« GN125Hでこける | トップページ | C86受付番号判明 »

2014年4月 1日 (火)

CI-Ⅴ接続周波数表示機の製作

P1

IC-732の液晶がいつ逝っても困らないようにCI-Ⅴ接続の周波数表示機を作りました。
こちらを参考にしています。
DDS VFOに使っていた液晶やなつかしのPICTNCに入っていたPIC16F88を外して正月に共立のガジェットベンダーで当たった基板へ組んでみました。
ジャンク箱の部品だけで完成です。
回路がとても簡単なので誰でも作れると思います。
ソースはMPLABでエラーなくアセンブル出来たので、出来上がったHEXファイルをPICライタで焼きました。

アドレスが40h固定です。
IC-732は3Chなので、無線機側の設定を変えないとだめですね。
ソースがあるのでいくらでも書き換えできますけどね。
起動画面のコールサインとかも。
作者に敬意を表してオリジナルのままで焼きました。
ケースに入れないと危ないです。

|

« GN125Hでこける | トップページ | C86受付番号判明 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/59371068

この記事へのトラックバック一覧です: CI-Ⅴ接続周波数表示機の製作:

« GN125Hでこける | トップページ | C86受付番号判明 »