« CTESTWIN用CWキーイング回路の製作 | トップページ | T91MTにBluetoothを内蔵する(失敗) »

2014年9月26日 (金)

KEM-TRX7-LITEのチャイナフリー化

P1_3

以前にファイナルに使われていた怪しい中華製2SC18153本が発煙して壊れたので国産品2SC1815GRと交換しましたが、残り3本も交換してみました。

P2_2

送信にはあまり影響しない箇所なので出力は300mW程度と変化無いですが、BFOや受信部に入っているため主に受信音に劇的な変化がありました。
まずボリュームが低い状態で発振音がしていましたが、それが軽減されています。
バックノイズもやや改善したように思います。
調整時のVR1調整で音量最大というのも分かりやすくなって、受信しやすくなりました。

最近買われた方は付属のUTC製C1815Lはお使いにならないことをお勧めします。
RFで使うにはゲインや動作点が大きく異なるようです。
発煙故障の事案は他にも聞きました。
もっとも国産品2SC1815は流通在庫しかないのですが。

|

« CTESTWIN用CWキーイング回路の製作 | トップページ | T91MTにBluetoothを内蔵する(失敗) »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/60346298

この記事へのトラックバック一覧です: KEM-TRX7-LITEのチャイナフリー化:

« CTESTWIN用CWキーイング回路の製作 | トップページ | T91MTにBluetoothを内蔵する(失敗) »