« CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(2) | トップページ | 40A電源GZV4000の修理 »

2014年4月23日 (水)

さようならIC-736

1.9MHzでチューン中にもくもくと白煙が!
逝ってもうた!
ATUが逝ったぐらいなら良いのですが、VOXを押すと必ず送信状態に...。
なぜかパワーは100W出ます。
片肺駆動かも知れないですが。
AH-3含めチューンを取ると受信したりで、どうも中のマイコンが逝ったようです...。
CWでブレークイン出来ないのは困るので、一線から去って頂くことにしました。
短い間でしたが楽しめました。
TS-940Sを復活させました。
6m出ないのが残念ですが。
再度手に入れるかと言えば、よほど安くないともう結構かなあ。
電源内蔵で6mまで出るリグはあまり無いのですが。

|

« CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(2) | トップページ | 40A電源GZV4000の修理 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/59490737

この記事へのトラックバック一覧です: さようならIC-736:

« CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(2) | トップページ | 40A電源GZV4000の修理 »