« 行列 | トップページ | Message Key弐号機 »

2013年9月16日 (月)

Message Keyerのケーシング

P1

裸で使うのは問題なので、ケースに入れました。
ブザーは外してLED化しています。
配線は短くしましたが、太い線材なので見た目がもっこりです。
ケースに入った状態で7MHz 100Wでは全く回り込みは無いですが、プラスチックなので絶対かと言われると分かりません。

P2

表は当然痛くしますよ。
LEDをえっちな場所に仕込もうかと思いましたが、無難な場所にしました。
応答性は問題無いですが、やはり音が出ないのはさみしいです。
いずれは再度電子ブザーを装備したいです。
あと、メモリは4chぐらい欲しいかなという気も。
OIKEY-F88が有名ですが、既に持っているので違った回路やファームウエアが無いか探しています。
AVRだと作例があるようですが。
こっちもプログラマを買えって?!

|

« 行列 | トップページ | Message Key弐号機 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/58197821

この記事へのトラックバック一覧です: Message Keyerのケーシング:

« 行列 | トップページ | Message Key弐号機 »