« RJX-601用外部周波数カウンタの製作 | トップページ | メモ:八重洲無線製昔のHF機のDC電源ケーブル »

2016年11月18日 (金)

メモ:Gigast Ver3のソフトをWindows10 Pro 64bitで動かす方法

10年前の簡易スペアナ、Gigast Ver3を現代に復活させます。
最低のスパンが10MHzなのでアマチュア無線には使いにくいですが...。
事前準備として、PCに9Pinメスのシリアルポートがあること。
USBシリアルでも可。

1.ファイルをHDDに置く(D:\GIGFAST等)
2.Gigast30.exe.ショートカットを作成する。
3.スタートボタン右クリックでコマンドプロンプト(管理者)を起動する。
4:Gigastのソフトが置いてあるHDDのディレクトリをカレントにする。
5: regsvr32 COMDLG32.OCX
6エラーが出なかったら.残りのMSCOMM32.OCX,MSVBVM60.DLL,OLEAUTH32.DLL,VBJP.DLLも行う
7.起動してみよう!

P1

サテライトの機材を全部処分してしまったのでちょっともったいないか。

|

« RJX-601用外部周波数カウンタの製作 | トップページ | メモ:八重洲無線製昔のHF機のDC電源ケーブル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

HAM」カテゴリの記事

コメント

Gigastを64bitで、動かす方法について詳細をお教え頂きたく。

小生は、Gigast V4を Win7の32bitにて使用していましたが、
最近、Win10の64bitパソコンに変えました。
64bitでは、貴殿の記載されています、5、6の項目の対処が必要のようです。お手数をおかけしますが、これらについて、詳しくお教えいただけないでしょうか❓
以上、よろしくお願いします。

投稿: やまやま | 2019年9月 1日 (日) 午前 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモ:Gigast Ver3のソフトをWindows10 Pro 64bitで動かす方法:

« RJX-601用外部周波数カウンタの製作 | トップページ | メモ:八重洲無線製昔のHF機のDC電源ケーブル »