« GN125Hで小豆島 | トップページ | KEM-TRX7-LITEのチャイナフリー化 »

2014年9月25日 (木)

CTESTWIN用CWキーイング回路の製作

P2

コンテストではFT-2000D裏のデータ端子のPTTでCWキーイングさせていましたが、速度を上げるとジッタが増えて符号がなんだか分からない状態でした。
まじめにキー端子に繋げれるように自作デジタルモードI/Fへトランジスタキーイング回路を増設しました。
RTSでPTT、DTRでCWキーイングです。

P1_2

ロータリースイッチの回路が余っていないので、コネクタに直接トランジスタキーイング回路を仕込んでミニステレオプラグをつけました。
違う無線機に使う場合は差し替えです。
ダミーロードを繋いで送信させて他の受信機で聞いた感じではジッタは無いようです。
実戦で試してみないといけませんが。

|

« GN125Hで小豆島 | トップページ | KEM-TRX7-LITEのチャイナフリー化 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/60345494

この記事へのトラックバック一覧です: CTESTWIN用CWキーイング回路の製作:

« GN125Hで小豆島 | トップページ | KEM-TRX7-LITEのチャイナフリー化 »