« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V2.4.5) #hamradio

P4

アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。
今朝リリースのMastodon最新版V2.4.5正式版で稼働しています。
セキュリティパッチとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V2.4.4) #hamradio

P4
アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。
今朝リリースのMastodon最新版V2.4.4正式版で稼働しています。
セキュリティパッチとのことです。

Mastodon 2.5系の話も出てきました。
リリースされればおいおい試したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

POCSAG:FT-817で使うUniPagerの設定

P6

みなさんお待ちかねのFT-817で実験してみました。
モードは普段は使わないPKTです。
FMでは無変調を送信します。
Fキー長押しのメニューで左下のエンコーダを回して、40 PKT Rateでメインダイヤルを回して9600にしておきます。
(40は機体によっては違うかもしれません)
なお、1200bpsのままでも送信は出来てしまいますが、音量の調整がクリチカルです。
お勧めしません。

P4

私の手持ちの機体ではInvertedチェックしないと復調しませんでした。
MMDVMモデムでも機体によってこの設定変更が必要な場合がありますね。
alsamixerの音量は50-100までどれでも復調しました。
60位が丁度良いでしょう。
PTT ONから実際のデータ送信を始めるまでの遅延、TX Delayは0で大丈夫です。

P5

ページャ実機向けでも文字化けせずに通っています。
さすがはオールモード機です。
きれいな変調です。
せっかくダミーロードを繋いだので手持ちの中華ページャがどれだけの周波数範囲を受信するか試したところ、430-436.99MHzでした。
海外では439.9875MHz統一なので、そのままでは使えないですね。
複数のバージョンがあるらしいので、買うときに周波数指定してみるのも良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

POCSAG:UniPager ラズパイと 無線機I/Fの製作

P4

せっかくなのでラズパイとデータ端子付き無線機のI/Fを作ってみました。
FT-7800の記事通りです。
電解コンデンサは22μF指定ですが、手持ちがなかったので100μFにしました。
高音が出ない=速い速度が出ないかも...。
スイッチングに使うトランジスタは2SC1815、ベース抵抗は470Ωです。

P5

接続です。
ラズパイ3 B+で、この向きでGPIO上側の列、右端から左に数えて5番目(9)がGND,6番目(11)がGPIO0です。

P6

音量はalsamixerで調節です。
日本語化されています。
カーソルキーの上下で調整です。
適当に50%にしたら一発で通りました。
なお、アイコムの無線機は変調を深くしすぎると保護回路が働いて突然PTTが効かなくなります。

P7

UniPagerでの設定です。
昨日との違いはGPIOを0にするぐらいでしょうか。
こちらのAudio Levelは0にしても127にしても同じに聞こえます。
alsamixerで調整が正しいと思います。
無線機側は必ず9600bpsの設定にします。
通信速度も512や2400bpsにしてもなぜか1200bpsで送信します。
もしかしたら再起動が必要がもしれません。
厳密にはバンドスコープで見て過変調にならない程度に抑え目が良いと思います。

送信はSend Messageに必要な内容を入れてSendをクリックです。
Statusの数字やアルファベットの四角が青くなっていない時間は送信権のスロット割り当て外なので、送信保留です。
しばらく待ったら送信します。

P8

PDWで受信させてみましたが、問題無いです。

P9

実機でも受信しました。
たまに文字化けしますが、エラー訂正はしないのでまあこんなものでしょう。
使う送信機にもよると思います。
オールモード機はきれいな変調になります。
いくらデータ端子があっても古いモービル機は周波数のジッタがあり、避けたほうが良いようです。
FTM-100Dはかなりきれいな変調らしいです

部品:
すべて1つづつです。
抵抗470Ω、トランジスタ2SC1815、電解コンデンサ100μF(指示通り22μFが良いと思います ラズパイ側がマイナスです)、モノラルミニプラグ、miniDIN6ピンオス、4芯ケーブル50cm、配線用ケーブル少々、ユニバーサルプリント基板。
ジャンク部品を使ったのでタダでしたが、新品を買っても1000円程度だと思います。
1時間もあれば完成すると思います。
常用する場合はケースに入れてきれいに作ってくださいね。

P10

DAPNETのStatusもちゃんとUniPagerになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

POCSAGページャを呼び出すUnipagerの起動実験

アマチュアバンド対応ページャを鳴らすのに送信機が必要です。
私のところにはMMDVM対応モデムやHotspotがあるので不要ですが、デジタルボイスなんぞ興味無し、ページャだけ興味ありという方向けに専用のソフトUnipagetがあります。
専用だけに通信速度が512/1200/2400bpsが選べるのである意味面白いかもしれません。
(MMDVM+Pi-Starでは今のところ1200bpsだけ)

構造的にはALSAサウンドドライバが動けばソースからビルドすれば何でも動きそうですが、ラズパイだとパッケージ化されています。
ここにインストールの方法が書いてありますが、ドイツ語なのでちょっと厳しいかな。
curlを使った方法がお勧めらしいですがちょっと気味が悪いので、ラズパイのRaspbianにapt installで入れる方法を和訳します。
変調音出力はラズパイ本体のヘッドホンが刺さりそうなオーディオ端子(PCM)を想定します。

/etc/apt/sources.list.d/unipager.list を以下の内容で作成

deb http://www.afu.rwth-aachen.de/debian unipager main
deb-src http://www.afu.rwth-aachen.de/debian unipager main

以下のコマンドでインストール
wget -O - http://www.afu.rwth-aachen.de/debian/rwth-afu.key | sudo apt-key add -
sudo apt-get update
sudo apt-get install unipager

サウンドデバイスを使うので、事前にラズパイの設定から内蔵オーディオ端子のPCMから音が出るか確認したほうが良いです。
私はHDMIになっていて、はまりました。

P12

終わると勝手にデーモン化されて動いています。
Webブラウザでインストールしたサーバのポート8073番(7388ではない)を開くと設定画面が出てきます。
例)hjttp://localhost:8073/
ブラウザは選ぶようで、FireFoxが無難だと思います。

P11

Auth KeyはDAPNETチケットシステムから申請して事前に取得しておきます。
ページャ側(ユーザ用)とは別に申請が必要です。
設定が正しいと下の黒い枠にConnection established. が表示されます。
オーディオ端子にヘッドホンを繋いでボリュームを上げ気味にしておきます。
一通り設定してSend Messageに適当に数字とメッセージを入れてSendボタンを押すとヘッドホンから変調音が聞こえると思います。

あとは無線機のデータ端子(9600bpsの方)に入れて過変調にならないよう程度に調整すれば終わりです。
詳しい接続方法はここに書いてあります。
FT-7800の接続法が参考になります。
マイク端子から入れたら、たぶん通りません。
PTTは最悪VOXで行けると思いますが(FT-857Dには装備されている)、GPIO端子やシリアルポートのDTR/RTSが選べるようです。
GPIOが余っていればベターでしょう。
トランジスタは2SC1815とかNPN小信号用なら何でも良いと思います。
用が無いので実験していません。
TESTをクリックでシングルトーンが鳴るのですが、かなり長い間送信します。
間違って押すと大変かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

コミックマーケット94サークル参加記を書きました

左のまあべる本舗から。
大井町駅の同人誌即売会や、東映アニメーションミュージアムねたもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

まあべる本舗C94新刊をAmazon Kindleで頒布開始しました


Amazon Kindleにてコミックマーケット94新刊の
「豪雨でポケベルが鳴らなくて、鳴らしてみた」 西日本豪雨についても扱っています
「今時の海外製HF QRPトランシーバを俯瞰する」 mcHF,μBitX,中国製45W HFリニアアンプMX-P50M
を公開しました。
頒布価格は各300円です。
パソコンやスマートフォンでも読めます。
Kindle Unlimited対応ですので、使える方は無料で読めます。
ぜひお買い上げください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミックマーケット94から帰宅しました

昨晩深夜に帰宅しました。
新刊をお買上げの方ありがとうございました。
既にご存知かと思いますが、サークル参加した3日目は過去最高の参加者数で、一般待機列解除が13時頃と非常に遅れたこと、東館は頒布物が湿気るほどの高湿度で体調不良となり、今後はいろいろ遅れると思います。
頒布物ですが、「今時の海外製HF QRPトランシーバを俯瞰する」については14時ごろに完売しました。
「豪雨でポケベルが鳴らなくて、鳴らしてみた」については西日本豪雨の被害に対する内容であるので、読んでいただけた方には比較的お買上げ頂けたのですが、いまいち響かなかったようで、大幅に残部が出ました。
次回以降に紙媒体での残部頒布をするかどうかは未定です。
また、ハムフェアにつきましても現在行けるかどうか体調面で不明ですので、会場での手渡しは現状では確約できません。
(過去に複数回会場で体調不良になったことがあります)
なお、通信販売等手渡し以外での手段では送料等間接費用がかかるため頒布予定はありません。
悪しからず。

C95の参加申し込みは致しました。
受かれば大みそかに配置になると思います。
また、来年は既に開催スケジュールが公開されていますが、夏冬共にオリンピックの害悪で4日開催となっています。
C96に関しては3,4日に配置にならなければ申込できませんのであらかじめ予告しておきます。
また、C97は初日のサークル参加は困難であろうと思われます。
ご存知と思いますが、コミックマーケットは毎日違うサークルが頒布しています。
ハムフェアとの大きな違いはここで、遠地でも当日1日だけの拘束で済み、申し込み、頒布物作成、スペース構築、頒布、会計、片付けまですべて自分でコントロールできる参加形態は地方在住者にとってまだ現実的で、ありがたいのです。
ハムフェアは2日開催と高額な出展料がネックであり、首都圏の支援者が複数人いないとクラブ参加は不可能です。
当然よほどの富裕者か、船頭多くてとなってしまい、営利(単価の高いものの物販)を目的とした出展計画にしないと合いません。
それは私の主義に反します。
なお、コミックマーケットは抽選ですので、落選するとすべてがパアです。
オリンピックの害悪により今後は実質スペース数が低下していきますので、申込=出展可能とは行きません。

今回は配置の関係上隣のサークルへお手伝いを頼むのが困難で(最終的には不調のためお願いしましたが)お手伝い無しでの1人参加になってしまいました。
今年の夏は格別暑かった事情はありますが、体力的には少なくとも夏はサークル参加が困難かなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

コミックマーケット94 日曜日東2 W47a「まあべる本舗」にお越し下さい

C942C943
いよいよ明後日になりました。
新刊2冊を用意して東京ビッグサイトでお待ちしています。
「今時の海外製HF QRPトランシーバを俯瞰する」B5 10ページ 300円
「豪雨でポケベルが鳴らなくて、鳴らしてみた」B5 14ページ 300円
西日本豪雨で近所に被害があり、参加が危ぶまれましたが、今のところ何とか行けそうです。
後者の本は1ページまるまる西日本豪雨の被害について書いてありますので、技術的な内容に興味の無い方にも読んでいただけると思います。
展示品は、前者で紹介しているmcHFクローンをC93に続いて展示予定です。
ファームウエアを最終安定バージョンの2.8ベースにし、今年6月公開のEclips Photonにてビルドしています。
起動時のさおりんは4096色ドットバイドットに高画質化してあり、より萌えると思います。
もちろんフェイクでは無い本物のガルパングッズ2アマと一陸技の従免を持って行きます。
アマチュアバンド対応ページャも、現物を展示予定です。
その他次回冬に備えてあるものも展示予定です。
是非ともお越しの上、新刊は必ず買っていただけるようお願いいたします。
いつも通り再印刷は考えておりません。
後日Amazon Kindleにて頒布予定です。

申し訳ありませんが、コミックマーケットはトレードの場ですので、サークルスペースでの売り子との長時間(おおむね1分)以上の会話はご遠慮いただけるようお願いいたします。
決してオフ会の会場ではありません!
特に会場内で身動きの取れなくなる開始から正午までは厳禁です。
店番を買って出てくれるなど特別な事情がある場合はサークル側に呼び込みますので、そうすれば頒布中以外の時間は制限しませんが。
(お金が絡むので、リアルで全く面識のない方には頼みません)
また、頒布物を数ページ読むのは全然かまわないのですが、最後まで全部立ち読みをして買わずに帰るのはマナー違反です。
俗に薄い本と言われるものなので現地で全部読むことは出来てしまいますが、その後買わずに帰られてしまうとただの万引きです。
ましてや内容についてその場で文句を言うのは卑怯です。
数ページ読んでつまらなかったらそっと返してもらえばそれで良いです。
どうしても文句が言いたい場合は後日評論本を作って次回以降のコミケで頒布してもらえれば内容はともかく行動については評価します。
こちらも参加申し込みに参加費支払い、新刊作成、頒布、さらには数万円の交通費や宿泊費まで全部負担しているのですから。
もちろん、面白いと思ったら買って下さい。
遠地よりの参加ですので、首尾良く完売した場合はすぐに撤収しますので悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

MMDVM:ページャへ短文を自動投稿できるか

P5

ここにDAPNETのアカウント設定をして、

P4

こんなコマンドを実行すると、

P6

あれ~来ちゃいましたね。

P7

こんなシェルスプリクトを作って動かすと、

P8

Pi-Starの動いているラズパイ等のCPU温度がページャに届きます。
あとはcronで定期的に動かすと監視できますね。
ページャの実機で受信失敗してもDAPNETのWebで見れるので、意味はあります。
DAPNETのWikiにはcurlを使う方法が載っていましたが、うまく行かなかったのとPi-Starから送信したかったのでまあまあ成功でしょう。
同じ温度だとクリップのアイコン(重複メッセージ)が出てメッセージが増えないので、途中にdateの結果を入れると文章が長くなりますが良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »