« 姫路ミーティング | トップページ | ハムフェスティバルinかがわ »

2018年3月18日 (日)

Nano Pi NEOでDVMegaを動かす

パソコンでリフレクタはちょっと大げさなのでもっと消費電力の小さいデバイスを使いたいです。

P4_2

秋月電子で1680円と破格の価格で売っているラズパイもどきのNano Pi NEOPi-starが動くそうなので入手しました。
標準ではディスプレーすら映らない代物ですが、NasやWebサーバには良さそうです。
別途microUSBケーブルに5V電源、8GB以上のmicroSDカードが必要です。

P10

DVmega基板そのものをヘッダへマウントしますが、LANコネクタやUSBコネクタが邪魔で奥まで入りません。

P6

やっつけで延長ケーブルを作成しました。

P7

動作中の電流は200mAぐらいです。
5Wなので消費電力は1W位かな?
100均の安い電源でも一応行けそうです。
スイッチングなのでノイズが出るかもしれませんが。

P8

同じセグメントにいる他の端末からhttp://pi-star.local/でダッシュボードや管理画面が出ます。
かなり手こずりましたが一応緑が表示されています。
なぜかD-STAR以外のC4FM,DMRは単独受信設定にしても送受信してくれませんでした。
前の箱に入れたらそれらは動いたので、pi-starの不具合かも知れません。

P9

設定の肝はデバイス選択でしょう。
GPIO扱いです。

現在Nano Pi NEO用ファームは公開取り消しのようです。
大きな不具合があるのでしょうね。

P16

実際ダッシュボードで無線機が見えなくなります。

P17

正常だと無線機の名前が表示されます。
普通にラズパイか、中華で2000円ぐらいのOramge Piなどが良いのかも知れません。

|

« 姫路ミーティング | トップページ | ハムフェスティバルinかがわ »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/66508977

この記事へのトラックバック一覧です: Nano Pi NEOでDVMegaを動かす:

« 姫路ミーティング | トップページ | ハムフェスティバルinかがわ »