« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月26日 (木)

Gigast Ver3でMX-P50Mの送信スプリアス測定

P10
P11

Gigast Ver3で送信スプリアスを測定してみました。
FT-817 14.125MHz CW 5W のアンプON/OFFです。
見て分かる通りベアフットの状態でもスプリアスが見えます。
本来はそんなことはまずありません。
GigaStは測定器では無いので、お遊びの範疇です。

スパン10MHz 5W
P3

スパン10MHz 50W
P4

スパン50MHz 5W
P5

スパン50MHz 50W
P6

スパン500MHz 5W
P7

スパン500MHz 50W
P8

立っている棒の本数よりも、5Wと50Wを比べて全く違う棒が立っているかという観点で見ることをお勧めします。
話に聞く200MHzあたりのスプリアスは、たしかにありそうですが、LPFを入れれば十分抑圧できるのではと思います。
最低スパンが10MHzとかなり広いので何と無しにしか分かりませんが、優秀なのではと思います。
ちゃんとした機材で測定したい気はします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QRP機用HF 45Wリニアアンプ MX-P50Mを入手

P12

中華市場でFT-817用として安く売っているMX-P50Mを入手しました。
VK2QRのレビューを見て良さそうだと思い手配しました。

現在送料込みで16,666円程度のようです。
モバイルアプリで買うともう少し安いので、Webで調べてお気に入りに入れてからスマホで決済すると良いと思います。
なにせ相手は中華なので、VISAプリペイド等引落額を制限できるカードを使って、不正な引落が無いよう注意することをお勧めします。
当然ですが説明書の類は一切無いので、自分で何とかなる人限定です。
若干高くなっても良ければeBayにもあります。

P13

中身は結構まともです。

P14

ケーブルは電源とPTT制御が出ています。
PTT用にminiDIN8ピンオスとミニステレオプラグが付属していますが、当然結線されていません。
自分でハンダ付けさせるのがアマチュア向けでいいですね。
ACC端子のTX GNDと赤、GNDと黒を接続します。
丁度手持ちでメスもあったので、CAT用のTXD/RXDを引き出しました。
ALC,バンドデータ、TX INHは使うことが無いので繋いでいません。
このリニアはALCが無いですが、使っている石がMRF186で、800MHz-1GHzで電源24Vで100W以上出るらしいです。
13.8Vで使ってはいますが、オーバードライブにはならないと思います。

P15

5W入力で50W出ています。
50Wリニアは通常60W程度は出るので、50Wなら45W表記は正直で良いと思います。
保証認定はブロック図に30MHzカットオフのLPFを入れておけば降りるんじゃないかと思います。
実際バンドパスフィルタは入っています。
手で切り替えですが、実使用では問題無いと思います。
バンドを大きく間違えるとほどんと出力が無かったです。
対応バンドは3.5-28MHzですが、バンドパスフィルタをスルーすれば石の仕様からもっと上、少なくとも50MHzは行けるのではと思います。
実使用には厳しいと思いますが。
蛇足ですが、全てダミーロード接続で試験しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

アマチュア無線家専用SNS hamtter.net 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V2.0.0) #hamradio

P3

アマチュア無線家専用SNS "hamtter.net"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。
Mastodon最新版V2.0.02で稼働しています。

https://hamtter.net/
ですので、必ずsを忘れないよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小笠原諸島旅行記7を書きました

左のまあべる本舗から。
交信内容の分析、現地の様子等です。

なお、今回分のQSLカードの印刷を行いました。
数日SASE請求待ちをした後にJARLビューローへ送付します。
LoTW,eQSL.ccにはすでにアップ済ですので、特別な理由がない限りSASEでの請求は避けて、ビューロー経由での到着をお待ちください。
なお、過去のQSO分が届いていない等理由がある場合は、QRZ.comを見てSASEにて請求いただくと(請求内容が正当な場合は)発行いたします。
この場合、請求者のQSLカードは不要です。
交信内容の事実と、返信先住所氏名を書いて82円切手を貼ったはがきサイズの入る返信用封筒をご送付ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

本日父島より帰りました #hamradio

台風接近によりおがさわら丸の父島出港が早まったため、昨日竹芝桟橋へ到着、本日帰宅しました。
現地での運用は10月19日(木)午後から21日(土)早朝までとなりました。
期間短縮は自然災害が理由ですので悪しからず。
LoTW,eQSL.ccには既にアップロード済です。
既に何通かSASEを頂いていますが、夜行バスにて暴風雨の中を帰ってきた関係上体調が優れません。
返事が遅くなりますことを先にご案内しておきます。
また、アワードでどうしても紙のQSLカードが欲しい場合でも、全QSO分をビューロー経由にて送付いたしますので到着までお待ちください。
こちらはQSLカードを積極的に頂く理由はございませんのでビューロー経由での送付は結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

アマチュア無線家専用SNS hamtter.net 利用者募集中です(Mastodon最新版V2.0.0RC2) #hamradio

P4

アマチュア無線家専用SNS "hamtter.net"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。
本日リリースのMastodon最新版V2.0.0RC2で稼働しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

アマチュア無線家専用SNS hamtter.net 利用者募集中です(Mastodon最新版V2.0.0RC1) #hamradio

アマチュア無線家専用SNS "hamtter.net"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。
本日リリースのMastodon最新版V2.0.0RC1で稼働しています。
P4
メジャーアップデートですが、はっきりした違いはエラー画面でMastodonが動く!ぐらいでしょうか。
絵文字が強化されて、:とそれらしい文字列(例えば:sun)を入れると候補表示がされます。
P5
もちろん今まで通りの入力も可能で、カテゴリが増えています。
P6
管理機能はかなり強化されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

再生式2石1IC短波ラジオの製作 #radio

P4

もうちょっと感度のあるラジオを組みたくなったので、こちらを参考に再生式を作ってみました。
20年近く前のネタなんですけどね。
元記事には超再生と書いてありますが、実機はクエンチングノイズは無く、また間欠発振している様子も無いので再生式と理解しました。

P5

中身です。
基板自体は小さく出来ましたが、周辺の部品が大きいのでどうしても大きな箱になってしまいます。
コイルは巻き数の多い側をより多く巻いて、オリジナルの8階でタップを出してアンテナ側とショートでオリジナル通り、開放でもう少し低い周波数をカバーにしました。
ただし低い周波数の再生が掛かりにくくなります。

P6

スピーカはジャンクの200円のもので、前につけたかったですが大きいので横にしました。
うるさい位に鳴ります。
裸だと小さい音でしか鳴らないので、音量重視ならある程度の大きさの密閉型のケースは必要です。

なかなか楽しめました。
回路図のVR 100kΩBカーブで再生の掛かり具合を調整します。
慣れないうちは一番左の再生が掛かっていない状態で受信して、再生つまみをちょっと上げてはチューニングの取り直しをしていくと高感度で受かります。
最初Aカーブで作ってしまいましたが、Bカーブにしないと使いにくいです。
アンテナが無いと聞こえません。
現在10m程度のロングワイヤを繋いでいます。
ラジオNIKKEI、中国国際放送、KBS World、チョソンの声など聞こえました。
実用的にはオリジナルのままで作る方がいろいろ聞こえて良いと思います。
ローバンドは同調できるだけで感度はいまいちです。
しかし、部品代だけで3000円は掛かるので(バリコンは特に高い)、ホームセンターでアンドーあたりの棚ラジオを買う方が実用的でしょう。
1ダイヤルで10MHzものカバーをするのでチューニングが難しいです。
低容量のバリコンを並列に付けてファインチューニングにしたり、やはり低容量のバリコンとコイルにタップを多数用意してチューニング範囲を狭めて多バンド化しないと実用には厳しいと思います。
いくら再生回路で帯域を狭めることができると入ってもスーパーヘテロダインのようにIF周波数が一定=狭い固定のフィルタが使える、という技は出来ないので、チューニングの問題が解決しても選択度の問題は解決しないです。
当然ながらボディエフェクトがかなりあります。
金属ケースに入れるとかバリコンの軸をなるべく非金属にするとか対策が必要です。
音質はストレートラジオらしく素直です。
電源はダイオードを使った定電圧発生回路やLM380が大食いなので、6Vでは動作しなかったです。
説明通り9V以上必要です。
現在単三8本で12Vで動作させています。
1.5Vで動作するFET1石再生ラジオなるものもあるそうなので、一度挑戦してみたいです。
省エネの1.5V動作がいいですね。
トランスでインピーダンス変換すれば何とかスピーカを鳴らせないかな。
そちらの記事によると再生量はVRよりバリコンで調整する方が深く掛かるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

科学教材社の2石短波ラジオに低周波増幅器を付ける

P4_2

感度が悪いのはストレートラジオである限り仕方無いのですが、せめてスピーカをがんがんに鳴らしたいのでアンプを作ることにしました。
流用したいので別体にしました。
消毒綿の入っていたケースを流用です。
中央にボリューム、左右に入出力。上に電源スイッチです。
基本的に手持ちの部品を使いました。
スイッチ付きボリュームがあれば良かったのですが、スイッチ別体になってしまいました。
LM386NはGAWANTを買ったときにタダでもらったものがあったはずなのですが、見つからず買いに行く羽目に。
スイッチも買ったのでついでではありますが、部品代は1000円を超えてしまいハードオフでアンプ内蔵スピーカを買う方が安く着いたという結論です。

Lm386

LM386Nはコンデンサ3つだけでアンプが作れる優れものです。
固定抵抗が不要なんですよ。
1-8に10μFの電解コンデンサを入れるとゲインが200倍、つけないと20倍です。
200倍は発振を起こしやすくなったのと20倍でも十分大きな音が出たので外しました。
並列に入れている0.01μFは最初は無かったのですが、発振を起こしやすかったので入れました。
電源の220μFが単に手持ちの関係で、100μFが良いかも知れません。
逆に出力に入っている100μFを220μFにして高域を削った方が発振対策で良かったかも知れません。
ここも10Ωと0.01μFをアースとの間に入れると発振対策だそうですが、10Ωの抵抗が無かったので省略しました。

音量は20倍の状態でもボリュームを半分も回さなくても十分あります。
当然大きな音が出ると発振します。
電池がへたりかけていても発振しますね。
スケルチがかかったような動作をして、ある程度の入力がないと静か、急にドカンと出力があるが繰り返して発振みたいに聞こえることもありました。
006Pは入手性にやや難があるので、3Vぐらいで動くICの方が良いですね。
音は良いと思いますし、ハム音は感じないです。

P5_2

実装状態です。
ネジ1本でユニバーサル基板を留めています。
スイッチが2回路あれば電源オフでスルーが出来て今回の目的にぴったりなのですが、買うと高いので...。
入力が直接VRなので、直流が掛かった入力だと良くないかも知れません。
直列にコンデンサを入れた方が安全ではあります。
短波ラジオも出力トランス2次側で繋いでいれば大丈夫ですが、イヤホンを外して単に直結だとプラス接地なのでトラブルになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科学教材社の2石短波ラジオキットで遊ぶ

P4
P8

物置をあさっていたら、おそらく10年以上前に神田の科学教材社で買った2石短波ラジオキットを組み立てたものが出てきました。
ベークのフロントパネルにかまぼこ板、レシーバがクリスタルイヤホン(に見えるけど実際はセラミックイヤホン)にラグ板に組み立てるのがおさーんの私にとっては超萌えです。
電池も当時の物と思われる黒パナが入っています。
試しに5m程度のロングワイヤアンテナを繋いでみると、聞こえますよ!

とはいえ不満点があります。
・感度が低い
 まあこれは仕方無いでしょうね。
・受信カバー範囲が4-6MHz程度みたい
 もうちょっと下に出来れば良いのですが
・イヤホンでしか聞こえない
 スピーカがんがんは無理にしても一応電池で動くのでどのくらい鳴らせるのか実験します。

まずは回路解析です。

P5

説明書紛失で現物を見て描いたので、正確である保証は無いのでご了承ください。
よくここまで簡略化出来たなと感心します。
マイナス接地ではなく、プラス接地に見えますね。
おそらく高周波増幅+トランジスタ検波だと思うのですが違うかな。

まずは受信カバー範囲の調整です。
バリコンはよくある中波用のもののようです。
コイルはエナメル線と思われる電線で12回巻でした。
もう1回増やしたら下が3.8MHzまで下がるかなと思いますが、長さを伸ばすことは出来ないので巻きなおしです。
手持ちの0.32mm UEW線で15回巻から始めて12回巻で大体3.8-7.3MHz程度までカバーするようになりました。
ボビンがガラケー用乾電池充電器の筐体で、単4を4本入れるようになっていて直径27mmぐらいでした。
確か説明書ではフィルムケースに巻けと書いてあったと思いますが、既に死語ですね。
もうちょっと太かったと思うので手に入る方はそれで挑戦してみて下さい。
現代的にはトロイダルコアに置き換える方が良いでしょうね。
バリコンの容量が286pF程度だったと思うので、3.8MHzで6.1μHぐらいになると思います。

P9

カバー範囲の追い込みはディップメータのAM変調機能を使って発振させて巻き数調整しました。
ディップメータも死語ですね。

次に単体でスピーカを鳴らせないかです。
回路のMod 1はイヤホンを外してトランスKT-30の後にST-32を繋いで、二次側(2本出ている側)にヘッドホンジャックを付けてマグネチックイヤホンやダイナミックスピーカを鳴らしてみる実験です。
結果はマグネチックイヤホンではほぼ実用的な音量で、スピーカでも耳を近づけたら強い局が聞こえる程度になりました。
Mod 2は、トランスが2つ連続するのはロスが大きいのでST-32の1つだけにしてみました。
結果は強い局ならスピーカから1m程度離れても聞こえるようになりました。
何でもやってみるものです。

P6
P7

改良後です。
見た目が悪いのでちゃんと作り直した方が良いですね。
元からついているトランスのKT-30がそのままですし。
どうせならコイル含めて新たに作ってみたいです。
消費電力が殆ど無いので、非常用に持っておこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

50Ω系アンテナ端子用中波バーアンテナの再改良 #hamradio

P4_2

全くのネタですが、以前中華交易で間違って届いた垂直ロッドアンテナを装備しました。

Barantennamod_2

回路的にはバリコンのホット側に繋いだだけです。
中波では波長が数100mですからほとんど無視できる長さですが、意外と効果があって信号強度がS1つぐらいは上がりました。
何でも試してみるものです。
ついでにハイバンドをコイルの巻き数の少ない側にしてみました。
結果ですが、2500-4200kHz程度に同調するようになりました。
1MHzほど中抜けになってしまいますが、75mbバンドをカバーするようになったので使い勝手が良くなりました。
3250kHzのチョソンの声や、3925/3975kHzのラジオNIKKEIが聞こえるようになります。
受信機がSSB/CWに対応していればアマチュア無線の80mバンドが聞こえるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50Ω系アンテナ端子用中波バーアンテナの改良 #hamradio

動作は良好ですがバラックなので持ち運びには不安があります。
ちゃんとしたケースに入れることにしました。

P4

なんちゃってジャイロアンテナですね。
オリジナルはバーアンテナだけが回るので、SMAコネクタで回すのはなんちゃってですが。
ねじ込みが緩んでしまうのでやらない方が良いです。

Barantennamod

せっかくなのでスイッチを付けて帯域幅を拡張します。
コイル2連と片方だけの切り替えです。
結果ですが、ローで600-1800kHz程度まで、ハイで700-3000kHz程度までのカバー範囲になりました。
重なる範囲がかなり広くて、バンド分割した意味があまり無いですね。
中短波が中途半端に聞こえてもあまり意味が無いので、むしろコイルはローのままでバリコンへコンデンサを並列に入れて長波対応にした方が良かったかもしれません。
60kHz位まで行けたらJJYが聞こえて面白いですが、長波もあまり局がいません。
3250kHzのチョソンの声はぎりぎりカバーするかしないかという感じです。
長い方のコイルを残しましたが、短い方のコイルを残した方がもっと上の周波数まで伸びて面白いかも知れません。
少しコンデンサを抱かせる+ハイは短いコイルにして長波から中波1000kHz程度までと、1MHzから5MHz程度に切り替えが出来ればかなり使い勝手が良くなるのですがうまく行くでしょうか。
スイッチがもう1つ付けれたらLとCのON/OFFにしたいのですが。
折を見て実験してみましょう。

P5

内部です。
かなり窮屈なので、配線がショートしないよう保護しています。
バーアンテナは本来は熱収縮チューブでカバーするのが良いと思いますがビニールテープを巻いただけにしました。

P6

長物のバーアンテナはU字型に切ってはめ込みました。
端子を切って分解すればコイルとフェライトバーに分割できるので本来はそうして円形の穴だけあけて組み付けた方がスマートでしょうね。
ごまかすためにグルーガンで隙間に封をしようかと思いましたが、裏蓋をすれば動かないのでやめました。
閉めてしまうと回路変更がやりづらくなりますからね。

周波数カバー範囲については要検討ですが中波用としてはいい感じに出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »