« 4/20は神戸でFCC試験 | トップページ | CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(1) »

2014年4月19日 (土)

TS-940Sは200W出るのか

1年ぶりに登場。
寝室リグでした。
何でもTSS通せば200Wの局免を頂けるらしいので本当に出るのか実験してみました。
ファイナルが高圧駆動なので余裕があるらしいです。

P1

何か200Wレンジで振り切ってますよ!
怖いので戻しましたw

P2

メータは150W迄しか無いのであきらかに出すぎですよ!
もっともフルスケール調整は出来ますが。

P3

分解しなくてもここをいじれば出ちゃいます。
但し、右に回すと下がって左に回すと上がります。

P4

久しぶりに分解してみました。
455kHz 500HzのCWフィルタが入っています。
8MHz AM/CWフィルタは空いています。
いつかは入れたいものです。

P5

ボイスシンセサイザのVS-1が入っているのでしゃべります。
めったに使いませんが。

風格があってかっこいいのですが、いかんせん大きくて重くて持て余し気味です。
サイズはFT-2000Dとほぼ同じで、重量は20kgもありますよ。

|

« 4/20は神戸でFCC試験 | トップページ | CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(1) »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/59435135

この記事へのトラックバック一覧です: TS-940Sは200W出るのか:

« 4/20は神戸でFCC試験 | トップページ | CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(1) »