていると思います。
局免の記載内容になんら変更がないので、届いたのは写真のものだけです。
まじめに変更申請する人に、このようなリーフレットはあまり意味があるとは思えないのですが。

P2

早速貼りました。
これでCQ誌付録の送信機も使えます。
受信機をどうにかしないといけませんが。
残り2台はメーカ製なので写していません。

P3

早速運用です。
VCHアンテナで運用したかったですが、まずは音質などのレポートを貰いたかったので、自宅の屋根にあるアンテナです。
結果はCQ出して2局、呼んで2局出来ました。
電波の質に対しては、45や46等予想通りあまり芳しくないレポートでした。
・音量のピーク時に歪む
 おそらく内蔵マイクアンプが発振しかかっているのでしょう。
 ゲインを抑えた方がよさそうです。
 利得可変に挑戦したいです。
 また、コンデンサマイク側の電源をきちんとマイク側内部でR/Cで分離して供給するようにしたいです。
・周波数の安定度が低い
 可変幅を欲張ったので、調整して狭めた方がよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »