« 在阪局をワイドFMで受信する | トップページ | Arduino IDEでM5Stack Fire用アプリを作ってみる »

2019年4月22日 (月)

M5Stackを入手する

P4_4

技術書典6でそこらじゅうでデモしていたので入手しました。
どうせなので性能の良いFireです。
Aliexpressで1週間程度...4/16に開催ですよ!
シンガポールからの発送ですが、到着がすごく早いです。
せっかくなのでI2C接続のキーボードも一緒に買いました。

P5_3

USB-Cのケーブルを繋いで電源を入れたらかわいい顔でお迎えです。
チュートリアルです。

P6_1
P7_1

電源投入直後にボタンを押すとWi-Fi設定画面に飛ぶので一度スマホに接続後に自宅のインターネット環境に繋ぎましょう。
基本的にアプリはクラウドからの指示で動きます。

P8

M5Flowというpythonベースの開発ツールがついています。
ブロックを繋げてスクリプトを書きます。
教育用には良いと思います。
クラウドとの接続が良く切れて、スピーカーの音を鳴らす時間をものすごく短くしたときなど
よく制御不能になり電源ボタンを押す羽目に陥ります。
Pythonに切り替えればコマンドベースでの記述も出来ます。

GWはこれで遊べるかな?!

|

« 在阪局をワイドFMで受信する | トップページ | Arduino IDEでM5Stack Fire用アプリを作ってみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 在阪局をワイドFMで受信する | トップページ | Arduino IDEでM5Stack Fire用アプリを作ってみる »