« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

関西ハムシンポジウムでFCC試験

P1

外国人の方が複数受験されて(本来の目的ではありますが)国際交流になったのではと思います。
One day 含むExtra合格者が出て、受験者全員CSCE受領となりました。
また受験説明会が午前午後の複数回開かれました。
次回受験されることを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

PCとデジタルモードI/Fの募集は締め切りました

そのまま繋ぐことのできる機材をお持ちの社会人の方へ決定しました。
今回複数名の応募がありましたが、全員私より年上の方でした。
活用されることを切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

【受付終了】アマチュア無線局を開局している方に自作デジタルモードI/FとノートPCをさしあげます(1/22いっぱいまで)

以下はすでに受付終了しています。
応募なさらないようお願いします。
--------------------------------------------------------------------
今回はいつもと違うものです。
アマチュア無線用ではありますが、トランシーバやアンテナではありません。
誤解のないようお願いします。
いつもとは募集要項が異なりますのでご注意下さい。

P1

NEC Lavie S LS150/CSです。
スペックは以下の通りです。

P2

ノートPCですが、テンキー付きの珍品です。
OSは将来も安心のWindows10 Home 32bit(2017/1/14現在の Windows Update済)です。
メモリは1GB×2枚で2GB搭載です。
4GB以上載せたら64bit版も動くと思いますが未確認です。
HDDは120GBぐらいだったと思います。
HDMI端子搭載です。
USBは全部で3つあり、左側に1つ空きがあるので追加でプリンタやUSBメモリを刺すことは可能です。
3Dゲームには向きませんが、アマチュア無線関係で使う分には何でも大丈夫だと思います。
有線/無線LAN対応です。
動作確認用にTurbo HAMLOG,MMVARI,CwGet(レジスト未),CtestWinをインストールしてみました。
OSと上記以外のソフトウェア以外は何もインストールされていません。
年賀状ソフトや無料のOffice Mobile等必要な場合は当選者で購入して下さい。

Windows 10 HomeのOS媒体はありませんので、廃棄時はコントロールパネルから初期化を行って下さい。
また、ここのツールを今すぐダウンロードで、インストール媒体を作成するツールが入手できます。

デジタルモードI/Fはこちらのものです。
上記ソフトとFT-817にてUSBサウンド、PTT.CWキーアウト、CATの動作を確認しました。
CATについてはトラブル防止のため各ソフトで無効にして送付します。
FT-8x7用だと思って下さい。
コネクタを交換するとICOM CI-Ⅴでも使えるかもしれませんが未確認です。
USB右側奥(電源スイッチ右側)のコネクタに差し込んだ場合に、OSからは以下のように見えています。

P3

COM3がCAT、COM4がPTT(RTS),CW Key(DTR)です。
違うUSBの口に刺すとおそらくこの通りにはなりません。
サウンドデバイスが複数存在することになるので、警告音が出なくなるなど起きるかもしれません。
defaultなど選ばずに、ソフト側で適切に選択して下さい。
なお、OSの警告音等は出さないよう設定した方が無難です。
よくお空で聞こえますので...。

データ端子はminiDIN6ピンです。
FT-817,857,IC-7000で動作確認をしています。
送信音声は1200bpsの端子に繋がっています。
CAT端子はminiDIN 8ピンです。
FT-817,857で動作確認をしています。
CWキーアウトはモノラルミニジャックです。
ブレークインONの状態で、FT-817,857,IC-7000で動作確認をしています。

参考までにJT65-HFとCwGetのスクリーンショットを載せておきます。

P4
P5

お渡しするもの

 PC本体、ACアダプタ、MSマウス、自作デジタルモードI/F

条件

・日本で個人のアマチュア局を開設していること
 社団局は今回は対象外といたします。

・デジタルモードI/Fは痛いラッピングがあるが、許容できること
 剥がしてもらっても結構ですが、使う上で必要な内容が書かれているので注意して下さい。

・都合により募集取りやめを行う場合があります

今回は年齢の限定は致しません。
また、今まで応募してくれた方(は毎回構わないのですけど)、当選した方も問題ありません。

送付について

 送料は着払いでお願いします。※
 ヤマト運輸の宅急便か、日通のパソコンポを使用予定です。
 当方は岡山県在住、100サイズ程度になると思います。

申し込み方法の詳細

 以下の内容を私宛に電子メールで送って下さい
 メールアドレスは右側のプロフィールにあります。
 受け付け確認に必ず1度は返事の電子メールを出します
 当選者にはその旨別途通知しますが、締め切りを過ぎても返事が無ければ残念ですが落選となります
 受付期間前に受付終了する場合もありますので、早めの応募をお勧めします

応募電子メールに必要な内容

・名前
 姓名両方です

・現在の年齢
 学生の場合は中学2年生とかの表現で可
 社会人の方は20代、30代という表現で結構です。

・都道府県までの住所
 応募時には詳細を書かないでください
 日本国外在住の方はすみませんが対象外とさせていただきます

・個人局アマチュア無線のコールサイン
 現在の免許内容の確認に使用します。

・接続予定のトランシーバ型番
 現在の免許内容と突き合わせて、あきらかにおかしい場合は不利になります。

・応募の動機、当選時にどう使いたいかのアピール
 この内容を一番重視します。

応募締め切り

 2017/1/22(日)いっぱいまで
 応募多数の場合は締め切りを早める場合があります。
 諸事情により応募中止となる場合もあります。

免責

 現時点での動作は確認済です。
 しかし自作品ですので修理が出来ません。
 プラスチックケースのためノイズ対策が甘いので、10Wを越える高出力や高SWR環境では回り込みで誤動作を起こす場合があります。
 PCはジャンク品を修理したものです。
 到着後の動作については一切の保証、サポートは致しません。
 今回はコンピュータがらみなので、ハード不良の他にソフトの設定不良が起きる可能性があります。
 私はサポート係ではありませんので、一切関知しません。
 特にソフトウェアは動作確認用に架空のコールサイン等設定しているため、そのままでは使えません。
 現在分かっている不具合は、バッテリーがほとんど持たない、バッテリーが空になるとBIOS SETUPが異常になり内蔵時計が狂うことです。
 この現象が起きた場合は再設定を行えば使えます。
 ACアダプタを繋いで通電状態にしておけばまず起きないと思います。
 デバイスマネージャで見ると1つ認識されていないデバイスがあります。
 SDカードリーダだと思われますが、気になる場合は当選者で解決して下さい。
 今のままでもSDカードは読めます。
 到着時故障していた場合は返却不要です。
 環境に配慮して、適切に廃棄処分して下さい。
 デジタルモードに使う場合は変更申請が必要ですが、こちらではそれがなされたのかの確認が不可能なため、ご自身の良心で手続きをお願いします。

その他

 基本的に早く応募があると当選の可能性が高いです。
 文面を見て今後のやり取りに問題がありそうな方は不利になります。
 応募が無かった場合の募集期間延長は致しません。

それでは応募をお待ちしています。

| | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

1アマCEPT HAREC準拠の英文証明書を受領

海外のCEPTなライセンス受け入れは昨年12/21より発効とのことなので、逆パターンで中国総通に英文証明を申請してみました。
火曜に投函して土曜に到着...めちゃくちゃ早いです。

P1

本文は当然CEPTの文字があり、英語、フランス語、ドイツ語の表記があり(英文証明の域を超えている)、おそらくCEPT諸国で「長期運用許可」を得るための確証として使えると思います。
最悪誰が出したか書いてあるので、現地で資格について揉めても問い合わせをしてもらえると思います。

英文証明の申請方法はJARL Webにあります。
費用は無料です。
申請書のほかに従免とパスポートのコピー、82円切手を貼ったSASEが必要なだけです。
渡航予定地は日本に一番近いのは香港でしょうかね。
1アマを持っている方で相互運用協定外のCEPT諸国に行く予定の方は貰っても良いでしょう。
行使するにはオリジナルの従免とセットなので、忘れずに。
おそらく現地ライセンス申請には局免の英文証明も必要だと思います。

現状短期運用許可は主管庁の好意で貰える可能性は無くは無いですが、この英文証明書はT/R61-02(HAREC)とあるので、長期滞在者向けが前提と思われます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

FT-707S 募集終了しました

北陸地方の中学生の方に決まりました。
応募ありがとうございました。
TwitterのDMでクレクレいうのがいましたが、毎回電子メールでの受付とさせていただいています。
Twitterは経営危機なのでいつ終了するか分かりませんし、確証送付の都合もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

1/6現在応募者がいません(4アマ以上をお持ちの未成年でHFで運用を始めたい方にFT-707Sをさしあげます(1/8いっぱいまで募集))

先の募集記事に対して本日現在応募がありません。
1/8(日)いっぱいまで待ちますのでお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

【募集終了】4アマ以上をお持ちの未成年でHFで運用を始めたい方にFT-707Sをさしあげます(1/8いっぱいまで募集)

以下は募集終了しています。
応募なさらないようお願いいたします。
--------------------------------------------------------------------------
お正月ですので、昨年末入手したトランシーバをお年玉として手放したいと思います。
現在4アマ以上をお持ちの未成年の方に、八重洲無線の往年の銘記、FT-707Sを差し上げます。

P1

八重洲無線の小型のHF固定機、FT-707Sです。
おとうさんやおかあさんが子供の頃に放送していた西部警察というドラマに登場したことがあります。
出力は10Wで、4アマの上限いっぱいが出ます。
バンドは3.5-28MHzまでWARCバンド(10/18/24MHz)を含めて出ることが出来ます。
モードはSSB/CW/AMに出ることが出来ます。
混信除去機能のWIDTH、PTTを押さなくてもしゃべると送信になるVOX機能を内蔵しているので充分な実用度があります。
7MHzはフルサイズダイポールアンテナがあれば10Wで充分日本全国と交信できると思います。
WIDTHはよく切れるので、CWであればそのままでも海外との交信が夢では無いと思います。
暖かくなって21MHzが開けるようになれば小さいアンテナでも遠くまで届くかも知れません。
技適機ではありませんので、JARDやTSSの保証認定を通す必要があります。
費用はTSSが開局時は4800円、変更時は3000円(台数制限無し)、JARDが開局時に4000円、変更申請時に3000円(いずれも1台のみ)です。

希望の方は以下の条件をよく読んで私宛に電子メールを送って下さい。
この記事へのコメントは一切受け付けません。
メールアドレスは右側のプロフィールにあります。

※必ずこの記事はパソコンで読んで下さい

お渡しするもの

 FT-707S本体、DC電源ケーブル、社外品マイク、自作アンテナチューナー(7-18MHz程度まで使用可能でアンテナマッチングをLEDで表示)、アルインコ5A電源DM-005です。
 FT-707Sはジャンク品をレストアしたものです。
 周波数カウンタの同等品交換、サービスマニュアル掲載の定数変更を行っています。
 取扱説明書は八重洲無線のWebからダウンロード出来ます。
 ページ数が多いためこちらでの印刷はしません。
 ご自身で用意して下さい。
 電源以外の周辺機器はblogに掲載したものばかりですのでよく読んで下さい。

条件

・2017年1/1現在20歳に達していない方
・日本でアマチュア局を開設できる従事者免許をお持ちの方
 国試、講習会、日本国内で行使できる相当資格の外国免許いずれでも可です。
 応募時に所有資格の確証を提出していただきます。
・個人局を持っていない方は必ずこの無線機で開局申請を行い、後日コールサインを教えてくれること
 これは当然だと思います。
・個人局を持っている方は必ず申込時にコールサインを教えてください
 こちらで免許内容を見ます。
 現在HFの指定が無い方に限らせていただきます。
・免許にかかる事務手続きや手数料、アンテナ等をご自身の小遣いで用意できること
 免許内容については後日確認します。
 明らかに何も行っていない場合は残念ですがその旨公表することがあります。
 当選者の方は到着後にまずは局免許申請を行って下さい。

 社団局は今回は対象外といたします。
 個人局開局の手助けと考えているからです。

・都合により募集取りやめを行う場合があります

送付について

 送料もこちらで持ちます。
 ヤマト運輸の宅急便を使用予定です。

申し込み方法の詳細

 以下の内容を私宛に電子メールで送って下さい
 メールアドレスは右側のプロフールにあります。
 受け付け確認に必ず1度は返事の電子メールを出します
 当選者にはその旨別途通知しますが、締め切りを過ぎても返事が無ければ残念ですが落選となります
 受付期間前に受付終了する場合もありますので、早めの応募をお勧めします

応募電子メールに必要な内容

・名前
 姓名両方です
・現在の年齢
 学生の場合は中学2年生とかの表現で可
・都道府県までの住所
 応募時には詳細を書かないでください
 応募者が複数いる場合、送料がいくらかかるかの判断に使用します
 日本国外在住の方はすみませんが対象外とさせていただきます
・所持している従事者免許の資格(4アマ等)・取得年
 外国免許の場合はどの国かもお願いします
・従免(相当含む)の画像
 内容は氏名、資格、生年月日、免許の年月日の確認のためです。
 それ以外の部分はマスクして下さい。
・既に開局している方はコールサイン
 現在の免許内容の確認に使用します。
 かかる費用が安いので、未開局の方よりは、ハンディ機1台だけでも良いので開局済の方が有利です。
・応募の動機、当選時にどう使いたいかのアピール
 この内容を一番重視します。

応募締め切り

 2017/1/8(日)いっぱいまで
 応募多数の場合は締め切りを早める場合があります。
 諸事情により応募中止となる場合もあります。

無線機の詳細

 FT-707Sは1980年発売のモデルです。
 3.5-28MHz 10W出力です。
 SSB/CW/AM対応です。
 FT-817には負けますが、小さく軽いので移動運用に向いています。
 アナログ機なので比較的消費電力が小さい(SSB送信時最大4A程度)です。
 12V 9AH程度のシールドバッテリーでSSBで連続2-3時間は遊べると思います。
 CWはVOXレベルを上げることでセミブレークイン可能です。
 CWフィルタは内蔵していませんが、WIDTHである程度は混信をカット出来ます。
 受信はゼネカバではありません。
 アマチュアバンドとその周辺のみを受信できます。
 将来3アマ以上を取られた場合は50Wリニアアンプを付ければパワーアップ出来るでしょう。

 同軸ケーブル、アンテナ関係等は住環境に依存するため一切入っていません。
 ご自身で準備して下さい。
 固定機でシールドが良いため、アンテナコネクタに何も繋がないと何も聞こえません。
 アンテナチューナーは自作品のため、おまけです。
 チューナー部分を取り払ってSWRブリッジとして使う方が便利かもしれません。
 なお、7/10MHzはアンテナチューナーに数mの電線を繋ぐと、とりあえずはマッチングを取ることが出来ます。
 受信には使えると思います。

免責

 現時点での動作は確認済です。
 しかし年代物であったり、部品扱いで修理が出来ない部分があります。
 メーカ修理はいずれも不可能で、故障時の補償はありません。
 また、私も修理できません。
 到着時故障していた場合は送料着払いでこちらから送った全品返送の受付のみ致します。
 適切に返送された場合は当然義務も権利も主張しません。
 返送されないが壊れていると主張された場合は、事実を公開させていただく場合があります。

その他

 基本的に早く応募があると当選の可能性が高いです。
 文面を見て今後のやり取りに問題がありそうな方は不利になります。
 応募が無かった場合の募集期間延長は致しません。
 あきらかに転売目的で応募される方が多数おりますが、若年ハムのすそ野を広げる、具体的には個人でHFを開局したい人を応援するために行っているため、趣旨に反すると思われる行為はご遠慮下さい。
 中古なのでリスクがあります。
 確実に動作しないと困る方は新品のトランシーバを買われることをお勧めします。

それでは応募をお待ちしています。

| | トラックバック (0)

1/29(日)FCC試験受験者募集中(関西ハムシンポジウム会場内)

1/29(日)関西ハムシンポジウム会場内で行われるVE Kobeチームによるアメリカのアマチュア無線試験の受験申し込みが始まっています。
時間は午前午後開始が選択できます。
受験希望者は必ず事前申し込みをお願いします。
事情により多くは英語表記となっておりますが、申込画面には日本語も併記していますし、試験時は日本語で対応可能です。

申し込んでおいてドタキャンは構わないのですが、当日の飛び入り受験はForm605を全部手書きでお願いすることになるので、内容確認に時間を取られ試験開始までの時間が遅くなり他の受験者に迷惑となりかねません。
STATION CALLSIGNは当然ながらアメリカのもので、日本のを入れても免許無し扱い(一番下のElement2からの受験)ですのでお間違え無く。
お持ちでない方は空白です。
同様に住所もアメリカのものです。
こちらは必須項目です。
試験室内は、アマチュア無線試験関係については仮想アメリカ合衆国です。
日本の住所やコールサインを入れても試験には不要な個人情報の授受になりますので、申込時はご協力をお願いします。
既にライセンスをお持ちの方は、ライセンスをプリントしたもの(Official copy)を忘れず持ってきてください。
これは必要書類です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年あけましておめでとうございます/C91新刊をAmazon Kindleで公開しました

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
昨年は休職ののち失職しまして、昨年12月よりポリテクセンターにて職業訓練を受けています。
良い就職口がありましたら是非とも紹介いただければと思います。

年始早々Amazonのレビューが完了しましたので、C91新刊2冊の公開を行いました。
Kindle価格は、
「青少年への中古アマチュア無線機譲渡活動報告」 B5 14ページカラー 300円
※紙版より値上げしていますが、内容はオールカラーになっています
「3000円しない中華スイッチング電源をHF100W機に使ってみよう!」B5 20ページオールカラー400円
です。
Kindle全機種で読むことが出来ます。
また、スマートフォンでもkindleアプリがあれば読めます。
Kindle Unlimited対応ですので是非ともダウンロードをお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »