« 神戸でFCC試験 | トップページ | さようならIC-736 »

2014年4月22日 (火)

CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(2)

P1_2

次はCI-Ⅴ変換ケーブルです。
TXDとRXDをショートさせてミニプラグの先端に、GNDはそのまま繋ぎます。
ACC1端子の7番から+13.8Vを引き込みます。
これでIC-736で使えますよ。

miix 2でペアリングさせます。
パスコード1234を入れてあっけなく終わりますが...。
HDRやFT-817 CommanderではなぜかCOMポートが出てこずに使えません。
しょぼ~ん。
大体HC-06のLEDが点滅のままです。
繋がってないやんけ!
どうもCOMポートをソフト的にUpしたらリンクするようです。
HRDやFT817 Commanderは使えそうなCOMポートだけしか選べないのでUpしないんですね...。
COMポートの決め打ちできるソフトなら動きます。

P2_2

まずはMMVARI。
あっけなく認識です。
9600bpsなのでややもたつきますが周波数の読み取りが出来ています。

P3_2

ハムログも周波数取り込みで来ます。
アイコムでも八重洲でもタイマーコマンドに1以上の値を入れてポーリングしないとだめでしたが、
動けば良いのです。

という訳でHRDで大きな周波数表示でワイヤレスが目的でしたが、残念ながら失敗に終わりました。
ソフトのつくりの問題なので、改善されるようお祈りでしょうかね。
ハード的には動作できたので楽しい遊びでした。

|

« 神戸でFCC試験 | トップページ | さようならIC-736 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/59453081

この記事へのトラックバック一覧です: CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(2) :

« 神戸でFCC試験 | トップページ | さようならIC-736 »