« 八重洲ハンディ4ピンマイク端子にケテルのヘッドセットを接続するケーブルの製作 | トップページ | IC-T81用バッテリーを注文 »

2013年4月12日 (金)

ID-31 DVとFT1Dのデジタルモード信号

IC-7000のデータ端子を9600bpsにしてオシロスコープに入力して、FFT動作させた結果。

P1
P2
P3

D-STAR DVは帯域が狭いのがわかる。
DNとVWに大差無いのは単にデータと音声の比率が違うだけで変調そのものは同じ。
いずれも10が同頻度で現れるようにするためスクランブルがかかっているので、無変調でもしゃべっても見た目の差は無い。

|

« 八重洲ハンディ4ピンマイク端子にケテルのヘッドセットを接続するケーブルの製作 | トップページ | IC-T81用バッテリーを注文 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/57151859

この記事へのトラックバック一覧です: ID-31 DVとFT1Dのデジタルモード信号:

« 八重洲ハンディ4ピンマイク端子にケテルのヘッドセットを接続するケーブルの製作 | トップページ | IC-T81用バッテリーを注文 »