« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

STM32-SDR:I2Cの修理

RXTX Ensembleとの接続方法を見ると、どうも5Vを掛けないとダメなようです。
最初はジャンパ線を飛ばすとかいろいろやったのですが、スマートな解決方法がありました。

P1_6

液晶の下に隠れてこんなジャンパが。
5V側をつないだら動作が安定しました。
I/Qの接続は受信側はそのまま、送信側は左右逆に繋がないとUSB/LSBが合わないようです。
RXTX Ensemble側のジャンパで反転させましょう。
CWはSTD32-SRD側のコネクタにキーをつなぎます。
今のところストレートキーだけだそうです。
マイク、スピーカもSTM32側です。
PC用ヘッドセットが使えます。

もちろんアンテナをつないだら聞こえます。

P2_3

受信画面来た!
右のロータリーエンコーダで周波数調整です。
押しながら回すと有効桁数が移動します。
要は周波数ステップの変更です。
左エンコーダで設定値変更です。

P3_2

左下タッチで設定画面ですよ。

Mic Biasはコンデンサマイク(PC用ヘッドセットなど)では1にしないと動きません。
PSK31を送信させてMMVARIで見たところ、Tx Phaseは9000ぐらいが良さそうです。
RX Rfを上げすぎると発振しました。
いろいろあるみたいですが、不明な設定値が多いです。

P4

同調がかなりクリチカルですが、PSK31ではDXも入感しました。
少なくとも受信は何とかなりそうです。
送信もダミーロードをつけてマイクでしゃべったりキーをたたいた感じでは大丈夫そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

STM32-SDR:組立開始

スイッチやコネクタの取り付けだけなので基板は30分もあれば完成します。
5Vの電源が必要です。
RXTX EnsembleのAVRを取り外して、足から接続します。
要はマイコンを乗っ取るのですね。
RXTX Ensembleの5Vから供給させてみましたが、電流容量が全然足りません。
液晶のバックライトがおかしいです。
仕方なくUSB充電器をつないで起動させてみます。

P1_5

キタ~起動画面。
5V1A位流せないとダメみたいです。
この後タッチパネルのキャリブレーションが表示されます。
十字を数回タッチして、最後に同じ場所を3回タッチで終了です。
しかし、何かおかしいです。
まず、起動画面が出て来るまで鼠色の画面が。
起動後もものすごく動作が遅いです。
RXTX Ensembleの局発とI2Cで通信をするのですが、リトライばかりを繰り返すみたいです。
ギブアップですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

STM32-SDRでRXTX Ensembleを独立動作

SoftRock RXTX Ensembleは1万円を切る価格でオールモードトランシーバを実現できる非常にC/Pの良いキットだと思いますが、PCが無ければ何も出来ないのが最大の欠点です。
ならばPCの代わりになるハードを開発すれば良いじゃないということで、本当にやっちゃった方がいるんですね。
STM32-SDRです。
SDRそのものではないので、ちょっと紛らわしい名前です。
STM32というのは、TFT液晶とタッチパネルの開発キットです。
オシロスコープやインベーダーゲーム等開発した方がいるようです。
うまく使えばプアマンズIC-7100が実現できそうですね!
こちらはカラー液晶なのである意味先を行っています。

つい先日初回の頒布募集が始まったので応募しました。
現在ここで注文できます。
SMT部品実装済み基板が$149,液晶とロータリーエンコーダ、コネクタのセットが$60,私が注文した時は無かったのですが、ケースが$56です。
ケースはともかく、基板と部品セットは一緒に買うべきでしょう。

Paypalで決済して約3週間で到着しました。
P1_4

液晶と基板です。

P3
P2_2

わくわくしますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

SRE:パワーが出た!

P1_3

やった!0.7W程度出ました。
原因はドライバ部分のRFトランスです。
まずは全部ばらしてまき直し。
Webをじっくり見て一時側二次側が分かるよう色つき被覆線の被覆を足に入れて挿入する穴を間違えないようにしました。
受信感度もかなり向上しました。

ついでにBNCコネクタ直前のトランスの出力側を左右逆に付け替えました。
外部ノイズ対策に有利だそうです。
曲がりなりにも動くようになったのでやれやれです。
受信は2-50MHzぐらいまで感度はともかく出来ます。
160mがぎりぎりアウトなのがちょっと残念ですね。
送信もゼネカバ...ではなく、10,14,18MHzバージョンで作ると10MHz付近が最大で、21MHzを超えるとほとんどパワーが出ないようです。
一番の不満点はPCが無いと何もできない...。
1万円トランシーバなので多くは望めないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

SRE:送信部を組む

P1_2
P2

受信部以上のボリュームで1日かかりました。
出力1Wとはいえ1Aは流れますから怖いですよ!
そしてやっちゃいました!電源ショート...。
RFトランスの取り付け失敗と分かるまでかなりかかりました。
壊れなくて良かった。
しかし、パワーがほどんど出ません。
微弱ながら送信はしているようです。
受信感度は...こんなものかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

210円のスマホ充電器

P1

デフレここまで来たか!
車用は105円、AC100-240V用は210円です。
前者は前からありましたが、今のは1A流せるんですね。
放熱用か一部分が金属です。
後者はいったいどうやったらこの値段になるのでしょうね。
中身的にはどちらもインバータなので、差は無いのかもしれないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

伊勢神宮の式年遷宮

P1

金曜にバスツアーで行きました。
日帰りのはずが帰ったら土曜...。
朝6:30出発で、倉敷駅前に23:30着でした。
もう結構。
20年に一度ということからか、平日なのに参拝者が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

しばらく旅に出ます

探さないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

CQ誌12月号と艦これ

特集でカムバックに使う無線機の記事がありましたが、大戦期の軍艦を例に挙げていましたね。
100万円超えのフラッグシップ機はまさに、そのまんま。
今はやりの艦これを持ち出すとはさすがですw
読者の平均年齢が60台らしいのでまったくもって的外れな憶測なんですけどね。
ロシアのハムフェストの記事は良かったです。
ロシアで免許を得る話は是非記事にして欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

DVB-S2チューナー逝く

P1

録画した映像が真っ暗でしょぼ~ん。
逝ってしまった。
コンセントの接触不良のようで、最終的には交換かな。
スイッチング電源のノイズがかなり高いので、HFのアマチュア無線をするには非常に不利な代物。
常時電源ONを1台だけに削減。
これから暖房機器のノイズが増えるので、つらい季節。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

SRE:周波数制御

P1

RTL-SDRでスペアナにしていたのを失念していました。
無事HDSDRから局発周波数の制御も出来ました。
ちょっとだけ前進です。

P2

以前買っていてほとんど未活用だったUSBサウンドを使ってみました。
若干ノイズが少ないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

SoftRock RXTX Ensemble

P1

PCに接続して使うトランシーバキットです。
$89です。
送料入れても$100ちょっとです。
久しぶりに工作したくなったので注文しました。

とにかく組み立てが難しい!
SMTいっぱい、コイルは自分で巻く...。
とりあえず受信部分まで組み終りました。
7MHzはHDSDRで受信できました。
他のバンドは聞こえません...。
完成できるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

GN125Hで七五三

もう11月で寒いしストレスたまっているしで、おそらく今年最後のライディングです。
昼から2時間、30km程度です。

P1

吉備津駅です。

P2

鳴釜神事で有名な吉備津神社です。

P3

備前一宮駅です。

P4

君が代の歌詞にある「さざれ石」です。

P5

解説板。

P6

こちらは良く似た名前の吉備津彦神社です。
七五三なので親子連れがたくさん来ていました。

P7

桃太郎伝説の元ネタのせいか、着ぐるみがいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

キムジャン

P1

唐辛子が辛そうだ!
冬ですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

2014/1/11-12 サイパンより運用します

来年1/10(金)-13(月)の日程でサイパンへ行く予定です。
今回もアマチュア無線を運用します。
HIMAWARI HOTELからです。
現地到着が1/11早朝、現地出発が1/13早朝のため、運用可能時間は1/12午前から1/13いっぱいになります。
7-28MHz迄のデジタル含むオールモードで、2名で運用予定です。
3.5MHz以下はアンテナが無く、50MHzは使える無線機が無いので運用は出来ないと思います。
KH0K(JE4SMQ)
AB9HF/KH0(JA4DWG)
QSL infoはQRZ.comを見てください。
ビューローの場合はvia JAのコールサインへ、SASEの場合はWの免許住所には送らずにJAの住所へお願いします。
観光の合間に運用しますので、午前中、夕方以降中心になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

日本オストミー協会岡山支部から会報到着

前支部長がご逝去だそうで、ご愁傷様です。
オストメイトがよくある疾患でお亡くなりだそうで。
しょぼ~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

ダウン

腹痛がひどくていけません...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

11/11

ペペロデーはウリナラ起源!
ポッキーの何とかは剽窃ニダ!

昨今はCMが流れなくてさみしい...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

ごみの整理

旅行で買ったりした本や書類を段ボール箱に入れて処分。
結構あった。
終わったらそれまでのものが多いからなあ。
韓国版Newtypeとか、確かに持っていても使い道があまりない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

姫路ミーティング

P1
P2

良く出来た自作品でした。
次回は来年だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

今日は通院

CRP:0.9で変わらず。
腹が痛いので腸の動きを抑える薬を処方。
効いてくれるかな?
ストマ下側が出血。
しょぼ~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

立冬

金曜から楽天秋季キャンプですが、冬にするんですね。
ちょっとかわいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

QSLカード到着

JA,JD1,KH0が交じっていました。
JD1については、出来ましたら転送枠にはvia無しでそのまま書いていただけるとありがたいです。
仕分けが大変です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

倉敷マスカットスタジアムに楽天イーグルスののぼり

P1

初日はものすごい人出だろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

ハムフェスタ笠岡

P1

自衛隊のブース。
日本の防衛は万全だと確信しました。

現地では8J4HAMとQSO出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

ハムのラジオ

ここ
毎回濃い話題でいいですね。
FCC試験に行くといつもいる人がキャストです...。
サイマルラジオだとたまにスタジオの風景が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

C85新刊「グアムで100W出したら感電したった」

C852「グアムで100W出したら感電したった!」B5 10ページオールカラー 100円を予定しています。
元気が出ればもう1冊ぐらいがんばりたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

C85受かりました

C851冬コミ受かりました。
12/31(火)東2 X14a「まあべる本舗」です。
今回はグアムねたを予定しています。
是非お越しの上お買い上げください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

マイフェイバリッと

夕方帰宅時にRSKラジオから流れています
プロレス、競馬、漫画家と濃い話題が続いておもしろいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »