« 2014年3月30日 - 2014年4月5日 | トップページ | 2014年4月13日 - 2014年4月19日 »

2014年4月6日 - 2014年4月12日

2014年4月12日 (土)

究極改造!IC-736の液晶を有機EL化する(2)

P2_4

キター!
動いていますよ!
かっこいいですね!
まるでケンウッドのリグですw
フラットケーブルをいかに隠すか、電源投入時に表示しないことがある等難点がありますが、使えるようになりました。
後者は28Vラインから取ると良いそうなのですが、試したところ動作が不安定です。
やはりREGユニットのケミコン交換が必須なのか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

究極改造!IC-736の液晶を有機EL化する(1)

PLLアンロックなど致命的な不具合が無いので今の状態でも無線出来ます。
実際SSB/CWで数局QSOしました。しかしながら液晶が逝っちゃってますのでこのままでは放置プレイにならざるを得ないです。60kHzのJJYが聞こえたり、耳は結構いいです。
寝室のTS0-940Sの後釜には良さそうなんですよね。
電源内蔵なので有事の際に役立ちそうですし。IC-732の時も書きましたが、液晶の代替品はすでにメーカにはありません。それどころかアイコムは修理もしてくれません。
しかしながら世の中捨てる神があれば拾う神があり、独力でマイコン関係を解析して代替機能を開発した方がいるのです!
有機EL液晶がナイスです。もっともメーカ製造が終わったそうで、今後の入手は困難そうです。やるなら今しかない!

P1_6

有機EL液晶は共立エレショップから、その他の部品は秋月電子から通販で取り寄せました。
まずは組み立てて起動画面が出るかを確認です。
無事全部表示されています。
期待できますね。

浴㵣㜱〹〸㠸

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

IC-736に455kHz CWFを入れる

P1_5

電話級10W疑惑のもう1つの証拠がCWフィルタが装備されていないところです。
普通100W=2アマ以上なので、恰好だけでもCW運用してますとするはずです。
SSBフィルタでは厳しいので増設しますが、少し前にIC-732用に9MHz 250Hzを買ったので(一緒にお嫁に出しました)、今回は455kHz 500Hzにしてみました。
丁度中特さんに9800円で中古が出ていたので手配しました。
消費税が上がる直前!に注文、届いた時は四月になっていました。
宅配便屋さんはどこも荷物が多くて遅配が出ているそうです。

P2_3

インストールは差し込むだけなので簡単です。
ねじを大量に外さないといけませんが。

P3_2

セットモードで指定しますが、超能力が必要ですね。
マニュアルにある項目の順番と、かろうじて55が見えるので何とかなりましたが。

9MHz 250kHzはいかにもフィルタが入ってますというヒュー音がしますが、こちらはSSBを狭めた感じでヒューという感じはあまりしません。
ちゃんと切れますよ。
疲れない良い音でまったりラグチュー用という感じですが、そこまでの技量が無いのです...。
コンテストにはちょっと厳しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

IC-736の過去を妄想して修理する

P2_2

このIC-736は今は亡き「郵政省」の免許証票が貼ってありました。100W機なのに謎だ。
50Wに切り替えで移動する局で降ろしたとも思えますが、電話級10W局がごまかして証票をゲットしたのではと思わせる部分がありました。

P1_4

お尻のクーリングファンが無いのです!
これは怖いですね。
10Wモデルには確かについていないんですが。
配線を切った跡があるのでそこに6cm角12Vのファンを取り付けたら復活します。

P3

ねじはM4x25mmですが、20mmしか売ってなかったのでガードがつけれなかったです。
まあいいか。

P4

持病のPAユニットのケミコンお漏らしが起きていました。
交換しましたよ。
REGユニットも対応必要らしいですが、回路図の部品定数が怪しいので現物に当たって後日調達して対応しましょう。
ダイヤモンドの電源のケミコンも一緒に買って。
≮ス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

IC-736を入手

IC-732はとある方の100W移動しない局の開局のために旅立ちました。
先の変更申請3回の最初2回は増設、撤去なんですね。
シリアルナンバー時代の技適機なので、誰かに使われているのかのチェックも兼ねていました。
問題無く空いていたので安心してお嫁に出せます。
末永く愛用されることを切に願います。
1エリアなので、いったい何日かかるのか想像がつきませんが、去年の今頃JD1移動する局を開設した時は3週間ぐらいかかったかな。

P1_2

そして辛抱たまらずIC-736をオクでげと。
見た目は型番とTUNE付近を除いて瓜二つです。
6mと電源内蔵で1993年当時定価238000円だったそうですね。
3万円開始価格で入れたら落ちちゃった(^^;ので身請けしました。
液晶が逝っていると25000円位が相場みたいです。
ちょっと高かったけどいいかな。
液晶が無事だと5万円は堅いようです。
ファイナルを28V駆動しているので調整次第でパワーが2倍出るらしいですが電源が持つのかな。
6mは当時の規制で50W制限ですが、これもリミッター解除で2倍出るらしいです。
輸出バージョンは最初から6m 100Wみたいですね。
CI-Ⅴ液晶周波数表示機が役に立っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

中国総通さん毎週変更申請でごめんなさい

P1

毎回早いなあ。

P2

移動しない局で指定事項の変更が無いので総通からの贈り物は何も無し。
お互い手間いらずで納得。
総通によっては左下の日付以外全く同じ局免を送ってくるところもあるそうですが、それは無駄じゃないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

FT-2000Dのファームウエアバージョンアップ

P1

MAINだけでDSPのバージョンが変わっていないので受信は一緒?
特に変化を感じないです。
設定が全部飛ぶのでしょぼ~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月30日 - 2014年4月5日 | トップページ | 2014年4月13日 - 2014年4月19日 »