« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

同軸切替機の製作

P1

2回路の切替機は持っていますが、HFのリグはたくさんあるので全然足りません。
5回路の切替機を作ってみました。
後ろに1入力4出力、前にBNCに1出力出してみました。
FT-817やCRK-10の接続が楽になりそうです。

P2

同軸が長すぎですね。
もっと切りつめないといけないでしょう。
また、長いとアイソレーションが悪くなります。
ロータリースイッチは秋月の6回路2接点150円のものです。
ねじの下にあるへその出た板を動かすと回転範囲を制限できます。
軸がプラスチックなので今回の用途に限って言えば良さそうです。
せっかくの2回路なので心線と網線両方とも切り替えていますが、ケースが金属なので網線側はSWR低下の気休め以上のものではありません。
軸が長いので切らないといけませんね。

P3

Mコネクタは秋月の100円のものを使いました。
なかなか良さそうなものでした。
手持ちが1つあったのですが、内側から差し込んで外側にナットがあるもので、せっかくのラッピングに傷がつきますし、円形でペンチでは回らないので自作にはあまり良くなかったです。
ラッピングは当然痛くしますが、5枚105円の光沢無しにしました。
レーザープリンタで刷ればそこそこきれいな出力になります。
厚みが無いので耐候性はやや悪そうです。
強い信号は切り離されたポートの無線機でも聞こえてしまいました。
リレーを使ってアースに落とすとか必要でしょうね。
1回路余っていますが、ケースにコネクタをつける余裕がないのでそのままかな。
51Ωの抵抗をつけてQRPダミーロードにするのが面白そうですが、間違って100W入れたら大変です。

P4

SWR特性はクラニシのアンテナアナライザで測定したところ30MHzまではほぼ1.1以下、徐々に上がって50MHzで1.3程度、144MHzでは1.8と気になる値です。
HF用に割り切っているので問題ありません。
置いたままでめったに電源の入らない無線機でたまには受信してみたい場合に便利でした。
同じ信号を聞いてみると結構差があります。
ロスはあるみたいですがSGが無いので測定できないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

C84受付メール

...が、来ないw
大丈夫かなあ。
circle.msのサーバも過負荷でログイン自体出来なかったですが、先ほどやっと受付番号を確認できました。
過去の例が準用出来るなら書類不備は無かったようです。
無事受かりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

CRK-10の修理

P1

去年の関ハムFCC試験で、VEから頂いたCRK-10
壊れているそうです...。
じゃないとくれませんよねw
受信はIC不良ありのロットだったようで、対策部品を頂いて交換後は良くなりました。
送信は...お城の出番ですよ!
BNCコネクタ...NG,ローパスフィルタフィルタ...NG,ファイナル...ベースまではキャリアが来ている!
信号が見えると良く分かりますね。
要はパターンを焼いてしまったようで出力のコレクタとLFPの間が断線していました。

P2

ジャンパを飛ばしたらもりもり4W程度のパワーが出ましたよ!
ついでに水晶もソケットをつけて7003KHzにしました。
ここもパターンが焼けかけていました。
PHONEジャックが割れていて交換が必要ですが、とりあえず動いているのでそのままにします。
これで遊べそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

ウリナラのきけんがあぶない!

P1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

日本年金機構から郵便

数年に一度の健康チェックが来ましたよ!
当然診断書部分があってドクターに書いてもらわないといけませんよ!タダでは書いてくれません!
締め切りが4月末...間に合うかな。
本当に動けない人だと後見人がいないと悲惨な結末になるのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

こいこんからDM到着

P1


第52回SF大会こいこん事務局からDMが来ました。
あれ?プログレスレポートの郵送は無いのでは?
中身は告知で、Webにある内容と大差無いです。
一応星雲賞へ投票を、というのがメインです。
アニプリズムなるイベントのフライヤーが入っていましたが、これって今週末、3/30-31に開催ではないですか!
内情的にはこれが原因かなあ...。
中国放送が後援で、企業臭が気になりますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

日本橋ストリートフェスタ2013

P1

関ハム記念局が運用するということで日本橋小学校体育館に見に行きました。
確かに。
懐かしいリグがあります。

P2

良い子がいっぱい...とも言えない光景。
他の場所にはミニ四駆とかあったんですけどね。
出来ればお子さんが近づきやすいよう、人生の先輩は正面以外に陣取って欲しかったです。

P3

こんなのや、

P4

こんなのもありました。

P5

コスプレ入場禁止なのは、撮影会状態になるのを避けたいのでしょうね。
ただ、一般のお店はコスプレのままで入れていたようなので、要は混乱を招かないように館内では写真撮影を断るようお願いするだけで良いのでは。

P6

歩道橋跡から阪堺電車の恵美須町駅までの間が歩行者天国でした。
着いたのが13時ごろで一番人出がある時間。
なんば側はものすごい人です。
写真撮影したい方は南の方が比較的すいていてお勧めでした。
但し一番端はステージになっているので立ち入り出来ないです。
韓国のボーカロイドSeeUタソのコスがあってたまげました。
ここは日本じゃないのか!
場所柄ある意味納得ではありましたが。
(本当に韓国から来たのかも...彼らは普通に日本語が話せますし)
オタロードはもっとすごくて、特にNTT横のタイムズは痛車痛バイク痛チャリをバックに撮影会状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

FT-857Dにリモコンをつける

P1

FT-857は隠し機能で外部Sメータ端子に外部リモコンを接続できます。
ソニーのRM-X4Sという型番ですが、もう手に入りません。
幸い回路図があるので互換品を作ることはできます。
全く同じものは作れなかったですが、必要そうな機能は実装できました。

P2

抵抗ラダーが肝です。

P3

スイッチが9つもついています。

機能対比はこんな感じです。

OFF:V/M
SOURCE:SELECTプッシュスイッチ
ATT:FUNC
FILE:A
AMS+:VFO UP
AMS-:VFO Down
VOL+:ボリュームダウン
VOL-:ボリュームアップ
SEL:C
MODE:B
PUSH:押した状態でAMS+/-をONするとSELECTつまみのアップダウンになる

最後の動作は後から分かったので、めったに使わないボリュームを削除してSELECTプッシュと共に入れ替えました。
本体のボリュームつまみは絶対値で、プッシュは相対値なので、プッシュで音量変更後にボリュームつまみを動かすと急に音が大きくなったり小さくなって使用感が悪いです。
当然ですが、ラベリングは痛く仕上げますよ。

P4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

TS-520S DDS VFOのロータリーエンコーダ感度アップ

P1

デジットの200円ロータリーエンコーダですが、0.1μFの積層セラミックコンデンサを抱かせていました。
結果、カウントミスが多発でアップがダウンになったりします。
前の秋月80円は逆に無いとヒゲが出てだめだったのですが、これを外すと良くなるかな?

P2

外す前です。
立ち上がりが緩慢ですね。
容量が大きすぎのようです。

P3

外すとばっちり矩形波に近づきました!
実際フィーリングも良くなりました。
メカ式なので、将来はおそらくだんだんスパイクが出てくるのではと思います。
0.01μFあたりを入れる必要が生じるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

中華オシロスコープを入手

P1

お城萌え~
こちらから買いました。
丁度決算セール中だったので、Amazonやヤフオクとあまり差のない額でした。
メーカ3年保証と日本語マニュアルのPDF付。

P2

DDS VFOの出力を測定。
アンプの入力、出力同時表示です。
目で見えないものが見えるっていいですね!
修理調整に活躍しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

プリキュアオールスターズNS2を見に行った

P1

天気予報が雨で、実際帰りには大粒の雨が降ったのでGN125Hはありません...。
事前に漏れ聞く話ではいまいちということでしたが、私はこれもありかなと思います。
プリキュアは神格化というか、主役じゃないんですね。
ドラゴンボールばりのパワーアップしまくりはそろそろやりすぎですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

日本年金機構から郵便

数年ごとにやってくる健康状態確認ですよ!
いつもながら返信用封筒は入っていません。
当然診断書部分があり、医師に記入してもらわないといけません。
おまけに締め切りが4月末...間に合うかな?
本当に動けない人にも容赦なく届くようですが、後見人がいないと悲惨な結論になるのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はーるばる来たぜはこだてー

P1
P2

暖かい台湾なら分かりますが、寒い韓国でも北海道にあこがれがあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

水でもかぶって反省しなさい

左腕に熱湯を受けてしまったのでしばらくおとなしくします。
まさに水をかぶって冷やさないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

GN125Hで直島

P1_2

先週のオイル交換時に箱が壊れていてしょぼ~ん。
外しました。
張ってあるアレは、はがしても再利用は困難だろうなあ。

P2

来るのは4回目かな?
往復で1800円でした。

P3

謎の空間とテレビ。
せとうち国際芸術祭に使うと思われます。

P4

無事直島に到着。
寒いです。
まだオートバイで走るには早いですね。

P5

セルフのうどん屋が出来ていました。
直島生協ぐらいしかうどん屋はなかったので、地元に与えるインパクトは強烈ですね。

P6

あまり大きくない店ですが、中は客でいっぱい!
大繁盛です。
お値段は四国の店より若干高めです。

P7

高圧発電車。
発電所が壊れたのでしょうか?何台も見かけました。
携帯電話の基地局工事もたくさんありました。
香川県ですが、直島、豊島、小豆島は昔から中国電力の管轄です。

P8

直島らしく三菱マテリアルの煙突と禿山を。
島はこことベネッセの私有地が大多数を占めています。

レンタルバイクやセブンイレブンが出来ていて、ずいぶんと都会です。
後者は宇野駅前にもあるので流通的にはその延長なのでしょうが。
直島生協は本店だけになったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

TS-520Sで中波ラジオを聴く

P1

AMラジオのデジタル化が事実上頓挫らしいですね。
アナログTVが使っていたVHF-Lにデジタルラジオの割り当てがあり、こちらへ移転が当初のお役人の思惑だったようですが、普通に考えても中継局を大量に置局しないといけないので、ものすごい設備投資でしょう。
ヨーロッパのように中波のまま変調をDRMへ変えるとエリアの問題はあまり無いのでしょうが、受信機の普及が問題になります。
FMラジオに逃げるのは当然かも...ついでに108MHzまでに広げて海外に合わせるのも良いでしょう。
ワイドバンド非対応のFM放送受信機はありますが。

TS-520Sには160mがあります。
VFOが600kHzとして、1800kHz-2400kHzまで受信出来るはずです。
もう300kHzほど局発を上げる(逆ヘテロダイン)とAMラジオの上限、1500kHz付近が受かりそうです。
DDS VFOで5.8MHz(表示は5500-58000=-300kHz付近)を注入してみました。
無事1494kHzの山陽放送と1386kHzのNHK岡山第二が聞こえました。
さすがに603kHzのNHK岡山第一は感度が落ちすぎてだめです。
DRIVEが左いっぱいでようやく聞こえているので、おそらくプリセレクタの帯域外でしょう。
内部無改造で聞こえたので良しとします。
ゼネカバが普通の今のリグには全く不要な努力ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

デジットで売っている200円のロータリーエンコーダをクリック無しにする

P1


今日は日本橋まで車で行ってみました。
行きは9:30ごろ出て到着が14:30...。
JR普通列車の方がまだ早いし安いです。
帰りは3時間程度でまあまあ。
駐車場がどこも高いので(40分200円のところに停めたが)ゆっくり出来ず、もう車では行かないと思います。
それはともかく、デジットのショウケース左端に150円と200円のロータリーエンコーダを置いていました。
150円はねじどめではないのでパスして、200円の方を買ってみました。
ばらしてみると、中から右のような玉付きばねが。
取っ払うとクリック無しで動きます。
DDS VFOにつけてみると問題無く動きます。
指先だけで回せるようになったので楽ちんです。
ただ、あまりにも速く回すと全くカウントしなかったり逆回転になるので、良し悪しでしょうか...。
良い子はマネしないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/2-5 小笠原諸島父島より運用します

P2
去年は世界遺産バブルのせいか、おがさわら丸の席が取れず断念しましたが、今年は無事確保できました。
5/1東京発、5/5父島発で行ってきます。
コールサインはJD1BMTです。
今年で再免許ですが、問題無く終わっています。
HFから6mまで各種モードで出れたらと思います。
実質2日ですし、また、GWは多数の運用予定がありますので控えめになるかもしれませんがご承知ください。
P1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

瀬戸内国際芸術祭2013

3/20から春会期です。
今回は夏や秋もあります。
島行きの臨時便が出るので便利になりますが、高速船中心でフェリーがあまり無いのでGN125Hの活躍は期待薄かな。
小豆島や豊島、直島は便があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

小笠原諸島にラジオ局設置

村民だより3月号によると今月末から送信開始だそうですね。
NHK第一、第二のFM再送信とNHK-FMの3波です。
今まではインターネット経由のRadikoやらじるらじるしか無かったので、朗報です。
Eスポシーズンの良いパイロットになりそうですし、おがさわら丸が島に接近したり離脱する際の情緒的な演出になりそうです。
ビーチや船内での津波や台風情報を得る現実的な手段になります。
父島母島とも同じ周波数で、あまり出力が高くないのはやや心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

4/28(日)神戸でFCC試験

現在受験者募集中です。
まだ1か月以上あるので今から勉強すればGeneral以上は十分狙えます。
アメリカの住所はレンタル私書箱を契約すれば良いです..
GW前半ですので、お子さん奥さんは神戸で観光、お父さんは藤原台で受験も出来ますね。
ALL JAともろぶつかりですが...。
なお、試験1週間前までに事前申し込みが無い場合は催行中止になる場合もありますので、お早目に申し込まれることをお勧めします。
決して勧められないですが、黙って当日飛び入り受験するよりは事前申し込みでドタキャンの方がまだましです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

TS-520Sにアンプをつける

P1

TS-520Sではいまいち押しが悪いので、新バージョンです。
力が正義だ!

P2

大きいのでおさまりが悪いかと思いましたが、何とか入りました。
穴を端にしすぎて使えない状態にしたのはひみつ。
結果ですが、全然違います。
やっとまともに使えるようになった感じです。
リニアリティも若干悪いというか、ゲインがあるのでそう感じるのかも。
ただ、ゲインがありすぎな感じも無きにしも非ず。
前の方が押しは弱いですが音は良いです。
しばらくこれで使いたいと思います。
FT-7では丁度良いようで、違和感はあまりないです。
回路はウエーブ電子のここを参考にしました。
一番上です。
DDS VFOはなかなか奥が深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

ハムフェスティバルin香川

P1
P2
7J1RL
P3
P4
ケンウッドは欠席
P5
P6
P7
P8
大雨が降ってしょぼ~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

YAESU FT-7を送料込み7000円でお譲りします

P1_2

今まで楽しませてもらったYAESU FT-7ですが、そろそろ旅立ちの時が来たようです。
丁度春のDXシーズンもまじかですので、これからHFに挑戦したい方へお譲りしたいと思います。
3.5,7,21,28MHz SSB/CWに10Wで出ることができます。
4アマの方にぴったりだと思います。
50WのFT-7Bではありません。
あとはアンテナ、同軸ケーブル、局免を用意すればHFデビューすることができます。
フルサイズのダイポールアンテナが用意できれば、7MHz SSBでもそこそこ遊ぶことができると思います。
一応VFOなので、28MHz以外はバンド内フルカバーです。
(28MHzは28.5-29MHzのみ)

含まれるもの

 FT-7本体、DCケーブル、TRIO MC10と思われるマイク(八重洲4ピンに改造済)、4A電源、マニュアル(コピー:八重洲無線のWebからPDFをダウンロード可能)

条件

・動作無保証
 一応現時点で動作しています。
 AF GAINのボリュームにがりがあります。
 30年以上前の1970年代のトランシーバです。
 発送時の振動で調子が悪くなる可能性があります。
 過去の当blogで修理体験を披露いたしましたが、同様の場面に遭うことは十分ありえます。
 そちらへ到着後は品物について当方は一切関知しません。

・指定のゆうちょ銀行の口座へ振り込み確認後発送
 手数料が比較的安く、ゆうちょ銀行間の口座振替だと多くの場合手数料がかからないことが多いからです。
 他の金融機関は指定できません。
 なお、当選連絡後7日過ぎても入金が無い場合はキャンセルと見なします。

・発送先は日本国内のみ
 海外は受け付けません。
 送料込み7000円で元払い発送いたします。
 ヤマト運輸を使用する予定です。

・アマチュア無線の資格が必要です
 使用には第4級アマチュア無線技士以上の無線従事者免許証が必要です。
 また、無線局免許状を得るためにはTSSの保証認定を受ける必要があります。
 ちゃんと免許を下して合法的に使っていただける方にお譲りしたいです。

受付について

希望の方はプロフィールにある私のメールアドレスまで以下の項目をご連絡ください。
3/17(日)18:00まで待ちます。

・名前(ふりがな)
・電子メールアドレス
・お持ちのアマチュア無線の資格(現在持っていない方は無し)
・お持ちであればアマチュア無線のコールサイン
・アピール
 なぜ欲しいのかです。
 複数応募があった場合はアピールの内容を参考にして決定します。

最初の応募時には上記以外の不要な個人情報は入れないようお願いします。
---------------------------------------------------------------
無償で送料着払いは応募しにくいというご意見がありましたので、今回はあえて価格を設定して送料元払いです。
有償でお譲りしますので、年齢制限を設けていません。
アピールに学生やHFに出たい旨の内容があれば優先したいと思っています。
ご応募をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GN125Hで七葉院まゆせタソに会いに行く

P1

気温が20度まで上がってきたので、そろそろいい季節です。
今年は正月に由加山へ行くのに乗ってはいますが、実質最初なのでバイク屋に点検とオイル交換を依頼。
タイヤに釘が刺さっていて萎え~。
パンクでなくて良かったですが。
後輪タイヤが結構減っているそうで、交換を考えないと。
工賃込みで1万円ぐらいだそうです。

P2
P3

コンベックス岡山で開催のこちらのイベントに行きました。

P4

入ってすぐになんだかすごいことになっていますよ。

P5

何とも場違いなw
抱き枕までありますが、本当に売っていたのは絵葉書ぐらいで他はサンプル商品、要は売り物では無かったです。
2000円で福袋があったそうですが、開場即瞬殺だったらしいです。
たま駅長とかはセーフと思いますが、こっちの世界はどうなんでしょうね。
展開を見守りたいと思います。

P6


来月からエバー航空台湾便が就航です。
ハローキティジェットは来るんでしょうか。

P7

犬島に行ったときに走っていたような。

P8

大ルーツの西大寺鉄道。
今はありません。

さすがは岡山の交通を牛耳っている両備です。
車、飛行機、船、何でもありました。
RACDAの岡電の空港延長案や吉備線乗り入れの模型とか、良く分かりませんがキャノンのカメラとかw
屋外はご当地グルメがありましたが、ほとんど売り切れでした。
金土と開催で、なぜか日曜がありません。
日曜休みなのは両備システムズぐらいで大半が稼ぎ時なので当然なのかもしれないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

今日は通院

公開時は昨日だと思いますが...。
CRP:1.2とやはり高いです。
ヒュミラを毎週に、という話も出ましたが、海外はともかく日本はまだ特定疾患の範疇では出来ないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

TS-520SにDDS VFOをつける

FT-7ほどではないですが、TS-520Sは周波数の安定度が今となっては良くないです。
DDS VFO化しますよ。

P1

後ろのMT9ピンコネクタを外してケーブルをつけます。

1:VFO IN
2:GND
6-8:EXT VFO
8-9:内蔵VFO
9:+9V

となっています。
付属のコネクタは8-9がハンダで強固にショートされているので吸い取り器で外してから加工です。

P3

外部VFOに切り替えると、VFOの赤いランプが消灯します。
まずまず安定して受信できますが、FT-7以上に感度不足を感じます。
入力レベルが全然足りないようです。
これはもうアンプを高利得化するしかありません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

TS-520Sとブロードバンドアンテナ

寝室にコメットさんのCHA250BXに繋がった同軸ケーブルを引っ張ってあります。
歴代の寝室リグで、はじめての100W機なので苦手なローバンドでQSO出来るか実験してみました。
3.5MHz CWでCQing...結構あっけなく1,7エリアと出来てしまいました。
ではSSBではどうかというと...き、厳しい!
5WでCQを出しているという1エリアの移動局と出来ましたが、57とのこと。
こちらは59で来ているのに!
やっぱり入れないと飛ばないんですね...。
とはいえ無調整で3.5MHzが一応出れるのは驚きです。
ハイバンドはそこそこ行けて、過去に18MHz 50Wでペディション局とやれたこともあります。
1.9MHzも実はSWRが下がるのですが、こちらは未だにQSO出来たことが無いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

TS-520SにCWフィルタを入れる

昨日の日記ですでに装着済みの写真を使ってしまってしょぼ~ん。

P1

ヤフオクで純正品中古を送料込み7000円でげと。
帯域は500Hzです。
箱がCISCOで、確かに通信機部品。
当時1万円弱だったそうなので、中古価格は結構高いですね。
何せ本体が10500円でしたから!

P3

ホット側しか端子が出てなく(IN,OUTで2本だけ)GNDはなんとねじだけ!
しっかり締めないとフィルタとしてまともに動作しませんよ!
今はIF DSPなのでフィルタのインストール自体過去の物ですが、アナログ末期の機種はではコネクタになっていて、差し込むだけです。

P2

マニュアルではハンダ付けはVRを外したところからやれとの指示で、非常に難しいです。
外装を上下とも外して、VOX VRも外してようやくインストールできます。
手間が掛かって愛着は沸きますが、今時のリグに慣れている人には厳しいかも。

SSBフィルタだとCWのゼロインが結構面倒です。
CWするなら入れた方が良いでしょう。
3.5MHzで7エリアの局と出来たのでまずまずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

TS-520SのSメータが振り切れる

P1

しょぼ~ん。
もちろんRFゲインはCWですよ。
電源を入れた直後に振り切って、そのまま...。
PTTを押すと戻ったり、時間がたつとやっぱり右に振れてきて振り切ったり、とにかく不安定です。
良くある故障だそうですね。

P2フィルタの載っているIF UNITにあるSメータ回路が逝っているそうです。
Q7:2SK19かQ8:2SA495の劣化、周辺のCR、特に半固定VRの劣化が多いそうです。

P3

右側はフロントパネル、手前がバイアスやVOX調整の隠し蓋です。
隠し蓋のねじが邪魔して基板が外せないんですよ。
実は上下の蓋全部外さないとねじが回せないです。
配線はケーブルがコネクタではなく端子巻き付けなので、巻く道具が無ければ外すことは考えない方が良いと思います。
片面基板なのでパーツはハンダ吸い取り器があれば比較的簡単に外れますが、ランドが劣化してはがれる可能性もあるのでご注意を。
向きもシルク印刷がありますが分かりにくいです。
見ての通りVRは相当酸化しています。
まずはFETのQ7とVRを交換します。

P4

はかまがついているFETは年代を感じますね。
秋月で手に入る2SK192Aと交換します。

P5

VRはヒドいものです。
立型は入手できなかったのでこうしました。

P6

フラットケーブルで引き出してメータに張り付けです。
調整がやりやすくなりました。

P7

振り切れは無くなりましたが、まだ今一です。
Q8:を2SA1015に取り換えたら無事安定しました。
主犯はこいつか~。
とりあえず治って良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

九州乗り鉄の旅他

P1

中庄長洲、新倉敷筑後船小屋なんて、たぶん誰も買わないきっぷだろうなあ。
片道1万円超えなくて良かったです。
しかし、高い!
片道4時間掛かりますよ。

P2
P3
P4

700系レールスター、N700系さくらたん、800系つばめと新幹線でおなかいっぱい。

P5
P6
P7

在来線もおなかいっぱい。
最後は見かけただけで乗れませんでしたが。

P8

造船所の体育館ではアマチュア無線のイベントです。
12時頃着きましたが、来場者1000人突破だそうで。

P9

100円のマイクと1000円の広帯域受信機をゲット。
前者はダイナミックマイクのようです。
マイクケーブルだけでも十分100円の価値がありますが、エレメントが生きていれば儲けものです。
後者は外部電源を入れてリセット操作をしたら起動しました。
アンテナを繋いで中波、短波、FM放送と430MHz FMが聞こえました。
電池端子が裸なので持ち運びには使えませんね。
ストラップも絡まって外せないようで、分解するには切らないとダメなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

TS-520Sを入手

P1

2月頭のハードオフフィーバーの時にTS-520Sが10500円でありました。
かな~り悩みましたが、そのまま銀行に行って金を降ろして身請けしました。
思ったよりは状態が良くて、ローバンドは一応100W出ました。
とあるOMさんの所で点検調整をしてもらい、一応稼働可能な状態まで持ってきました。
トリオのベストセラーですので、損は無いと思います。
重量は15kgぐらいあり、筐体も大きく、うちにある一番大きなIC-756Pro2が小さく見えます。

TSS経由で免許を降ろすことにしました。
移動しない局をTSS経由で変更申請するのは初めてです。
どうせなので電子申請です。

P2

2/3(日)にTSSのWebから申請を出して、保証認定が下りたのが2/22(金)でした。
19日...実質2週間程度掛かっています。
メーカ製のリグなのに。
とはいえ、発売当時は10Wを超える送信機は検査の時代ですから100WモデルはJARL認定機種ではありません。
当時の事情としてWARCバンドが無いのは当然ですが、28MHzは50W迄しか免許が下りません。
おもしろくないので、100Wで申請書を出したところ(送信機系統図の注記は削った)つっこみが入りました。
曰く、この機種は28MHzは50W迄のはずであるが、100W出る改造内容はいかがなるものか。
「終段管のスクリーングリッド電圧を低減させて50W出力に制限していましたが、電圧を低減させる抵抗を取り外し100W出力されるようにいたしました。」
なるご説明のメール返送にて無事終了になりました。

P3

即メールで届いたPDFとTSSに提出したzipファイルを電波りよう子ちゃんにて電子申請を提出して中国総通から2/28(金)に通知書が届き、無事クローズとなりました。
「提出されておりました変更申請(届)の処理が完了しました。
今回の変更では免許状の記載事項に変更がないため、新に免許状を発送することはありませんので返信用封筒の送付は不要です。
よろしくお願いいたします。」
と、実に現実的な処置でした。
免許状は何ら書き換わらないのでSASEはいらないよ、ということです。
結果として3000円TSSに貢いだだけ...。
釈然としませんが、TSSで古い100W機を通す経験が出来たので良かったです。
(今は工事設計書の写しが存在しないのと、移動する局には無線局免許証票の発給があるが、移動しない局にはそのようなものは無いため)
スプリアス規制の件で将来使えなくなる可能性もあるようですが、取り換えせずに再免許し続ける限りは少なくとも私の寿命のうちは突然使えない送信機が市中にはびこる事態は起きないのではないか(新スプリアス基準未対応機は今後新規の免許を降ろさなくなるだけ)と思っています。
先に無線機の方が治せなくなると思いますし、現実問題として何十万局もあるアマチュア局個別の工事設計をチェックして通知するような手間は掛けないだろうと思います。
(再免許申請時にまじめに工事設計を見ているのであればリジェクトされる可能性はあるが)

なんとも丸い音で、いい感じです。
ノイズが多いのですが、信号は浮いて聞こえます。
CWフィルタが入って無いとか、今から見ればVFOの安定度がいまいちとか、Sメータがあれれとかいろいろあるのでおいおい対策したいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

3/1は韓国では重要な祝日

P1
P2
P3
P4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

FT-7にDDS VFOを接続する(4)

P2

1石アンプ基板を作りました。
Sメータの振れでは3つぐらい高くなったので動作していると思います。
発振もしていません。
ただ、オシロスコープが無いので波形が歪んでいないか、Peak Envelobe Peakが何Vなのかは不明です。
ほすい...。
ロータリーエンコーダはカウントミスが発生したのでA-C,B-C間に0.1μFの積層セラミックコンデンサを入れました。
これで問題無くチューニングできます。

P3_2

早速EXT VFO端子への接続ケーブル作成です。
2:GND
4:VFO IN
5:+13.5V OUT
でOKでした。
GNDはDC,RF共通です。
1,3は開放で良いようです。

P4

これで完成!
UP/DOWNスイッチを廃止して、細いねじを入手して液晶表示を手前に持ってきました。
若干はきれいになったと思います。

液晶表示ですが、100kHz以下を表示するように設定しました。

・RX:5.500.000
・RI:-5.500.000
・ch:倍率 11(逆方向)

と表示させて、MOD+SEL+RITを同時に長押ししてビープ音が聞こえたらOKです。
RXの表示が100.000で、バンドスイッチが40mの場合は7100KHzということになります。
エンコーダを回してビープ音が出た場合は0Hz以下、あるいは25MHz以上なので鳴らない値まで戻しましょう。
また、
・RX:100.000
・RI:0
・ch:00
と表示させてMOD長押しでビープ音が聞こえたらメモリ0番に受信周波数100kHzが記憶です。
電源投入時にこのメモリ番号内の周波数が初期値になります。
大体どのバンドも100kHzだと都合が良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »