« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月25日 (土)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V2.8.4) #hamradio

P5_11

アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V2.8.3) #hamradio

P4_16

アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

姫路ミーティング

今日行われましたが、昼からしか行けなかったので内容については省略させて頂きます。

写真も載せられそうな内容はありません。

私はM5Stack、ESP32-CAMの話をしました。

他に宗教団体や政治団体が会場を借りていました。

次回は7/13(土)姫路市灘市民センター2階の会議室とのことです。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

VirtualBoxでWindows Meを起動してPRCGS画像を閲覧する

Virtualbox_winme_16_05_2019_20_02_09

Windows3.0用に開発されたLOOKWを起動させるためにVirtualBoxに昔のWindows Meをインストールしてみました。

ご存知の通りWindows9xのインターネット機能は、今どきのSHTTP環境に非対応なので大部分のWebが見えず、ネットを頼ってのソフトやデータの受け渡しは著しく困難です。

CD-ROMはホストOSで認識できていればATAPI CD-ROMとして動くので使えますが、いちいちCD-RWに焼くのは大変ですね。

USBメモリ経由はWindows98以降(おそらく)でOHCIの設定にしておけば認識できます。

Windows98でやれば良かったかなとも思いますが、Windows MeはだめっこWindowsでネタということで。

メモリ割り当ては512MB以下、CPUは2.2GHz以下ではないとWindows Me自体が起動できないです。

LOOKWはかなり古いソフトですが、表示は15bitカラーで出来ています。

1992/9/10のタイムスタンプになっていますが、Windows3.1すら発売されているか怪しい当時、この品位で見れた人はほとんどいなかったと思います。

IBM版Windows3.0も持っていますが、多色表示できるデバイスドライバが入手困難なので新しめ?のWindows Meで実験しました。

念のため書いておきますが、Win16アプリは今どきの64bit Windowsでは起動できないので、仮想マシン上で古いOSを起動させています。

足りないデバイスドライバが入っているGuestAddition CDはWindows2000以降のNTカーネル用で、Win9xでは使えません。

ビデオはVBEMPをインストールするとSVGA 15bit以上の発色が出来ます。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V2.8.2) #hamradio

P4_15

アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。
オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

神戸でFCC試験

P4_14

無事終了しました。

国際色豊かでした。

結果はExtraが複数出ました。

次回は7月3連休の翌週、夏休みに入ってから開催の関ハム会場の予定です。

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

ESP32-CAMを小さいケースにいれてあずにゃんを撮影する

  P8_1

松本無線パーツでテイシンのTB-71を買ってきました。

税別140円でした。

秋葉原や日本橋の電子パーツ屋だともっと安いと思います。

P7_4

サイズは充分余裕があります。

両面テープで止めました。

P6_6

表面に白いシールを貼りました。

黒いままだと写りが暗くなります。

一応放熱とフラッシュ用に穴を空けていますが、フラッシュが長時間点灯しているとかなり熱くなるので照明は別手段で考えた方が良いです。

P4_13

こんな感じで撮影用スタジオを仮に作ってみました。

出来ればドールハウス用等売っているので、そういうものを使う方が良いと思います。

P5_10

なかなかいい感じです。

固定フォーカスのようなのでくっきりはっきりは難しいです。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

ESP32-CAMをOrange Pi ZEROのケースに入れる

P4_12 P5_9

P6_5

一応完成したのでケースに入れました。

Orange Pi ZEROが入っていたケースです。

防水も何も無いですが、LEDフラッシュ含めて動いています。

ビニール袋にでも入れたら少しは防水になるかな?!

| | コメント (0)

ESP32-CAMのフラッシュLEDをPWMで調光する

P7_3 P6_4

PWMで調光は無事出来ました。

点灯しっぱなしでは真っ白ですが、PWM制御すると基板が見える程度の明るさ迄落ちます。

要はカメラで使っているチャンネルとぶつかっていたようです。

PWMをch15に割り当てたら無事動きました。

P5_8

フラッシュLEDの設定はカメラ初期化のほぼ最後に入れました。

上のスケッチ改造通りだと8/256=1/32だけ発光しています。

Lbrightの値を上げると明るくなります。

デューティ50%の128でもかなり明るいです。

当然ですが、ちらつきはほとんど感じないです。

void loopは最初のdelay(10000)だけに戻しました。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

Wi-Fiでカメラ画像がWebブラウザに飛ばせるESP32-CAM内蔵フラッシュを点灯させてみた

P4_8

Wi-FiでWebブラウザにカメラ画像が飛ばせるESP32-CAMを入手しました。

eBayやAliexpressで送料込み900円程度です。

160×120pixelから1600×1200pixelまで9段階の解像度が選べます。

また、画像にエフェクトがいろいろ掛けれるので面白いです。

ソフトはArduinoで開発できますが、まずはスケッチ例ESP32→Camera→CaneraWebServerを動かすことに挑戦した方が良いと思います。

ここに詳しく載っています。

せっかくなので写真左下の黄色い部分、内蔵白色LEDフラッシュの点滅をさせてみたいと思います。

P6_3

点灯でも良いのですが非常に眩しいので減灯させたいのと、つきっぱなしでは発熱がものすごいです。

 

ソースの改造個所は一番末尾のloop()です。

ここを参考にしました。

P5_7

見れば分かる通り教科書通りのLチカですね。

GPIO4を制御します。

本当はもっと周波数を上げてちらつきをなくしたいのですが、実際値を詰めてみると本業のカメラ画像を内蔵Webサーバで公開する処理が間に合わず映らなくなります。

まあちらつく方が防犯灯としては意味がありますね。

赤丸はPWMでもっと周波数を上げてちらつき無しで減灯させたかったのですが、どうもタイマ割り込みを使ってPWMをソフトで実現しているらしくカメラが映らなくなりました。

ソフトでは一度JPEGファイルを作っているようなので、ESP32内蔵フラッシュメモリに書きこむ時間がかかるのでしょう。

単純にLEDライトにしたい方はコメントを外して、末尾のloop()をDelay(10000)だけに戻して実験してみても良いと思います。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

台湾旅行記13を作成しました

写真が140枚位になりました。

高雄の電気街やメイド喫茶の行き方、台南観光、国立成功大学での出来事など。

左のまあべる本舗から。

| | コメント (0)

台南国立成功大学雪綴月2019のコスプレイヤーさん

3/3-5に高雄台南へ行ってきました。

台南は初めてです。

台南駅前の国立成功大学で偶然同人イベントをやっているのを知って一般参加しました。

皆さん輝いていましたよ。

もし自分の写真があれば電子メールにてトリミング前をさしあげます。

マウスで自分の写真の上に合わせて表示されるC01等の番号を教えて下さい。

C11 C12 C13 C15 C16 C14 C17 C18 C19 C20 C21 C22 C24 C23 C25 C02 C01 C03 C06 C05 C04 C08 C09 C10

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

M5StackとWin32版を新規に開発してメモリアルページ「幻の画像フォーマットPRCGSを復活させる」を公開しました

Prcgs005

CQ誌1992年12月号に掲載され、対応機種の多い画像フォーマットPRCGS復活計画が無事実りました。

当時アマチュアパケット通信のFWD-NETで流通していた20年以上前の画像ファイルも公開することにしました。

こちらからどうぞ。

ちなみに対応機種はFM-TOWNS、X68000、PC88VA専用、PC-8801、PC-9801、MSX2、Windows3.0、MZ-2500です。

これらに今回Win32(Windows10 32/64bit)と5cm角のかわいいM5Stack用を開発して加えました。

Windows版はデータ作成も可能です。

M5Stack版はSD-Updater対応でメニューからの起動や左ボタンを押しながら電源ONでメニュー復帰もサポートしました。

100MBと大容量ですがソースファイルも公開しています。

無償のVisual Studio 2009 CommunityやArduinoで開発しました。

本文はアマチュア無線の歴史やPRCGSフォーマット、独自仕様圧縮アルゴリズムの解説があります。

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

Window32版PRCGS Toolsの開発をしてみた

P5_6

P6_2 P7_2

P4_7

令和元年になってしまいました。
平成初期に熱中したあのころを遺そうと思い、二時代掛けて Win32アプリとして復活させました。
画像フォーマットPRCGSは可逆圧縮なので画質の損失が起きず、現在の機材を使うとここまで密度の高い画像が見えるのかと驚愕しています。
M5Stackの液晶が結構見れますね。
閲覧アプリはVisualBasicで、PRCGSエンコードはVC++のコマンドラインで実現しました。
近日中に懐かしのWebページにてw頒布できればと思っています。
GWの暇つぶしと、Windowsアプリ開発のいい勉強になりました。
誰か雇って下さい。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »