« FT-7にDDS VFOを接続する(2) | トップページ | FT-7にDDS VFOを接続する(4) »

2013年2月28日 (木)

FT-7にDDS VFOを接続する(3)

P1

DDS基板の組み立てです。
表面実装のDDS ICは最初からハンダ済です。
ディスクリート部品は余裕のある配置に大きなスルーホールなので初心者でも組み立て出来ると思います。
30分程度で部品挿入が済み、配線です。
むしろこちらの方が手間がかかります。

P2

ロ-タリーエンコーダは取り付けずに起動して、マニュアルに従ってカウント数の初期設定後が必要です。
設定後はUP/DOWNキーが言うことを聞かなくなります。
ご注意を。
逆に言えば、フロントパネルにUP/DOWNキーは不要ということです。
基板側についていますからね。
つまみの回転時に邪魔なので、後ほど除去することにします。

P3

とりあえず7MHzを発振させると、FT-7のSメータが振れてビート音が聞こえます。
ばっちりですね。
エンコーダを回すと音程が変化するので周波数も可変できています。
残念なのが、右回しで周波数アップに配線すると、SELを押しながらの桁移動が右回しでカーソル左、左回しでカーソル右と逆になることです。
左右逆にするとカーソルが回した方向に移動するようになりますが、右回しで周波数ダウンになります。
もっともFT-7の内蔵VFOもそういう動作なので合っているといえばそうなのですが、今時のトランシーバで逆回しはあまり無いので戸惑います。
ソフトで対応できるはずで、逆転設定が出来ればより完璧なのですが。
あと、メモリ0番に起動時の周波数を設定できますが、桁位置(周波数ステップ)までは覚えてくれないです。
必ず一番右です。
そのままエンコーダを回すと1Hz単位での変化なので、なかなか周波数が変化せず使いにくいです。

しばらく発振させて煙が出ないかの確認です。
次回は外部VFOケーブルとアンプの作成、実際にVFOとして動作するかの検証です。

|

« FT-7にDDS VFOを接続する(2) | トップページ | FT-7にDDS VFOを接続する(4) »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/56852393

この記事へのトラックバック一覧です: FT-7にDDS VFOを接続する(3):

« FT-7にDDS VFOを接続する(2) | トップページ | FT-7にDDS VFOを接続する(4) »