« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

ircddbgatewayのホスト名が変わったようです

P4_20210228113401

rr.openquad.netから書き換わっていました。

P5_20210228113401

全く違う場所にあるようです。

RTT的にはやや遠い?!

気になる方は/etc/ircddbgatewayを書き換えておきましょう。

v6とかもあるのかな?!とnslookupしたらIPv6空間だけに存在するようです。

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

ねた:ラズパイ用64bit OSでDVSwitch Serverを動かす

普通に考えてDVSwitch Server等のストリーミング系処理は64bit処理の方が有利なので、arm64(amd64では無いよ)実験してみました。

ラズパイ3B+を使いました。

まずRaspberry Pi OS 64bit版βから。

結論はOSとしての完成度は最終版までアップデートしたら有利そうですが、DVSwitchのインストールが途中で失敗しました。

もっともデスクトップ版しかまだ公開されていないので、ハードウェアリソースを考えるとちょっと試す以上のことは出来ないと思います。

ちなみにソースからビルドするxlxdは全く問題無くリフレクタ構築出来ました。

次にubuntu Server 64bit版です。

こちらはOSインストール中にkernel Panicが連発して大変でした。

電源を5V3Aのものに交換して電圧不足にならないようにして、さっさとapt update/upgradeして最新版にしたら安定しました。

一度安定したらDVSwitchのインストールもスムーズで、あっけなく動作しました。

ソフトウェアボコーダもいい感じです。

IPアドレス固定はこちらを参考にしました。

P4_20210213182601

ラズパイは余剰設備があって遊ぶには良いですが高いので、動いてナンボであればCore2DuoやAtomでも良いのでamd64対応CPUの中古ノートパソコンの方がベターでしょう。

メモリも2GB程度は普通に入っているでしょうし。

何よりmicroSDカードは書込可能回数が少ないのでラズパイは不向きです。

armbianのような対策済OSであればまだ良いのですが、ラズパイ用は存在しませんし。

あと、上の通り64bit OSはCPUがばんばん回るような構造をしているので温度が高めになります。

夏場はご注意を。

| | コメント (0)

2021年2月 7日 (日)

備忘録:Pi-Star4.1.4から不要なパッケージを削除して動作を軽くする

ここに方法が書いてあります。

ラズパイZERO等シングルコアの機種だと体感速度がかなり上がります。

シェルに入って、

sudo -s

rpi-rw
systemctl disable smbd nmbd
apt remove -y unattended-upgrades

apt autoremove

です。
最後は私が付け加えました。

もしかしたら副作用があるかもしれません...。

sambaやPythonが消えるようです。

| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

備忘録:DMRGatewayでBrandMeister/TGIF/DMRXLXに同時接続する(Pi-Star 4.1.4版)

以前書いた方法は設定を修正するとTGIF部分が破壊される場合(DMR+の設定に上書きされる)があるので、改善です。

こちらを参考にしました。

原典ではDMRGatewayをビルドして入れ替えとなっていますが、現行のPi-Star 4.1.4はビルドは不要になっています。

肝はDMR Network 1-3まで(BrandMeister,DMR+,HBLINK)はそのままで、4以降に追加すると破壊されないようです。

既に1-3までをExpert Modeで書き換えた方は元に戻す必要があります。

特にLocalとTGRewiteは他セクションと値がぶつからないように気を付けて下さい。

追加内容は以下です。

[DMR Network 4]
Enabled=1
Name=TGIF_Network
Id=XXXXXXXYY
Address=tgif.network
Password=passw0rd
Port=62031
Local=62034
TGRewrite=2,500001,2,1,99999
Location=0
Debug=0

これでTG:5+TG番号5桁でTGIFへ繋がります。

原典ではネットワーク4なのでTGrewriteで4+にしていましたね。

これは好きに決めていただければと思いますが無線機側のメモリの設定もあるので現状に合わせた方が良いでしょう。

原典では5にTGIF Primeを入れたり6にMNetを入れたりとしていましたのでそのあたりも必要であれば。

当然ですが接続先リフレクタが増えると切り替えに時間が掛かったり、そもそもKeepAliveで無通信時にもインターネットへパケットが出るので不要な設定は止めた方が良いでしょう。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »