« 2016年7月17日 - 2016年7月23日 | トップページ | 2016年7月31日 - 2016年8月6日 »

2016年7月24日 - 2016年7月30日

2016年7月28日 (木)

募集を終了します(若年ハムの方にHF/50MHz固定機をさしあげます)

非常に多くの応募をいただきましたので、早いですが募集を終了します。
悪しからず。
今まで何度もこのような施策を致しましたが、保証認定が必要な古い無線機なのに応募が多いのは、RJX-751が市場にあまり出回っていない珍品であるがために、おそらく転売目的の方がほとんどでは無いかと思っています。
大変悲しいことです。

今まで応募があった方より吟味の上(場合によっては条件を課したうえで)決めたいと思います。
なお、非公開(100W機)のもう一式の無線機と合わせて2名の方を当選とさせていただきます。
何かは過去のblogを見ればバレバレなのですが、応募者に1アマ取得者がおりましたので(50MHzが出ないとかCWFが入ってないとか不利な点はありますが)その方に差し上げる予定です。

手持ちの余剰機がありませんので、しばらくは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

【受付終了】若年ハムの方にHF/50MHz固定機をさしあげます(7/31迄募集)

以下は既に終了しております。
応募なさらないようお願いします。

P1
P2

学生ハムの方にHF/VHF固定機をさしあげます。
今はブランドが存在しないナショナル RJX-751です。
希望の方は条件をよく読んで私宛に電子メールを送って下さい。
この記事へのコメントは一切受け付けません。
メールアドレスは右側のプロフィールにあります。

※必ずこの記事はパソコンで読んで下さい

お渡しするもの
 RJX-751本体、AC100V電源ケーブル、社外品マイク、取扱説明書コピー
  7/21/50MHz SSB/CW対応10W機です。
  仕様の詳細は後述します。

 おまけ 中国製アンテナアナライザ
  本体でSWR測定が出来ませんのでつけます。
  2-60MHz位まで測定可能です。

条件

 日本でアマチュア無線局を開設できる従事者免許を持った、2016/8/1時点で満22歳未満の方
  現在学生社会人は問いませんが、若年層への支援が目的ですので学生であると思われる年齢範疇で制限を設けています。
  持たれている免許の種類は国内海外問いません。
  4海通や航空通など4アマ以上の相当資格でもかまいません。

 個人局を持っていない方は必ずこの無線機で開局申請を行い、コールサインを教えてくれること
  これは当然だと思います
 個人局を持たれている方は変更申請を行って下さい。
  後日免許内容を確認します。
  なお、現時点で7/21/50MHzのいずれかのバンドの指定がある方は、不利になります。
  理由は考えれば分かると思います。

 社団局も受け付けますが、個人局と同等の条件となります。
 具体的には各種学校、児童館、科学館に限定します。
 必ず代表者の方が申し込んでください。

 都合により募集取りやめを行う場合があります

送付について

 送料もこちらで持ちます。
 ヤマト運輸の宅急便を使用予定です。

申し込み方法の詳細

 以下の内容を私宛に電子メールで送って下さい
 受け付け確認に必ず1度は返事の電子メールを出します
 当選者にはその旨別途通知しますが、締め切りを過ぎても返事が無ければ残念ですが落選となります
 受付期間前に受付終了する場合もありますので、早めの応募をお勧めします

応募電子メールに必要な内容

・名前
 姓名両方です
・現在の年齢
 学生の場合は中学2年生とかの表現で可
・都道府県までの住所
 応募時は詳細は書かないでください
 日本国外在住の方はすみませんが対象外とさせていただきます
・所持している従事者免許の資格(4アマ等)・取得年
 外国免許の場合はどの国かもお願いします
・既に開局している方はコールサイン
・応募の動機、当選時にどう使いたいかのアピール
 この内容を一番重視します

応募締め切り

 2016/7/31(日)いっぱいまで

無線機の詳細

 1980年代に発売のモデルです。
  取扱説明書はここにあります。
 技適機ではありませんので、局免許を得るためにはJARD等で保証認定を受けないといけません。
 現在JARL登録機種では無いのでブロック図の提出が必要ですが、取扱説明書にあります。
 終段管などの情報はこちらです。  
 7/21/50MHz 10Wなので4アマの方が問題無く使える仕様です。
 実績として7,21,50MHzで他エリアとのQSO、7MHz CWにて海外(韓国)とのQSOが出来ています。
 各バンドフルサイズダイポールが張れればそこそこ遊べると思います。
 10W機としては珍しく電源を内蔵しています。
 SSBは7MHzはLSB,21,50MHzはUSB固定です。
 CWはセミブレークイン装備です。
 ストレートキーのみの対応なので、パドルの接続にはOIKey-F88等の外部キーヤーが必要です。
 AFフィルタ内蔵なのでパイルになってなければ受信に苦労することは少ないと思います。
 1VFOのためスプリッド運用は出来ません。
 ΔF(RIT)は装備しています。
 アナログVFOです。
 デジタル周波数表示ですが、長時間使用するとVFOの周波数変動が数100Hz程度あります。
 VFOの可変幅は約500kHzです。
 7MHz拡張バンド対応、21MHzフル対応ですが、50MHzは50-50.5MHz迄です。
 AM/FMがありませんので、実用上不利な点は無いと思います。
 ゼネカバ受信はありません。
 アンテナコネクタが7/21MHzと50MHzの2つに分かれています。

その他

 メーカ修理対応は終了しています。
 基本的に早く応募があると当選の可能性が高いです。
 年齢の長幼は特に重視しませんが、文面を見て今後のやり取りに問題がありそうな方は不利になります。
 応募が無かった場合の募集期間延長は致しません。

それでは応募をお待ちしています。

| | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

9/4(日)に徳島市でFCC試験を開催します。

9/4(日)12:30よりとくしま県民活動プラザにてアメリカのアマチュア無線資格試験を行います。
詳しくはVE四国のWebをご覧下さい。
パスポートは必須ですのでご注意ください。
また、事前申し込みされた方のみが受験できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

中国地方ハムの集い

P1


地元なので行ってきました。
車で30分ぐらいでした。

P2
P6

FT-891です。
FT-991ベースの設計で、基本性能は同等とか。
V/UHF、内蔵ATU、カラー液晶以外はほぼそのままの機能です。
もちろんUSB接続でデジタルモードやリグコントロール、CWキーイング可能です。
FH-2も対応だそうで、タッチパネル操作が不要になるので移動運用時のCQ連発が楽になりそうですね。

P3
P7

非常に良い内容でした。
経済的時間的に余裕のある方はどんどん行くべきです。

P4

OMのラウンドQSOと思われる番組収録を行っていました。

P5

空間から100VAC 30A程度を取り出す研究をしているそうで、実用化したら車は全部電気自動車、エネルギー問題、ひいては貧困問題は解決ですね!

P8

JARLのイベント時に入会すると入会金免除だそうです。
新規の方はもちろん、継続忘れの方には多大なメリットですね。

抽選会はハンディ機は子供に行ったようです。
私はボールペンでした。

来年は山口県だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月17日 - 2016年7月23日 | トップページ | 2016年7月31日 - 2016年8月6日 »