« Wi-Fiでカメラ画像がWebブラウザに飛ばせるESP32-CAM内蔵フラッシュを点灯させてみた | トップページ | ESP32-CAMをOrange Pi ZEROのケースに入れる »

2019年5月 9日 (木)

ESP32-CAMのフラッシュLEDをPWMで調光する

P7_3 P6_4

PWMで調光は無事出来ました。

点灯しっぱなしでは真っ白ですが、PWM制御すると基板が見える程度の明るさ迄落ちます。

要はカメラで使っているチャンネルとぶつかっていたようです。

PWMをch15に割り当てたら無事動きました。

P5_8

フラッシュLEDの設定はカメラ初期化のほぼ最後に入れました。

上のスケッチ改造通りだと8/256=1/32だけ発光しています。

Lbrightの値を上げると明るくなります。

デューティ50%の128でもかなり明るいです。

当然ですが、ちらつきはほとんど感じないです。

void loopは最初のdelay(10000)だけに戻しました。

|

« Wi-Fiでカメラ画像がWebブラウザに飛ばせるESP32-CAM内蔵フラッシュを点灯させてみた | トップページ | ESP32-CAMをOrange Pi ZEROのケースに入れる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wi-Fiでカメラ画像がWebブラウザに飛ばせるESP32-CAM内蔵フラッシュを点灯させてみた | トップページ | ESP32-CAMをOrange Pi ZEROのケースに入れる »