« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月23日 (月)

NYAWANT2の製作

GAWANTもどき2号機です。

P4_20190923131001

右が初号機、左が2号機です。

ロッドアンテナが若干長くなって、90度右から伸びています。

P5_20190923131301

ロッドアンテナが外れます。

秋葉原の千石電商B1で350円で売っています。

回路はGAWANTとほぼ同じです。

ロッドアンテナがオリジナルより若干短いので、2次側を1ターン増やしました。

トロイダルコアのT-50-2も同じ場所で売っています。

P6_20190923131601 

今流行のnanoVNAでスミスチャートを出してみました。

中心の50Ωに近いところを通りますね。

ただ、不安定です。

屋外で使うものなので、ここでSWRうんぬんは言わないことにします。

9-32MHz程度まで大丈夫そうです。

P7_20190923131901

SWR計QPM-01とほぼ同じ高さです。

とはいえトップヘビーなので、少しでも重心が狂うと倒れます。

下にカウンターウェイトを入れるか、足が必要ですね。

P8_20190923132101

VN-2002もほぼ同じ高さです。

これは見た目的には短いNYAWANTで使う方がいいかも。

P9_20190923132401

NYAWANT2はmcHFクローンで使うために作りました。

倒れない工夫をしたら非常用通信設備としていい感じです。

SWR計内蔵なので面倒がありませんし。

P10_20190923132601

ダイソーで売っている工具入れに綺麗に収まります。

エレメントが外れるのを使って、ここにロングワイヤを繋ぐとより実用的だと思います。

ネジは4mmナットで締まります。

ただ、それだと一体型アンテナの意味が無くなるので、最初からアンテナチューナーを作った方が良い気もします。

また考えましょう。

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

50MHz1/4λホイップの製作

P4_20190916175401

去年(2018年)のハムフェアで150cmのロッドアンテナを買ったので、BNC-Pコネクタと一緒にプラケースに収めることにしました。P5_20190916175701

穴あけ位置のシールを作って上下に貼って作業しました。

P6_20190916175901

何もひねりも無く中心コンタクトとロッドアンテナを繋げただけです。

P7_20190916180201

はい出来上がり。

確かロッドアンテナは2本買った記憶があるのですが、1本だけしか出てこなかったのでこうなります。

ロッドアンテナ側は4Φのネジで締まりました。

虎の子の1本ですが、1段すっぽぬけました。

ロックする板が1枚外れていました。

まあ元がジャンクなので仕方ないかな。

P8_20190916180601

今流行のnanoVNAで測定です。

SWRは1.8-1.9程度、インピーダンス80-90Ωに160pF程度と表示されています。

まあこんなものでしょうか。

SWR的にはこのまま使っても大丈夫ですが、教科書的には36Ωだと習った気がするので、大きく食い違いますね。

フルサイズなのでスパン10MHzでの測定でもSWRは安定しています。

3:2程度のトランスを入れるともうちょっとましになるのかな。

現在BNCコネクタのGNDは全くの未接続ですし、測定系が正しいかも未検証です。

またの機会に追求しましょう。

このケース(タカチSW-50 35x25x50)はぎりぎりバリコンが入るので、GAWANTもどきにするのも良いのかも知れません。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »