« uBITXの内蔵エレキー有効化とマイクの製作 | トップページ | 12/31コミックマーケット93 東2W52a"まあべる本舗"でお待ちしています(頒布・展示物紹介) #C93 »

2017年12月27日 (水)

uBITXに45WリニアMX-P50Mを接続してみる

P4_2

PTT出力はそれほど難しい回路では無いので、PTT出力を作ってMX-P50Mを繋いでみました。
Arduino基板とメイン基板との間の16ピンコネクタの16ピン、一番端がTX/RX信号です。
5番ピンがGNDです。
リレーK1の出力側に繋いでも良いのですが、なるべくPTT信号の元に近い場所の方が、リニアが先に送信可能状態にならないといけないので妥当でしょう。
ArduinoのCPUよりマイク寄りからは、送信禁止のからみもあり取らない方が良いと思います。

あとは1kΩの抵抗経由で(トランジスタがONできる範囲でできるだけ大きい値が良いが)2SC1815のベースに入れ、エミッタがGND、コレクタがPTT OUTです。
せっかくなので抵抗とベースの間にLEDを入れて送信ランプにしました。
スピーカの右に穴を空けて取り付けました。

P5_2

ダミーロードを繋いでTUNEボタンを押して出力チェックです。
出力は3.5MHzで50W弱です。
まずまずですね。

P6

28MHzは10W程度です。
INPUT 2W程度でリニアアンプが5倍ぐらいのゲインですから、妥当な値です。

FT-2000DでSSBの送信音を聞いてみた感じでは歪んだ感じも無く使えそうです。
リニアは放熱を無視したらケース内に余裕で入ってしまいます。
冷却の問題があるのでそこまではしませんが。

|

« uBITXの内蔵エレキー有効化とマイクの製作 | トップページ | 12/31コミックマーケット93 東2W52a"まあべる本舗"でお待ちしています(頒布・展示物紹介) #C93 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/66206455

この記事へのトラックバック一覧です: uBITXに45WリニアMX-P50Mを接続してみる:

« uBITXの内蔵エレキー有効化とマイクの製作 | トップページ | 12/31コミックマーケット93 東2W52a"まあべる本舗"でお待ちしています(頒布・展示物紹介) #C93 »