« MMDVM:POCSAGで漢字を送信したらどうなるか | トップページ | 姫路ミーティング »

2018年7月20日 (金)

MMDVM:POCSAG方式の無線呼び出し(ページャ)送信が許可される

P1

本日変更届が審査終了になり、おおっぴらにアンテナを繋いでPOCSAG方式で最大20W送信が出来るようになりました。
今回も全くケチがつかず10日間でストレートでした。
まあプロで公知な規格なので、まず大丈夫とは思っていましたが。
DAPNETでの送信機登録が日本初なので、アマチュアバンドでの無線呼び出しの許可も日本初だと思っていますがどうでしょうか。
受信側はFT-911+パソコン+PDWで復調は出来ていますが、携帯端末が未入手なので、今のところは自己満足にしかなりませんが。
安い端末入手のブレークスルーがあれば楽しそうではあるんですけどね。
受信だけなので免許申請不要ですし。
(DAPNETのID取得にはアマチュア無線の局免許が多分必要です)
DVmegaでは現状送信できませんが、JumboSpotや自作HotspotではPi-Starとファームウエアの更新で送信可能になるので諸元に入れておくと良いと思います。

|

« MMDVM:POCSAGで漢字を送信したらどうなるか | トップページ | 姫路ミーティング »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/66962245

この記事へのトラックバック一覧です: MMDVM:POCSAG方式の無線呼び出し(ページャ)送信が許可される:

« MMDVM:POCSAGで漢字を送信したらどうなるか | トップページ | 姫路ミーティング »