« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

4/23(日)神戸市でアメリカのアマチュア無線資格試験開催

1月ありませんが、告知が出ています。
合格したらGWまでにライセンスが下りるかも、な微妙な日程です。
(すでにアメリカのライセンスをお持ちの方はすぐに合格したクラスの操作範囲内で運用できますが...アメリカ国内での話です)
多くの方の申し込みと受験を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ハムフェスティバルin香川でFCC試験

P1


今日は朝坂出でうどんを食べてイオンモール綾川でプリキュアドリームスターズを見た後丸亀市アイレックスで開催のハムフェスティバルin香川でFCC試験のお手伝いに行きました。
イベント本体はほとんど見ていないのでどうだったのかは不明です。
受験者は1人で、残念ながら去年の徳島に続いて合格者無しでした。
結果が出ないのはお手伝いに行く気力が萎えます。
結果もそうですが、受験者がほとんどいないので、来年の開催は再考することになりました。
受験者がいて会場が確保できれば開催はやぶさかでもないので、留学生でアマチュア無線を始めたい人がいるとかグループでグアムやサイパンへ旅行する予定などがありましたらVE四国へ連絡いただけるとありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

JD1BMT QSLカードをビューロー向けに発送しました

半年後位には届くと思います。
また、金曜までに到着のSASEは全数返信しました。
急ぐ方はLoTWやeQSL.ccで問題無いと思っていますが、ビューロー経由でPSE QSLと来ても返信出来ませんので悪しからず。
JD1BLYが父島から運用していたので、そんなに需要は無いと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

3/20(月祝)ハムフェスティバルin香川会場にてアメリカのアマチュア無線資格試験開催

残りあと1週間少しとなりました。
当日飛びこみでの受験は出来ませんので、必ず事前申し込みをお願いします。
受験資格はアメリカ国内に郵便の届く住所があること、だけです。
(但し受験時にパスポートにて本人確認を行います)
年齢性別国籍は問いません。
住所はレンタル私書箱でもかまいません。
ライセンスはPDFでの発行で、郵送は原則廃止されています。
(逆に言えば電子メールやパソコンでWebアクセスなどのインターネットを使える環境が必要です)

ハムフェスティバルinかがわは13:00開始ですが、入場はもっと前の時間から可能です。
10:30集合、11:00頃試験開始予定です。
希望があれば、受験者に迷惑の掛からない時間に試験についての説明会を行います。
興味はあるがいきなりの受験は躊躇されている方は話を聞くのも良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

JD1BMT Site 更新

交信結果、旅行記です。
左のまあべる本舗から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JD1BMT 母島での運用分をLoTW,eQSL.ccへアップしました

無事3/5夜に帰宅しました。
LoTW.eQSL.ccへはアップ済です。
私宛QSLカードの送付は不要です。
紙QSLは日本国内の局へは後日QSLビューロー宛てに1wayで送ります。
既にSASEが数通届いていますが、すぐには返送できませんので悪しからず。

JT65でのQSOですが、こちらがRR73を送っていないQSOはNILだと思って下さい。
ノイズが多い環境のため、ぎりぎりの場合は復号できていません。
また、グリッドロケータを送ってこず、いきなりS/Nのみを送ってくる局が結構いました。
著名なDX'erの方でもです。
グリットロケータで到達距離を集計していますので、今後はそのようなことの無いようお願いします。
また、力は正義的にオンフレでパワーを入れている局も散見されました。
S/Nの差が極端な場合は疑問に思えました。
-01dBをもらってもそれはこちらの耳が悪いことを証明しているようなものなので、少しもうれしくありません。
その他種種の理由でNILにしているQSOが多々ありますのでご了解ください。

For DX.
Sorry,I can't send QSL Card via buro.
Please use eQSL.cc or LoTW.

I can accept via Direct QSL. (SAE+1IRC or 2US$)
See QRZ.com.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »