« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月28日 (木)

募集を終了します(若年ハムの方にHF/50MHz固定機をさしあげます)

非常に多くの応募をいただきましたので、早いですが募集を終了します。
悪しからず。
今まで何度もこのような施策を致しましたが、保証認定が必要な古い無線機なのに応募が多いのは、RJX-751が市場にあまり出回っていない珍品であるがために、おそらく転売目的の方がほとんどでは無いかと思っています。
大変悲しいことです。

今まで応募があった方より吟味の上(場合によっては条件を課したうえで)決めたいと思います。
なお、非公開(100W機)のもう一式の無線機と合わせて2名の方を当選とさせていただきます。
何かは過去のblogを見ればバレバレなのですが、応募者に1アマ取得者がおりましたので(50MHzが出ないとかCWFが入ってないとか不利な点はありますが)その方に差し上げる予定です。

手持ちの余剰機がありませんので、しばらくは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

【受付終了】若年ハムの方にHF/50MHz固定機をさしあげます(7/31迄募集)

以下は既に終了しております。
応募なさらないようお願いします。

P1
P2

学生ハムの方にHF/VHF固定機をさしあげます。
今はブランドが存在しないナショナル RJX-751です。
希望の方は条件をよく読んで私宛に電子メールを送って下さい。
この記事へのコメントは一切受け付けません。
メールアドレスは右側のプロフィールにあります。

※必ずこの記事はパソコンで読んで下さい

お渡しするもの
 RJX-751本体、AC100V電源ケーブル、社外品マイク、取扱説明書コピー
  7/21/50MHz SSB/CW対応10W機です。
  仕様の詳細は後述します。

 おまけ 中国製アンテナアナライザ
  本体でSWR測定が出来ませんのでつけます。
  2-60MHz位まで測定可能です。

条件

 日本でアマチュア無線局を開設できる従事者免許を持った、2016/8/1時点で満22歳未満の方
  現在学生社会人は問いませんが、若年層への支援が目的ですので学生であると思われる年齢範疇で制限を設けています。
  持たれている免許の種類は国内海外問いません。
  4海通や航空通など4アマ以上の相当資格でもかまいません。

 個人局を持っていない方は必ずこの無線機で開局申請を行い、コールサインを教えてくれること
  これは当然だと思います
 個人局を持たれている方は変更申請を行って下さい。
  後日免許内容を確認します。
  なお、現時点で7/21/50MHzのいずれかのバンドの指定がある方は、不利になります。
  理由は考えれば分かると思います。

 社団局も受け付けますが、個人局と同等の条件となります。
 具体的には各種学校、児童館、科学館に限定します。
 必ず代表者の方が申し込んでください。

 都合により募集取りやめを行う場合があります

送付について

 送料もこちらで持ちます。
 ヤマト運輸の宅急便を使用予定です。

申し込み方法の詳細

 以下の内容を私宛に電子メールで送って下さい
 受け付け確認に必ず1度は返事の電子メールを出します
 当選者にはその旨別途通知しますが、締め切りを過ぎても返事が無ければ残念ですが落選となります
 受付期間前に受付終了する場合もありますので、早めの応募をお勧めします

応募電子メールに必要な内容

・名前
 姓名両方です
・現在の年齢
 学生の場合は中学2年生とかの表現で可
・都道府県までの住所
 応募時は詳細は書かないでください
 日本国外在住の方はすみませんが対象外とさせていただきます
・所持している従事者免許の資格(4アマ等)・取得年
 外国免許の場合はどの国かもお願いします
・既に開局している方はコールサイン
・応募の動機、当選時にどう使いたいかのアピール
 この内容を一番重視します

応募締め切り

 2016/7/31(日)いっぱいまで

無線機の詳細

 1980年代に発売のモデルです。
  取扱説明書はここにあります。
 技適機ではありませんので、局免許を得るためにはJARD等で保証認定を受けないといけません。
 現在JARL登録機種では無いのでブロック図の提出が必要ですが、取扱説明書にあります。
 終段管などの情報はこちらです。  
 7/21/50MHz 10Wなので4アマの方が問題無く使える仕様です。
 実績として7,21,50MHzで他エリアとのQSO、7MHz CWにて海外(韓国)とのQSOが出来ています。
 各バンドフルサイズダイポールが張れればそこそこ遊べると思います。
 10W機としては珍しく電源を内蔵しています。
 SSBは7MHzはLSB,21,50MHzはUSB固定です。
 CWはセミブレークイン装備です。
 ストレートキーのみの対応なので、パドルの接続にはOIKey-F88等の外部キーヤーが必要です。
 AFフィルタ内蔵なのでパイルになってなければ受信に苦労することは少ないと思います。
 1VFOのためスプリッド運用は出来ません。
 ΔF(RIT)は装備しています。
 アナログVFOです。
 デジタル周波数表示ですが、長時間使用するとVFOの周波数変動が数100Hz程度あります。
 VFOの可変幅は約500kHzです。
 7MHz拡張バンド対応、21MHzフル対応ですが、50MHzは50-50.5MHz迄です。
 AM/FMがありませんので、実用上不利な点は無いと思います。
 ゼネカバ受信はありません。
 アンテナコネクタが7/21MHzと50MHzの2つに分かれています。

その他

 メーカ修理対応は終了しています。
 基本的に早く応募があると当選の可能性が高いです。
 年齢の長幼は特に重視しませんが、文面を見て今後のやり取りに問題がありそうな方は不利になります。
 応募が無かった場合の募集期間延長は致しません。

それでは応募をお待ちしています。

| | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

9/4(日)に徳島市でFCC試験を開催します。

9/4(日)12:30よりとくしま県民活動プラザにてアメリカのアマチュア無線資格試験を行います。
詳しくはVE四国のWebをご覧下さい。
パスポートは必須ですのでご注意ください。
また、事前申し込みされた方のみが受験できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

中国地方ハムの集い

P1


地元なので行ってきました。
車で30分ぐらいでした。

P2
P6

FT-891です。
FT-991ベースの設計で、基本性能は同等とか。
V/UHF、内蔵ATU、カラー液晶以外はほぼそのままの機能です。
もちろんUSB接続でデジタルモードやリグコントロール、CWキーイング可能です。
FH-2も対応だそうで、タッチパネル操作が不要になるので移動運用時のCQ連発が楽になりそうですね。

P3
P7

非常に良い内容でした。
経済的時間的に余裕のある方はどんどん行くべきです。

P4

OMのラウンドQSOと思われる番組収録を行っていました。

P5

空間から100VAC 30A程度を取り出す研究をしているそうで、実用化したら車は全部電気自動車、エネルギー問題、ひいては貧困問題は解決ですね!

P8

JARLのイベント時に入会すると入会金免除だそうです。
新規の方はもちろん、継続忘れの方には多大なメリットですね。

抽選会はハンディ機は子供に行ったようです。
私はボールペンでした。

来年は山口県だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

八重洲固定機用キーパッドFH-2もどきの製作

P1_2

八重洲無線の最近の固定機(FT-950,991,2000,DX4桁シリーズ)はボイスメモリやCWメッセージキーヤーの呼び出しに使うFH-2というキーパッドに対応しています。
高級機は付属、それ未満は別売です。
税別4,500円で買えるのですが、呼び出し以外の機能は触るとかえって危ないので、CH1-5の呼び出しに機能制限したキーパッドが欲しいと思っていました。
WDXCのこちらに回路図があったので、作ってみることにしました。
FH-1とFH-2は中身が一緒です。
実際の製作はこちらの方が抵抗値の選び方が具体的に書いてあるのでベターです。

P2_2

中身はこんな感じです。
フロントパネル液晶修理後動作しなくなったFT-857DM用に使っていたキーパッドを流用したので無駄に穴が開いていたりスイッチが1つダミーで付いていたりケースがやたら長いのですが、費用は抵抗10本分だけのお値段で出来ました。
小型の1/8Wの抵抗を使いましたが、動作しました。
130Ωだけは在庫が無かったので1/4Wにしました。
ミニプラグとケーブルはDR-100についていたものを流用です。
全部買ってもスイッチ5つで600円位、抵抗が100円位、ケースはお好みとして1,000円位だと思います。
蛇の目基板は手持ちを流用しましたが、スイッチが大きなものなら空中配線でも行けると思います。
回路図中には積層セラコンがありますが、回り込み防止のためなので入れなくても動作します。
私は手持ちがあったので付けました。

FH-2が付属していないFT-950や991,FTDX1200に最適だと思います。
特にFT-991はページ切り替えのタッチパネルなので、メモリを呼び出すのが非常に大変です。
画面がどんな状態でもプッシュ1発で送信できるので非常に便利だと思います。
なお、なぜかFMでは動かないようです。
液晶画面でもグレーアウトするのです。
BK-INはON/OFF出来るのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

台湾旅行記10作成

左のまあべる本舗から。
今回、台北のハムショップに行ってみました。
他、同人誌即売会、台鉄プユマ号で花蓮、メイド喫茶等。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

台北 In Comic Energy3のコスプレイヤーさん

関ハムのある週末でしたが、岡山台北間に格安航空会社が就航したので台北に行っていました。
たまたま現地で開催されていた同人イベントのIn Comic Energy3へ一般参加しました。
皆さん輝いていましたよ!
もし自分の写真があれば私宛に電子メールを下さい。
元写真を返信します。
写真の上にマウスを置くとc01とかの番号が表示されるので、それを教えて下さい。
メールアドレスは右のプロフィールにあります。

C01C02C03C04C05C06C07C08C09C10C11C12C13C14C15C16C17C18C19C20C21C22C23C24C25C26C27C28C29C30C31C32C33C34C35C36C37C38C39C40C41C42C43C44C45C46C47C48C49C50C51C52C53C54C55C56C57C58C59C60C61C62


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

先日譲渡したハンディ機にて開局されたそうです

本日局免が届いてコールサインが降りたそうです。
良かったですね。
電子申請は安いし結構速いですね。
今後のご活躍をお祈りします。
技適機の変更申請は無料なので(免許証票や変更済局免の送付に82円切手2枚と返信用封筒が必要な位)、送信機の増設や取替、付加装置の接続なども比較的気軽に出来ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

コミックマーケット91のジャンルコード補足にアマチュア無線が掲載される

今年年末に開催予定のコミックマーケット91からジャンルコードが大幅に変更になっています。
コード数が減っている訳ですね。
オリンピック対策でしょうか。
さて、従来はアマチュア無線ネタで申し込む場合、同人ソフトの自主製作ハードウエアや評論・情報でも受け付けてもらえていたのですが(いずれのジャンルでも申し込んで頒布実績があります)、従来から知っている人は知っている「無線はメカミリ」という見解があります。
大昔は無線と明記されていたのに、最近は消えていました。

今回「アマチュア無線」に限ってジャンルコード611「鉄道・旅行・メカミリ」へ明記されたので、他で申し込むとジャンル違いで落選になると思います。
もし申し込みを考えられている方はご注意ください。
フリラや業務・携帯電話関係はそこまで厳しくはならないと思いますがメカミリが無難です。
ガルパンねたとかは、元ネタジャンルの方が絶対に安心です。

しかし特撮・SF・FTが消えてしまうのは残念だな。
SF大会(側が、コミケはSF大会が母体と主張している)の影響がより消えていくのね。
スポーツも狭義のスポーツ限定になって、ギャンブル・競馬が評論・情報へ、囲碁・将棋・麻雀はゲーム(電源不要)というのもどうなのかなあ。
スポーツ新聞に載っているからというなら、芸能界ネタもなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

12V 30A中華電源をケースに収納

P1_2

ダイソーに行ったらHOME KEEPER 2.2lという入れ物があったので購入しました。
予想通り中華電源とサイズがぴったりです。

P2_2
P3_2

配線の最適化や接触不良が置きにくいように処置して収納しました。
電源本体は裏から4mmのねじ4本で固定しています。
ねじ止めの端子盤は絶縁蓋があるので普通に使えばショートしにくいです。
密閉するのでファン回転時の音が静かになります。
排熱のためにクーリングファン部分は穴をあけました。
負荷の高い状態が続くと熱がこもるはずなので、がんがんに使う場合には不利です。
普通に使う分にはその他はこの方が良いと思います。

P4_2
P5_2

電圧低下が0.2V程度まで圧縮されたので何よりです。
これで100W機でも少しは安心して使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

3,000円しない公称12V 30A 安定化電源をアマチュア無線機で試す

アマチュア無線をやる上で無視できない出費の1つに安定化電源があります。
今は最低でも13.8V 20Aは流せないとモービル機や固定機の送信時に不安です。
2月の父島移動の帰りにAmazonで3000円程度の電源が良かったというのを聞きました。
TS-480HXでCW 150W出たとか。
探すと送料込みで2,760円の電源があります。

本来は車用電装品を自宅で使えるようにするために売っているようです。
220V対応なのでACケーブルをしっかりしたものにしたら海外でも使えそうです。
レビューによると無線機で使えたそうです。
半固定抵抗を調整すると14V位までは出るようです。
面白そうなので買ってみました。
なお、これは電源本体だけでACプラグや負荷に繋ぐケーブルはついていません。
ついているものは3,000円越える価格であるようです。
手持ちの資材の都合で選ぶと良いでしょう。
良く見て注文しないと定格電流や電圧がいろいろあるので使えないものもあると思います。
電圧調整のないものもあります。

安いのは良いのですが、中国発送の業者で到着に2週間もかかりました。
お値段は上がりますが、国内在庫を持っている業者もあるようなので、急ぐ方はそちらが良いでしょう。

P1

早速TS-440Sに繋いでみました。
電源ケーブルは216円でハードオフのジャンク売り場で買いました。
負荷接続は陸軍端子で端子盤を作ってみましたが、厳密にはここで電圧降下が起きるので直結が望ましいです。
電源スイッチが無いので穴をあけてAC側にトグルスイッチをつけました。
出来ればプラスチックでも良いのでケースに入れた方が安全でしょうね。

P2

スイッチング電源なので気になるノイズですが、地元の山陽放送で試験すると電源ONで若干聞こえます。
ダミーロード接続で100W FMで送信するとノイズが大きくなりますが聴取そのものは何とかできます。
電源の真上で受信なのでかなり不利な条件ですが、優秀ですね。
なお、ここから送信所まで10kmありません。
相当な強電界であることを補足しておきます。
TS-440S側の受信ノイズはあまり感じません。
ダミーロードを繋いでいる限り分からないです。
外部アンテナを繋ぐとそちら経由のノイズが大きいです。
パッチンコアで対策すれば少なくとも受信で障害になることは無さそうです。
当然ですがお値段相当ですので、1.9MHz以下のローバンドで低ノイズ環境で使うとおそらくノイズが聞こえてしまうでしょう。

P3

無負荷で電圧調整をして大体13.8Vにしました。

P4

100W FM送信時の電圧です。
0.45V程度低下しています。
ちょっと大きいですがまあ許せるでしょう。
端子盤を省略したら改善が見込めるかもしれません。
メータ照明は送信時に若干暗くなります。

P5

負荷のかかった状態での出力波形です。
リップルは100mV程度の変動なので充分許せると思います、
スパイクは観測できなかったです。
当然ですが、無負荷時はもっと直線です。

クーリングファンは温度感知?で回ったり止まったりします。
電圧を上げると回転数も上がります。
結構うるさいです。
セメント抵抗で電流制限すれば回転数を下げれると思いますが、封印を切るのが怖いので未確認です。
もっと簡単に調整できるかもしれません。

P6

トランシーバの上に置いても問題無く動作しました。
お勧めはしませんが。
ファンがうるさいので離れた場所に置く方が良いでしょう。

短時間の使用なのでこの先すぐに壊れないのか、激しい負荷変動(特にCW送信時)に追従できるのかは不明です。
また手持ちのテスターが10Aまでしか測定できないので13.8V調整時に連続何A流せるのかも不明です。
12V 30Aが公称値なので、13.8Vでは流せて25A、盛っている可能性もあるので20Aがせいぜいではと思います。
今時のIF DSP 100W機は30Aを要求する機種もあるのでちょっときついかもしれません。
TS-440Sのようなアナログ機ならぎりぎりでしょうか。
50Wで使う分には流れて15A程度なので余裕があると思います。
3アマ用格安電源になるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

募集を締め切りました

応募者がありましたので当選者には電子メールにて通知済です。
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

6D QSOありがとうございました

P1
P2

去年は入院していたので今日が実質最初の国内移動運用でした。
50-430MHzで運用しました。
QSO頂いた各局ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

今日現在応募無しです

局免発給は今からだと今晩の6m&DOWNコンテストは間に合わないですが、8/6-7のフィールドデーコンテストには何とか間に合うのではと思います。
移動すると点数2倍で、電話シングルオペニューカマーだと144/430MHzが有効に使えて特に都市部周囲の小高い山から出ると入賞を狙えるかもしれません。
(但し三大都市圏では先客がいたり、ニューカマーといいながら重装備で参加する局もいます)
自宅からでもコンテスト参加局は弱い信号でも取ってくれるので楽しいと思います。
アンテナは最初は2-3エレ程度で良いのでビームアンテナを用意すると付属のホイップと比べると格段に聞こえて飛びます。

決まらなかった場合は再募集はせずに処分する予定です。

| | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »