« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »

2014年4月20日 - 2014年4月26日

2014年4月26日 (土)

5/4-6 CWソウル参加予定です(HLコールでアマチュア無線も)

5/4(日)-5(月)に開催予定のコミックワールドソウルへ一般参加の予定です。
日月開催とめずらしい日程ですが、韓国でも5/5は子供の日で祝日です。
5/4は終わりごろだけになりそうで、5/5がメインになるでしょう。
また、HL1Zのコールサインを降ろせましたので、アマチュア無線も行う予定です。
FT-817 5Wです。
ホテルに窓があればそこから、無ければCWソウル会場付近で運用します。
今までの経験から10MHz CWが一番交信の成功率が高いので、このバンド中心になると思いますがEスポが出たらハイバンドにも出ます。
JT65での運用も考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

縛りの次は焼き

いぼを縛ってどうなったか?
ちゃんとハングマンしてました。
しかし、落ち切れず露頭が見えた状態です。
焼きましょう、ということになり、10%硝酸銀で処置。
最初は何とも無いですが、だんだんと刺すような痛みが!

昔は病院に100%もあったそうですが、今は無いとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

40A電源GZV4000の修理

P1

あれから他のケミコンをチェックして、一番怪しいのを見つけました。
もろ膨らんでいます!
本体向かって右奥、C49です。
25V 4700μFです。
帯がマイナス側です。

P2

液漏れは視認できなかったですが、頭の弁が開いていますね。

P3

15A程度の負荷を掛けてもOVERLOADはつかなくなりました。
FT-847Mに繋いでいますが、心なしかHFの受信音が良くなりました。
相当なノイズが出ていたんでしょうね。
40Aフルの負荷は持ち合わせていないので分かりませんが、たぶん100W機程度では大丈夫でしょう。
復活して良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

さようならIC-736

1.9MHzでチューン中にもくもくと白煙が!
逝ってもうた!
ATUが逝ったぐらいなら良いのですが、VOXを押すと必ず送信状態に...。
なぜかパワーは100W出ます。
片肺駆動かも知れないですが。
AH-3含めチューンを取ると受信したりで、どうも中のマイコンが逝ったようです...。
CWでブレークイン出来ないのは困るので、一線から去って頂くことにしました。
短い間でしたが楽しめました。
TS-940Sを復活させました。
6m出ないのが残念ですが。
再度手に入れるかと言えば、よほど安くないともう結構かなあ。
電源内蔵で6mまで出るリグはあまり無いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(2)

P1_2

次はCI-Ⅴ変換ケーブルです。
TXDとRXDをショートさせてミニプラグの先端に、GNDはそのまま繋ぎます。
ACC1端子の7番から+13.8Vを引き込みます。
これでIC-736で使えますよ。

miix 2でペアリングさせます。
パスコード1234を入れてあっけなく終わりますが...。
HDRやFT-817 CommanderではなぜかCOMポートが出てこずに使えません。
しょぼ~ん。
大体HC-06のLEDが点滅のままです。
繋がってないやんけ!
どうもCOMポートをソフト的にUpしたらリンクするようです。
HRDやFT817 Commanderは使えそうなCOMポートだけしか選べないのでUpしないんですね...。
COMポートの決め打ちできるソフトなら動きます。

P2_2

まずはMMVARI。
あっけなく認識です。
9600bpsなのでややもたつきますが周波数の読み取りが出来ています。

P3_2

ハムログも周波数取り込みで来ます。
アイコムでも八重洲でもタイマーコマンドに1以上の値を入れてポーリングしないとだめでしたが、
動けば良いのです。

という訳でHRDで大きな周波数表示でワイヤレスが目的でしたが、残念ながら失敗に終わりました。
ソフトのつくりの問題なので、改善されるようお祈りでしょうかね。
ハード的には動作できたので楽しい遊びでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

神戸でFCC試験

P1

天気はやや崩れましたが受験者全員CSCEを持ち帰りで良い結果でした。
次回は7月の関ハム会場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

CATやCI-ⅤをBluetooth化してみよう(1)

世の中には便利なデバイスがあって、シリアルポートをBluetoothに変換してくれるのです。
しかも$6程度のお値段です。
HC-05とか06とか07とか、そういう名前でAliexpressやEbayで売っています。
今回はHC-06を買ってみました。
北京から2週間ぐらいで来ました。

P1

怪しい梱包です。
小さいです。

P2

マニュアルなどありません。
足はVCC(+5V),GND,TXD,RXDです。
まずは八重洲のCATでFT-817との接続を試しましょう。
デバイス側から見てなので、八重洲のCATで繋ぐ場合はTXDにリグのRXDを、RXDにリグのTXDを繋ぎます。
CAT端子には+13.8Vが出ているので5Vの三端子レギュレータを使って電源供給させましょう。
回路的にはこれだけです。

P3

ピントが合っていませんが、どんなものかは分かると思います。

P4

世の中にはよく似たことを考える方がいて、AndroidでFT-817を制御するソフトを書いた人がいます。
ハードも似たようなものです。
動くか試してみました。
ばっちりですね!
実はFT-817のマイコンが半分暴走していて、コマンド送信が出来てもリグ側の操作を反映しない(Sメータが振れない等)状態でしたが、動作用の内蔵バッテリーを一度抜いて刺しなおしたらあっけなく動きました。
HC-06は初期値でシリアルポートが9600bpsなので、FT-817のCATの設定もそうしておきましょう。
正直はったりに近いですが、インパクトはでかいので見世物には良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »