« 2018年2月11日 - 2018年2月17日 | トップページ | 2018年2月25日 - 2018年3月3日 »

2018年2月18日 - 2018年2月24日

2018年2月24日 (土)

ubitx KD8CEC版Firiware V1.03登場

P8

Githubで公開されています。
BFO周波数の調整が50Hzから5Hz単位に細かくなったのと、私が指摘したCW送信周波数表示がBFO分シフトしているのを少しエレガントに修正して取り込まれています。
Clone or Downloadでzipファイルを入手して展開、Arduino IDEで*.inoがあるフォルダの適当なファイルを選んで、検証・コンパイルでエラーが出ないことを確認後にマイコンボードに書き込むをすれば動きます。
今後はWSPRの自動送信を考えているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

DVmegaの保証認定通過

P4


先日ちらっと書きましたが、世界標準のデジタル音声ネットワーク、リフレクタに繋がるDVmegaを入手しました。
関西ハムシンポで現物を見て欲しくなり、多方面の方より支援を頂いて入手して、即JARDへ保証認定を依頼しました。
10日ぐらいで何も指摘無くJARDの保証認定が通過しました。
詳しくはここにあるので、この通り行えば4アマでも大丈夫でしょう。
但し、「別の局」である必要があるので、ご注意を。
私は私が代表の社団局で免許申請を行いました。
10mWしか出ないので、もちろん移動する局です。

P5

諸元にしらっと業務の世界ではスタンダードなDMRも入れたので、免許がおりたらDMRの送信も出来ます。
いずれはDMR対応中華ハンディを入手して個人局で申請してみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

BlueDVはガラケー(ガラホだけど)でも動く

P6
P7

富士通の不人気機種?F-05GでBlueDVが動きました。
中身はAndroid4.4なんですけどね。
無線LANはだめですが、Bluetoothが使えるので事前にペアリングさせておくと、あとは横画面でカーソルキーの動きが難しい以外の面倒な点は無いです。
非常時に便利そうですね。

P8

ちなみにEchoLinkも動きますよ。
これは前から有名な話ですね。

apkを何らかの手段で入手してBluetoothやUSB、SDカード経由でF-05Gへ持ってきてファイルを開くだけです。
一番楽なのはBluetoothで送ってもらうと受信が終わったらすぐに開くことが出来ます。
このあたりはぐぐるといろいろ出て来ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

ubitx CW送信周波数を液晶表示に合わせる改造

ubitxでCWはどのファームウエアもサイドトーン分ずれて表示されます。
自作機らしくて良いのですが、せっかくソフトウェアで処理しているのでクイックハックしました。

P7

ubitx.uiのモード表示をしている部分にサイドトーン分プラス(USB)/マイナス(LSB)しているだけです。
SSBの時はそのままです。
CATやRITは全く考えていないので、クラスタで見えたから自動でQSYというような使い方はこの方法では出来ないと思います。
元々SSBフィルタだけなので800Hzずれても充分聞こえてしまうのですが、送信周波数が液晶表示にぴったり合うのはメリットでしょう。
100Hzのシフトは入れないとずれていました。
基準クロックの誤差だと思います。
周波数カウンタとFT-2000のCWチューンで合わせたので間違いは無いと思います。
ローバンドではパワーが出すぎですが、SG代わりに...という使い方はあるかもしれません。
無料のArduino IDEで簡単にソフト改造できるubitxは素晴らしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月11日 - 2018年2月17日 | トップページ | 2018年2月25日 - 2018年3月3日 »