« ADF7021ワイヤレスモジュール(RF-7021SE)についているTCXOの周波数測定 | トップページ | DMR:FT-7800のD-STAR/C4FM/DMR対応変更申請が終わりました »

2018年5月30日 (水)

MMDVM:中華MMDVMモデムのファームウエアアップ

P5

3/27現在のビルドが公開になっています。
早速上げました。

P4

コマンド1発なので簡単簡単。
一応注意点だけ。

P6

ジャンパをショートさせて電源を入れるとDFUモードになります。
うまく入ったらLEDがこんな感じに光ります。
光るのは良いのですが、しばらくしたら全消灯してしまいます。
消える前にコマンド投入が必要です。
急げ!
HEXファイルはTera Term等に装備されているSSH SCPで事前にpi-star側へ置いておくと良いでしょう。
/tmpに置くと再起動時に消えるので、pi-starユーザのホームディレクトリに移動するなどして下さい。
あと、MMDVMHostが動いているとだめっぽいので、ps axでMMが付くプロセスをsudo killしてから作業する方が良いかも知れませんがやらなくても書き換わりました。
書き換え後は再起動しましょう。
変復調に少々難ありの無線機にも対応したらしく、変復調が少し安定した気がします。

下の5本のジャンパピンは外部ディスプレー用みたいですが、現在のところNextionでは動かないです。
配線は、


TX GND
RX 3.3V

みたいですが、TXとRXは逆かもしれません。
3.3Vなので、Nextonの赤線はGPIOの2番あたりから5Vを取らないと表示出来ません。
自分でファームをビルドしないと動かないかも知れません。

P8

なお、小さい方のJumboSPOTはsudo pistar-mmdvmhshatflash hs_hatで最新1.3.7に出来るようです。

P7

全然関係無いですが、今朝リリースのpi-star 3.4.15で外部ディスプレーのデザインが増えているようです。
Expert EditorにUpgradeが増えているので、マウス一発でバージョンアップ出来ます。
CSSがいじれるようになったので分かる人だとDashboardのデザインを改造出来ます。

|

« ADF7021ワイヤレスモジュール(RF-7021SE)についているTCXOの周波数測定 | トップページ | DMR:FT-7800のD-STAR/C4FM/DMR対応変更申請が終わりました »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/66777136

この記事へのトラックバック一覧です: MMDVM:中華MMDVMモデムのファームウエアアップ:

« ADF7021ワイヤレスモジュール(RF-7021SE)についているTCXOの周波数測定 | トップページ | DMR:FT-7800のD-STAR/C4FM/DMR対応変更申請が終わりました »