« コミックワールドプサン109のコスプレイヤーさん | トップページ | C4FM:TM-733GにDMRが使えるMMDMVモデムを繋いで実通試験 »

2018年5月 7日 (月)

DMR:TM-733GにMMDVMモデムを繋いだ変更申請が審査終了になりました

P4

一度補正を食らってしまいましたが、連休明けの今日に審査終了となりました。
補正の理由は書類の中身ではなく、「備考欄に何をしたいか書きなさい」という指摘でした。
局免の記載内容変更は一切無いですし、SASEを送れの連絡も無いので今日から10WでDMRを送信できることになりました。
高出力ホットスポットが設置できる訳ですので、DMRの普及の一助になると思います。
移動局側はハンディ機が1万円で、保証認定代入れても15,000円もあればD-STARより音質の良いデジタルボイスに出れる訳ですから、今年はDMR元年となるでしょう。
現状市販のDMR対応技適機は存在しませんから、モシモシ無線だけではつまらない技術派ハムの方には良い研究材料になると思います。
MMDVMですからD-STARや八重洲のFusionとも交信出来ます。
昨日Pi-Starのバージョンアップがあり、Fusion(C4FM)からDMRだけでなくP25やNXDNのリフレクタへのゲートウェイが実装されたので、C4FMファンにも人気が出そうです。

3アマ以上であれば50W機でも行けるかもしれませんので、挑戦された方がいましたら結果を教えて下さい。
見ての通り技適チェックありの状態で申請して、終段管や電圧などの情報は一切入れていません。
旧スプリアスの古い機種ですが技適は残っているので、JARDの新スプリアス確認申請は通せると思います。

申請スキームを再度書きますが、

1.データ端子のついた新技適機で開局なり送信機の増設なり取り換えなりで、とりあえず免許を得る
 ここではいらないことは書かず技適番号だけです。
 送信機の増設や取替は無料です。

2.変更申請で、「変更」としてモードの追加を行う
 無料です。

なお、この事例をまねて、「うまく行かなかった」という指摘は受け付けません。
50W機で通ったとか、違う機種で出来たとかの有意義な情報は歓迎です。

P5
P6
P7

|

« コミックワールドプサン109のコスプレイヤーさん | トップページ | C4FM:TM-733GにDMRが使えるMMDMVモデムを繋いで実通試験 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/66695200

この記事へのトラックバック一覧です: DMR:TM-733GにMMDVMモデムを繋いだ変更申請が審査終了になりました:

« コミックワールドプサン109のコスプレイヤーさん | トップページ | C4FM:TM-733GにDMRが使えるMMDMVモデムを繋いで実通試験 »