« mcHF QRP SDRトランシーバのJARD保証認定通過 | トップページ | FreeDV双方向通信試験成功だが »

2017年11月25日 (土)

FT-817でFreeDVを試してみる

P4_3

FreeDVの免許が下りたので実験です。
PSK31 I/Fで無線機と繋いで、さて人間側はどうしようかと思ったら大昔のBluetoothヘッドセットが出てきたの使ってみます。
ヘッドセットだけで音楽再生には使えない(A2DPが無い)のでほとんど活用されていなかったのですが、どうでしょう。
別にFT-991で環境を作って対向させます。

P5_2

オーディオデバイス最低2組いるので、てんこもりですね。
少なくともFreeDVのソフトから見ればヘッドセットでも音声入出力出来るようです。
サンプリングレートはどれも44.1kHzのようです。
全て同じではないとうまく動かないらしいですね。
同じデバイスでMMEとDirectSoundがありますが、性能が良さそうな後者はうまく動かなかったです。

P6

FT-991側での受信中です。
復調後は綺麗な音が聞こえます。
元の音をSSBで聞くとゴーという感じで、抑揚で聞こえ方が変化しないので同じシンボルがなるべく連続しないようスクランブルを掛けているのではと思います。
秘話が目的では無いのでおそらく公開された系列を使っていると思います。

逆のFT-991からFT-817ですが、これが聞くに堪えません。
ゴーというバックノイズがかなりひどいです。
一応しゃべると何を言っているのかはわかりますが。

BTヘッドセットの音声出力はビットレートを絞ったり肉声向けにチューンナップしてあり意図的に音楽が正常に聴けなくしてあるので、悪い方に作用したのかも知れません。
本当にFT-991側のPCのサウンド機能がおかしい可能性もありますが。
安物でいいのでUSBオーディオを入手して、再度比較した方が良いかも知れません。
結果としては失敗でした。
途中がBluetoothというのも不利な理由でしょう。
ISMバンドなので無線LANや電子レンジの干渉でジッタが起きやすいですし、データを入れてから実際に音になるまでのレイテンシも長そうです。

肝心の音質ですが、BERが良好な場合はあまり違和感なく使えそうです。
赤ちゃんのような発音がはっきりしない場面は多々あります。
ラグチューはきついかな。

FreeDVはIF DSPな無線機だとソフトだけでサポートできると思うのでやってくれるメーカがあればいいのですが、大手3社はD-STARやC4FMがあるので営業上出来ないでしょうね。
アルインコはHF機が事実上無いのと(無くはないがアナログ機)、V/UHFは独自仕様のデジタル音声があるのでこれも期待薄です。
オープンソースな無線機しか望み薄ですね。

|

« mcHF QRP SDRトランシーバのJARD保証認定通過 | トップページ | FreeDV双方向通信試験成功だが »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/66085730

この記事へのトラックバック一覧です: FT-817でFreeDVを試してみる:

« mcHF QRP SDRトランシーバのJARD保証認定通過 | トップページ | FreeDV双方向通信試験成功だが »