« Eee PC T91MTを入手 | トップページ | GN125Hのオイル交換他 »

2014年9月20日 (土)

T91MTのSSDを64GBに交換する

リカバリは無事済みました。
良かった~。

32GBはWindows8.1も一応入るサイズですが、やはり心許無いのでせめて64GBにしたいです。
SSDですが、mini PCI-Eの5cm高、PATAのものが使えるかもしれないそうです。
RUNCOREのが動くとか動かないとかだそうですが、ディスコンで今となっては手に入らないようです。
困った時のKINGSPECということで、それらしいものを探してきて注文しました。
Amazonで8200円もしましたよ!
動かなかったらパーです。
どうもかつてのEee PC 900-X内蔵SSDと同じ仕様のようです。
裏ぶたを開けて簡単に交換できる方では無く、バラバラにしてようやく交換できるCドライブの方ですね。

P1_3

結構まともな梱包です。

P2_2

キーボードはEee PC共通の上のノッチ3か所を押さえて引っ張り上げたら外れます。
キーボード下の見えているねじは全部外します。
封印の下もですよ。
それから写真ではまだ外していませんが、回転ヒンジ本体部分を時計ドライバーでこじ開けて外すと液晶を固定しているねじが4本あるので外します。

P3

裏の見えているねじを全部外して、RGB出力部分に爪を入れて一周すると裏蓋が外れます。
イヤホン端子側は最後にして、先に向かって右側を外します。
ノッチではまっているだけですが、手前部分は結構堅いです。
少々折れてもねじで止まるのであまり気にしなくても良いです。
図の位置がSSDなので黒い物体を剥がします。

P4

右上のねじを外すとSanDiskのOEM向けSSDモジュールが出てきます。
あまり性能が良くないという話です。
買ったSSDは長いので、上の部分を折ります。

P5

穴の位置が微妙に外側です。
これもEee PC 900-XでInspiron mini9用SSDを使いまわすと起きる現象ですね。
ついでに言うとアクセスランプが全くつかなくなるので、これも一緒です(^^;
ハンダブリッジで何とかなれば良いのですが、見た感じどこにも繋がっていないので相当解析しないと無理かも...。
TP何とかと基板の端のピンをジャンパとかで行ければ良いのですがね。

P6

BIOSで認識していますね!
5-6回入れては外してを繰り返したのはひみつです。
ただ、SATAという表現はあってもAHCIとかの設定が全く無いのでハード的にPATAということのようです。

P7

容量もほぼ64GBで認識しているので成功です。
あとはリカバリしてうまく行くかです。

P8

キタコレ!
しかし、再起動に失敗するようで、画面が固まっていたら電源を強制OFF/ONを数回行った結果です。

P9

何か変なパーティション構成。
EFIが真ん中にあるのはいいのかな?
再起動失敗の原因かも知れないです。
D:に相当する部分はあとでフォーマットしてドライブレターを割り当てました。

P10

速度チェックです。
シーケンシャルリードはPATAの規格いっぱいまで出ている感じです。
書き込みもプチプリは感じないです。
CPUがしょぼいのでアレですが、容量の余裕が出来たので少しは使い勝手が良くなるかな?

BIOSが最新みたいなので、本物のSATA SSDが使えるのか試してみたいですが、タマは多いようですがお値段が高いので人柱になれそうに無いです...。
認識してくれればNCQやTrimに対応するのでより体感速度が上がりそうです。
しばらくはこれで遊んでみましょう。
良い子は14800円のPCに8200のSSDは本末転倒なので、素直にタブレットPCを買う方が良いと思います。

|

« Eee PC T91MTを入手 | トップページ | GN125Hのオイル交換他 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/60315343

この記事へのトラックバック一覧です: T91MTのSSDを64GBに交換する:

« Eee PC T91MTを入手 | トップページ | GN125Hのオイル交換他 »