« 短波再生式?ゲルマラジオその2 | トップページ | 短波ゲルマラジオ用にコイルを手巻きする »

2017年11月 6日 (月)

短波再生式?ゲルマラジオその後

P4
P5

ケースがあまりにもあれなので、タカチのちゃんとしたケースに入れました。
小さすぎるので再生調整のバリコンは無理で、10pF固定にして詰め込みました。
一応午前中に中国国際放送が聞こえたのでいいでしょう。
もう少し容量の大きいコンデンサの方が良いのかもしれません。

P6

残った再生調整用の小容量(とはいえ最大150pFはある)バリコンに、ジャンク箱にあった1N60やら怪しいトロイダルコアで短波ゲルマラジオを作りましたが、ディップメータの信号を全く受信しません。
インダクタンスは実測25μH付近に調整したつもりで、計算上3-6MHz付近を受けれるはずです。
配線を間違ったかな?と思いましたが、そういやせっかくの大きな(FCZコイル比で)ケースなので筐体に巻いてみたらどうなるだろうかと思いつきました。
続きはまた!

|

« 短波再生式?ゲルマラジオその2 | トップページ | 短波ゲルマラジオ用にコイルを手巻きする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/66010835

この記事へのトラックバック一覧です: 短波再生式?ゲルマラジオその後:

« 短波再生式?ゲルマラジオその2 | トップページ | 短波ゲルマラジオ用にコイルを手巻きする »