« 韓国新大統領就任式 | トップページ | FT-7にDDS VFOを接続する(3) »

2013年2月27日 (水)

FT-7にDDS VFOを接続する(2)

P1

ドリル、回しま~す。
という訳で新品のドリルとハンドニブラを買いました。
ドリルの刃は前からあるのを使いますが。
まずは見た目ということで、ケース加工からです。

P2

中はDDS基板とユニバーサル基板が入るようにしました。
とりあえずDDSを先に作って、その後アンプを仕込む予定です。
ドキプリ登場記念で、キュアロゼッタですよ!
お友達になりたいです。
金持ちのお嬢様ですしw
いつも通りPhotoshop Elementsで原稿を作ってダイソーのA4光沢シール用紙に刷ります。
スケールをmmにしてグリッドを表示、バックの絵はレイヤーをロックして傷つけないようにして、文字は別レイヤーに入れます。

P3

フロントです。
ハンドニブラが大活躍ですよ!
しかし初陣は玉砕です...。
かなり曲がっていますね。
数回実戦経験を積まないとうまく行かないと思います。
話に聞いていましたが、面白い場所に歯があって、爪切りを切るような感覚で進めて行きますね。
スイッチやロータリーエンコーダはまあまあです。
秋月の80円エンコーダはM9のねじで止めるらしいですがついてこなかったです。
ホームセンタータイムで探しましたがM8の次はM10なんですね。
仕方なくM10で止めています。
ねじの中に滑り止めの樹脂が入っていて、一応ロックできます。
200円の方が結果としては安上がりみたいです。
中を加工すればクリックが外せるそうですしね。
電気的には端子はA C(共通) Bみたいです。

P4

調子こいて何回も印刷していたら、インク切れでしょぼ~ん。
交換にかなり高くついてしまいました...。
確実性が求められるのと怖いので純正に変えましたよ。

UP/DOWNスイッチが邪魔でエンコーダが回しにくいです。
また、エンコーダ自身のトルクが高くていまいちでした。
まあいいか...。
また、ケースに足がついてなかったです。
後日買うか腐海の中から探しましょう。

|

« 韓国新大統領就任式 | トップページ | FT-7にDDS VFOを接続する(3) »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/56845893

この記事へのトラックバック一覧です: FT-7にDDS VFOを接続する(2):

« 韓国新大統領就任式 | トップページ | FT-7にDDS VFOを接続する(3) »