« 弐号機のCWフィルタ | トップページ | 大阪まで乗り鉄 »

2014年5月17日 (土)

弐号機の液晶をOLED化

P1_5

初号機に入っていたユニットを移植しただけです。
電源は今回はCWフィルタのあるMAINボードの三端子レギュレータから13.8Vを取ってみました。
起動のしやすさはPA 28V(ほぼ100%)>13.8V>液晶バックライトでしょうか。
28Vはやっぱり起動はするけど頻繁にリセットがかかって不安定です。
5Vの三端子レギュレータが残念なのかもしれません。
試しに470Ωの抵抗を6本ほど並列に繋いで28Vの+側に入れて見た目の入力電圧を下げてみましたが、暴走の頻度は下がっても不安定な状態からは脱しません。
まあいいか。
せっかくなのでオリジナル/プリント基板両用のファームウエアに上げました。
累積起動時間や送信時間が表示できるバージョンです。
起動画面が事実上の復活です。
操作できるまでの時間が長すぎるきらいがあります。
1秒ぐらいで十分かな...。
ソース公開されているのでまたの機会に調整しましょう。

|

« 弐号機のCWフィルタ | トップページ | 大阪まで乗り鉄 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/59614113

この記事へのトラックバック一覧です: 弐号機の液晶をOLED化:

« 弐号機のCWフィルタ | トップページ | 大阪まで乗り鉄 »