« 560円のUSBシリアル | トップページ | 8/23に日帰りで飛行機を確保しました »

2014年5月31日 (土)

UP-12CをWindows8.1 Update 64bitで使う

P1
P2

CI-Ⅴ I/F用に一世を風靡したUP-12CをIC-736用I/Fにしてみました。
この機種はCI-ⅤのPTTコマンドを受け付けないのでDTRでスイッチしています。
論理が逆なのでTr2本で反転させています。
MMVARでは周波数取り込みとPTTの同時動作可能です。
PTT設定の占有使用のチェックを外してリグコントロールの設定で同じCOMポートを指定すれば良いです。
デバイスドライバはここのU232-P9です。
デジタル署名が入っているのでWindows8.1 Update 64bitでも問題なく使えました。
インストール後再起動して差し込むだけです。
UP-12C含めてPDC時代の携帯電話I/Fはもう市場から駆逐されたようで見かけないですね。
590円で安売りしていたころが懐かしい。
ハードオフのジャンク売り場でも見かけないのはPDCそのものが使えないので売れないからかな。

|

« 560円のUSBシリアル | トップページ | 8/23に日帰りで飛行機を確保しました »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/59701328

この記事へのトラックバック一覧です: UP-12CをWindows8.1 Update 64bitで使う:

« 560円のUSBシリアル | トップページ | 8/23に日帰りで飛行機を確保しました »