« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月11日 (木)

OrangePI ZERO LTSでPi-Star 4.1.4

P4_20210311200601

OrangePI ZEROやNano Pi NEO,Odroid XU4用のPi-Star 4.1.4βイメージが出ています。

3.4系までサポートでしたが、ようやく今時の4.1系で動かせますね。

Orange Pi ZEROはLTS無し(1.4)を持っていましたが手放していてご無沙汰でした。

長期サポートが約束されているLTS(1.5)に興味があったので調達しました。

Aliexpressで送料込みで1900円程度です。

4コアでラズパイZEROよりは性能が上です。

ラズパイ2程度と思えば良いと思います。

残念ながら64bitが未サポートなのでラズパイ3以降よりは将来性が低いですが、それでも32bit CPUですからね。

P5_20210311201201

とりあえず動作確認です。

GPIOがラズパイやNano Pi NEOと上下が逆ですが、この手のMMDVM_HS_HATにはLANコネクタが干渉しないので望ましいです。

放熱板は付属しないですが、付けた状態で触るとかなり熱いです。

どうにかして入手して付けましょう。

有線LANでは問題無く動きましたが、電源の緑のLEDはともかく赤のLEDは全く点灯しないので起動したのかどうか分かりにくいです。

wpa_supplicant.confを作れば無線LANも動くと思いますが未確認です。

動作速度はラズパイZEROより明らかに速いですよ。

P6_20210311201701

動作確認出来たので本来の目的の場所へ安装しました。

LANコネクタがいい具合に収まるのでナイスです。

連続稼働にはmicroUSBよりGPIOから5V電源供給するといいと思います。

P7_20210311202101

ちゃんとsunxiベースのマイコンとして認識してます。

CPU温度が1/10みたいなのがおちゃめですが、まあいいでしょう。

なおGPIOが40ピンではないので、モデム基板のファームアップはリセットできないので一工夫必要だと思います。

OpenGD77ホットスポットモード+USB接続で使うなど自分で何とか出来るマニア向けと思った方が良いです。

そもそもGPIOはハンダ付けが必要ですしね。

 

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

The DVSwitch Analog_Reflector and DVSwitch HTML Client(hUC) 0.8が公開

WebブラウザからDVSwitch Serverに繋ぐのと、アナログ系のリフレクタに繋ぐ機能拡張が公開されました。

ここです。

DVSwitch Serverが動いているサーバ上で手順に従ってインストールすればとりあえず起動します。

Analog_Reflector.jsonの変更は、DVSwitch Serverのポート番号に合わせます。

IPアドレスは同じサーバならループバックの127.0.0.1で良いです。

そのままだとサービス起動していないので、説明にある手動起動がうまく行ったら

# systemctl enable analog_reflector

でOS起動時に自動起動するようにした方が良いでしょう。

WebクライアントのURLはhttps://で始めて下さい。

ブラウザによっては警告表示が出ますが構わず開けば良いです。

P1_20210302215301

最初にコールサインを聞いてきます。

レピータIDは自分のDMR ID+任意の数字2桁です。

サブスクライバーIDは自分のDMR IDです。

このままだと送受できないのでユーザ登録します。

./Analog_Reflector user JE4SMQ サブスクライバーID レピータID password 8

で登録できます。

8はSYSOPです。

Audioが×になっていると音が出ないので、クリックして外しましょう。

ちなみに白い四角には話者の写真をQRZ.comから持ってきて表示します。

サンダーバードみたいですね。

P2_20210302215901

SSLの証明書がダウンロードできます。

これをクライアントのWebブラウザにインストールしておくと接続時に警告が出なくなるようです。

スタンバイピーやローバスフィルタ、ゲイン調整ができます。

P3_20210302220101

ここは重要で、TransmitやTuneにチェックを入れないと送信やリフレクタ切り替えができません。

Kickボタンは押さなくても即有効になるようです。

とりあえずParrotはつながって自分の音声は帰ってきました。

P4_20210302220501

アナログ系のAllStar対応なのが面白そうです。

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »