« 中華オシロスコープを入手 | トップページ | FT-857Dにリモコンをつける »

2013年3月23日 (土)

TS-520S DDS VFOのロータリーエンコーダ感度アップ

P1

デジットの200円ロータリーエンコーダですが、0.1μFの積層セラミックコンデンサを抱かせていました。
結果、カウントミスが多発でアップがダウンになったりします。
前の秋月80円は逆に無いとヒゲが出てだめだったのですが、これを外すと良くなるかな?

P2

外す前です。
立ち上がりが緩慢ですね。
容量が大きすぎのようです。

P3

外すとばっちり矩形波に近づきました!
実際フィーリングも良くなりました。
メカ式なので、将来はおそらくだんだんスパイクが出てくるのではと思います。
0.01μFあたりを入れる必要が生じるかもしれません。

|

« 中華オシロスコープを入手 | トップページ | FT-857Dにリモコンをつける »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/57009805

この記事へのトラックバック一覧です: TS-520S DDS VFOのロータリーエンコーダ感度アップ:

« 中華オシロスコープを入手 | トップページ | FT-857Dにリモコンをつける »